photo:unsplash_carolyn-v

毎日ウォーキングをするぞとか、今度こそはダイエットを成功させるぞとか。生活の習慣を変えてもっと充実した日々を送りたいとか、将来のあるべき自分の姿に向けてチャレンジするんだとかとか。あれほど意気込みはじめるまではよかったものの、結局薬局の三日坊主で終わってしまう。習慣をみにつけようにもそれができない理由とはなにか?習慣を定着させる方法はあるのか?あなたもきっと習慣化を実現できる方法とコツがあるようです。

そのコツと方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

なぜ三日坊主で続かないのか!?

何をやっても続かない、結局いつも三日坊主で終わってしまう。「継続は力なり」なんてことわざもありますが、続かない自分の意志の弱さを恨んでしまう。でも、続かないのは意志弱さではないんです。

やり方間違っているのです。

 

“がんばりやさん”は失敗する

今度こそはダイエットを成功するぞと根性と気合十分に、なにがなんでも目標達成するぞと始めた習慣。実は、この根性気合問題なのです。たいていは続かないし失敗するのです。

そんな”がんばりやさん“なぜ失敗してしまうのか!?

 

それは根性と気合がストレスになってしまうということ。やらなくちゃとか頑張らないとと使命感が先に立って、苦しくてつまらなくなるだから続かなくなるという流れ。根性と気合を出し続けることが、そもそも人間にはムリがあるのです。

(@_@。

 

人間の脳は変化が大嫌い

“がんばりやさん”が三日坊主に陥りやすい理由、根性と気合だけでは習慣が続かない理由はなぜでしょう?実は、その原因は人間の脳の構造と、その働き(性格)にあるというのです。つまり、三日坊主の原因は人の脳のはたらき原因なのであります。

人の脳は3層構造。

 

真ん中から「爬虫類脳」「哺乳類脳」「人間脳」。まるで、ロールケーキのようです。ここで面白いのが「人間脳」が「変わりたい!」と熱望しても、「哺乳類脳」と「爬虫類脳」が徹底的に抵抗するというのです。

変化が絶対ダメ、変化することが大嫌い。

 

なのでもう「人間脳」が「変わりたい!」と決意しても、メチャクチャ抵抗をするのです。その抵抗ぶりは半端ではなく、「変わりたい」と思いが大きいほど「抵抗」も大きくなる。

徹底的に抵抗しちゃう。

 

ダイエットをはじめたのに「ガマンは良くない・・・」、「どうせ続かないからやめとけ・・・」と「哺乳類脳」と「爬虫類脳」がささやく。意志の弱さではなく脳の働きがブレーキをかけちゃう、なんとも驚きモモノキであります。さて、この脳のブレーキを解除する方法があるのでしょうか?

三日坊主を卒業できる方法がここに隠されているようであります。(・。・)

タマタマ

人の脳は”変化”が大嫌いなんて知らなかったニャ~!


はこ君はこ君

その抵抗は相当らしいというわけゾ、はてどうすればいいのじゃろうか!?

習慣づくりの方法とコツ

新しい習慣を決意した「人間脳」を、変化を嫌う「哺乳類脳」と「爬虫類脳」が徹底的に抵抗しちゃう。これが三日坊主になる原因であるならば、いかにして対策を講じるかということになります。実は、新しい習慣やチャレンジをするときは、「哺乳類脳」と「爬虫類脳」に内緒で始めればいいのです!(^<^)

内緒に、そっとはじめる!

 

小さな努力からはじめる

「哺乳類脳」と「爬虫類脳」に内緒で始めればいい。(笑)言い方を変えれると「哺乳類脳」と「爬虫類脳」に気づかれないうちに始めればいいのです!つまり、脳に気づかれないように小さな努力からはじめてみるということです。

たとえば健康づくりのために毎日ウォーキングをするとします。

 

もちろん本人は決意してはじめたわけですから、最初からうんとがんばりますよね。ところがこの”がんばり”が「哺乳類脳」と「爬虫類脳」に気づかれてしまい、冗談じゃないよ新しいことをはじめて変化しようとするなんてと大ブレーキがかかるというわけです。

悪魔のささやき。

 

「今日は雨が降っているからやめときなさい・・」、「疲れて帰ってるんだから明日にしておきなよ・・・」、「まだ眠いのにがんばって起きて歩くとお仕事に影響しちゃうよ・・・」、「どうせ続かないんだからムリしない方がいいんだよ・・・」…。なんて具合に人間脳に”やめなさい“とささやきかける。

