●人を動かす三原則

  1. 盗人にも五分の理を認める(相手を批判非難せず苦情も言わない)
  2. 重要感を持たせる(率直で誠実な評価を与える)
  3. 人の立場に身を置く(強い欲求を起こさせる)

 

●人に好かれる六原則

  1. 誠実な関心を寄せる(誠実な関心を寄せる)
  2. 笑顔を忘れない(笑顔は想像以上に強力なコミュニケーションツール)
  3. 名前を覚える(名前を覚えてくれるとうれしい)
  4. 聞き手にまわる(人は自分が話をしている方が気分がいい)
  5. 関心のありかを見抜く(自分の興味に共感されるとうれしい)
  6. 心からほめる(相手を心からの称賛は相手の自己重要感を満たす)

 

●人を説得する十二原則

  1. 議論を避ける(議論は自尊心を傷つけるだけ)
  2. 誤りを指摘しない(相手の意見を肯定することで建設的になる)
  3. 誤りを認める(自分の誤りを認めると相手も寛容になれる)
  4. 穏やかに話す(自分の意見を断定しても相手に響かない)
  5.  “イエス”と答えられる問題を選ぶ(相手の心情を肯定的にできる)
  6. しゃべらせる(人は自分の言葉しか信じない)
  7. 思いつかせる(相手が自分で気づくようにこちらの意図を伝える)
  8. 人の身になる(相手の立場だったらどうだろうかと考える)
  9. 同情を寄せる(相手と敵対心をほどくことができる)
  10. 美しい心情に呼びかける(相手は品行方正な人として接する)
  11. 演出を考える(事実だけでは相手には響かない)
  12. 対抗意識を刺激する(周りと比較してみることで成果はあがる)

 

●人を変える九原則

  1. まずほめる(褒めてから注意する)
  2. 遠まわしに注意を与える(直接的には角が立つ)
  3. 自分の過ちを話す(自分の失敗を織り交ぜてはなす)
  4. 命令をしない(命令口調で言っても届かない)
  5. 顔をつぶさない(間違っていてもまずは受けとめてから)
  6. わずかなことでもほめる(些細な事実でもほめられるとうれしい)
  7. 期待をかける(相手を信頼し期待して静かに励ます)
  8. 激励する(人への激励はその人の力になる)
  9. 喜んで協力させる(マネジメントの本質)

 

●幸福な家庭を作る七原則

  1.  口やかましく言わない(夫婦生活の基本)
  2. 長所を認める(相手の長所を認めること)
  3. あら探しをしない(相手の短所を見つけても何の意味もない)
  4. ほめる(小さなことでもほめる習慣をもつ)
  5. ささやかな心尽くしを怠らない(相手の心遣い忘れてはならない)
  6. 礼儀を守る(親しき仲こそ礼儀あり)
  7. 正しい性の知識を持つ(互いに性に向き合い円満につながる)