まるでちょっとした悪魔のようですね。( 一一)

 

これにまんまと人間脳が引きずられて、結局薬局の三日坊主で終わってしまうということになるのであります。だからこそ、脳に気づかれないように小さな努力からはじめるというわけです。

 

例えば、

  • 毎日5分のウォーキングからはじめてみる。
  • 資格試験の勉強を毎日10分テキストを読むことからはじめる。
  • いつもより少しだけ早く休んでいつもより10分だけ早く起きて朝型習慣に変えてみる。

などなど・・・。

 

たったの5分なら苦にならないし続けられる上に、哺乳類脳と爬虫類のにも気づかれずに邪魔されないというわけです。この小さな努力を続けることで、
ちょっとずつステップアップを加える。5分のウォーキングを8分⇒10分と、小さな努力を継続しながら長くしていくというわけです。こうして小さくウォーキングを始めることで、脳がそれは変化ではないと勘違いをして邪魔をしなくなるということ。

小さな努力なら継続もしやすく、やがてそれが普通になる。

 

普通がつまり習慣になれば”一石二鳥”であります。習慣になれば”頑張ろう”なんて思うこともなく、あたり前だのクラッカーのようにムリなく続けられる。習慣があたり前になって、
確実に自分を変えることができるというわけであります。

 

小さな達成感の積み重ね

小さくはじめた新しい習慣が、脳にばれることなく続けていくとそれは習慣になります。健康づくりにはじめたウォーキングが三日坊主にならずに、ムリなく続けられると小さな達成感も味わうようになります。

毎日の小さな達成感を積み重ねることが、
習慣づくりを強化するコツのひとつにつながるというわけです。

 

今日もウォーキングができたなら、カレンダーに花マークの印をつけるとか。昨日まではスクワットを5回していたけど、今日は8回やってみてムリなくできた!資格のテキストを今日も10分間読んで学べた!これら小さな達成感を感じると、毎回自分をほめてみる

自分をほめるからさらに達成感を感じて、その習慣をやることが喜びとなり続けられるのです。

 

脳科学では自分を褒めて達成感を感じると、ドーパミンが分泌されると解説されています。

脳はドーパミンぐが分泌された時、
どんな行動をとったか克明に記録し、
ことあるごとにその快感を再現しようとします。。

 

茂木氏によると「脳はこうしてうまくできるとまたやりたいと感じるです」と解説してます。

このドーパミンぐが悪い方に流れてしまうと、依存症なんてことになるんですね。どもがゲームを操作して達成感を感じると、またやってみたくなるというもの。ゲーム依存症やアルコール依存症なんて悪い習慣では困りますが、達成感の快感から再現しようとすることから良い習慣になるようにしたいもの。

大切なのはドーパミンによるよい影響のサイクルが回るかどうかです。

 

小さな達成感⇒褒める⇒ドーパミンが分泌⇒翌日もやってみる⇒小さな達成感⇒褒める⇒ドーパミンの分泌⇒サイクルになる。こうして脳の中に「毎日やる」という思考回路が定着して出来上がる。つまりは、これが習慣化した状態になるというわけです。

 

 


おススメ情報(広告)

管理人みずからリタライフの愛好家であり取扱店として、この商品(水素風呂)をご紹介します。医療や美容業界で話題の水素水を、自宅のお風呂で簡単に楽しめます。水素は地球上で一番小さな分子、
どんなところもスイスイと通り抜けます。この水素をお風呂で発生させて体内にカンタンに取り組むことができ、老化と病気の諸悪の根源である「活性酸素」をと結びついて無害な水に。

ぜひ、お試しあれ。

〈活性酸素が関係する代表的な病気〉

ガン、糖尿病、肺炎、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、慢性関節リュウマチ、白内障、アトピー性皮膚炎、クローン病、アルツハイマー痴ほう症、歯周病、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎臓炎、放射性障害、パーキング病、老化など

参考元:社団法人水素医療研究所


 

 

習慣化の3つのコツ

おおむね新しい習慣を三ヶ月ほど続けると習慣になるようです。小さくはじめて達成感を感じながら、
継続していくことでムリなく三日坊主になることなく習慣を手に入れることができる。さらに、確実習慣化になるよう3つのコツもご紹介します。

 

1.毎日続けることを目標に記録をつける

まず一つ目のコツは結果を目標にせず、毎日続けることを目標にするということ。体重が1キロやせたとか筋肉がついたといった結果を目標にしないということです。カレンダーやシステム手帳のマンスリーログページで、継続ができたらシールを張ったり二重丸の印をつけたりして継続を実感する。カレンダーなど目で見て確認するとより達成感も感じますし、できた印をつけることもうれしくなってまたやる気にもなります。

意外と単純にできているのかもしれませんね。(笑)

 

でも、ムリなく達成感を感じながら楽しく取り組めるのであれば、習慣化できたメリットを考えればこれほどありがたいことはありません。こうして三日坊主を卒業することができるからです。

 

2.少しずつレベルアップする

二つ目のコツはこれまた少しずつレベルアップをするということ。まちがっても最初からハイペースでやって、
人の脳にある「哺乳類脳」と「爬虫類脳」の抵抗にあわないことはもちろん。同じことの繰り返しですと飽きてしまうということもあります。

 

ウォーキングなら最初は10分、少し慣れたら15分、そして20分30分と時間のレベルを上げていく。または30分歩けるようになったところで、少し早歩きで同じ時間で距離を延してみるといった感じ。少しずつレベルを上げることで新たな達成感と喜びを味わい、さらに継続する意欲が習慣化につながるというわけであります。

 

3.習慣を連結する

習慣を連結するというコツは今まで普通にやっている習慣と、新たに取り入れようとする習慣を連結・連動してみるということです。”お風呂の習慣” + ”ストレッチ” の組み合わせ。”仕事を終え帰して服を着替えたら” + ”トレーニングウェアに着替えてウォーキング”とか。”少し早起きして出勤の支度も早めに済ませて” + ”資格取得の勉強を15分”など。

いつもの習慣に新しい習慣をセットにするという方法です。

タマタマ

お風呂にゆっくりと入りながら読書なんてのができたらいいのだニヤ~!

こうすることで今日はいつやろうかなとか、いつやろうかなと迷っている間にやり忘れてしまうなんてことはなくなります。やらなくちゃという使命感もなく、普段の習慣の延長線上に新しい習慣があるので余分なことを考える必要はなくなります。忘れることも戸惑うこともなく、普段の生活の中で習慣が新たな形で継続できるというわけであります。

こうしていい習慣を手に入れるといろいろなメリット生まれます。

 

当然、人生が変わってくるでしょうし自身がついてくる。自身がつくとまた新たなチャレンジにも意欲がわき、運勢までも変わるはずです。

 



 

私の感想

ウォーキングを習慣にしてみようと思い立ち、ウォーキングシューズやウェアも購入して準備万端。ところが実際に歩いてみると予定の30分から1時間がとても長く感じて、
いきなりの最初から挫折をする事態に。せめて20分毎日歩かなきゃと思った時、ひらめきが起きたのです。

そうだ20分歩かなきゃと思うからいけないんだと。

 

自宅から10分歩けばいいんだ。10分くらいなら歩ける。10分経ったらUターン。そうすれば往復20分!これなら毎日苦になくできる。

こうしてウォーキングの10分歩いて帰るという、幼稚なウォーキング習慣ははじまったのでした。この考え方はほかの習慣継続にも大いに役立ち、今回ご紹介の小さくはじめて小さい達成感の積み重ねというのがよく理解するのであります。

 

今回のまとめ

誰しも経験があるのではないでしょうか!?三日坊主。その原因は”がんばりすぎ”でした。人間の脳には普段とは違う”変化”をメチャクチャ嫌うようにできている。”がんばりすぎる”と脳に気づかれてしまい、徹底的な脳の反撃にあってあえなく三日坊主になるという仕組みでありました。

そこで三日坊主を卒業し、新しい習慣を継続する方法を取り入れようと。

 

その方法とは2つ、

  1. 小さな努力からはじめる
  2. 小さな達成感の積み重ねをする

 

さらに習慣化する3つのコツがありました。

  1. 毎日続けることを目標に記録をつける
  2. 少しずつレベルアップする
  3. 習慣を連結する

 

小さくはじめて記録をつけて、続けることを目標に。抵抗する脳に気づかれぬように気をつけながら、
少しずつレベルアップをして小さな達成感を積み重ねる。なにげない普段の習慣に新たにチャレンジする習慣を組み合わせることで、今日はいつやろうかなと迷わず自然に習慣が継続されるというコツもありました。

新たな習慣を手に入れることで、自信がつき変化を感じられまた新たな意欲もわくとそのメリットは大きい。運勢までも変わりますとご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

トレンドニュースランキング

スポンサードリンク