こんにちは、釈和です。

テレビは「4K」だの「8K」だのと、
映像の品質が格段に向上すると最近よく耳にします。

オリンピックを目の前にして、
新しいそれらのテレビを購入してみようかとワクワクします。

そして今、2020年の実用を目の前にして話題となっていますのが、
次世代通信の「5G」であります。

ところで、いったい「5G」とは何か?

今回は、次世代移動通信5G」についてとりあげてみました。

スポンサードリンク

 

そもそも5Gとは!?

携帯電話が登場したのは画期的でありました。

出先や移動中でも電話ができるようになったので、
ポケベルなんて懐かしい時代を生きてきた私のような者にとってはそれはそれは驚きでした。

そのうちにデータ通信が加わって、
インターネットを閲覧できるようになり携帯からメールも送れるようにと利便性はどんどん向上。

今ではスマホで動画も当たり前、
スマホで決済の時代にもなりました。

この劇的な流れは今後さらに加速していく予定、
その次世代通信(5G)がまもなく(2020年~)とワクワクしてきます。

携帯通信の歴史

具体的に携帯通信の歴史をネットで調べてみますと、
おおよそ10年代ごとに世代交代を経てきているようです。

そもそものお話しですが、5Gの“G”の意味からしてよくわかりません。

実は、この「G」は「Generation」の略、
世代」という意味となります。

その歴史は次のとおり。(ネット記事参照一部引用)

  • 1G(1980年代アナログ携帯電話)・・・日本初の携帯電話はショルダーフォン、通話機能のみで通信料はとても高かった。
  • 2G(1990年代デジタル化)・・・ネット通信やメールの接続が可能となり通信料も下がって一般家庭にも広まった。
  • 3G(2000年代高速データ通信)・・・データ通信高速化が進み、動画やPCサイトの閲覧がスムーズに閲覧できるようになった。
  • 4G(2010年代スマートフォン用通信)・・・現在のスマートフォンの爆発的な広がり。
  • 5G(2020年~代5世代通信)・・・高速大容量で多接続のうえに低遅延で省電力が可能となる。

たしか3Gから4Gになりますとドコモ、ソフトバンク、KDDI系列のauに、
Y!mobileなんていくつかの回線がそろい踏みとなりました。

今後は2020年東京オリンピックをめどに、
総務省では5Gの通信インフラ整備を進めていくとあります。

通信事業者だけでなく端末メーカーはもちろん、
様々な分野で様々な通信のインフラ整備加速していくようであります。

タマタマ

あったあった”ポケベル”、超懐かしいニャー!

 

なぜ5G!?

今使っているスマホなどで閲覧している動画などの画質もっときめ細かくしたり、
ダウンロードをもっと速くできるようにしたりと速度を早くするというのはわかります。

より使い勝手をよくしてさらに便利にということですね。

そのためには通信速度高める必要があるから次世代通信というのだと。

ところが、今回の「5G」はそんな程度でとどまらない。

なんと家電や車などのIOT(モノもインターネット)でつないじゃおうとしている。

あれもこれも一度につなごうと無謀ともいえることをやっちゃおうとしているので、
通信機器の数も膨大に増える

素人考えではそれはよかったなんて呑気なことを言っている場合ではなく、
いろいろなモノがつながるというとリアルタイムでつながる必要も出てくる。

なのでネットワークの新しい性能が根本的に求められる。

そこで4Gを超えた5Gへのネットワークを進化させる必要があるというわけです。

 

通信速度を乗り物でたとえると

まずどのくらい通信速度が違っているのか

速度に着目するとこんなラインナップになるそうです。

  • 1G・・・自転車
  • 2G・・・ミニバイク
  • 3G・・・自動車
  • 4G・・・レーシングカー
  • 5G・・・飛行機

なるほど、4Gでもレーシングカーなみとなると、
5Gの飛行機ともなればどれほど速くなるのか速く体験したいものです。

 

道路でたとえると

スマホを快適に使えるようにと通信回線の高速化は、
たとえるならば高速道路の車線を増やすようなものだと。

車線を増やして余裕のある道路環境が整備できれば、
走るクルマの量も増えるしスピードもアップも確保できると当然なります。

ところで「5G」になると、
単に車線を増やすだけではは足りない。

なので、新しい高速道路を建設しなくてはならず、
さらに複雑なルートも増やす必要があると。

実際は使われていない周波数帯域を活用するようで、
道路自体をふやしては交通量を分散させるなどして高速・大容量通信を実現するのだと。

マイカーだけではなく大型トラックもときに登坂車線などスムーズに走行できなくてはなりませんし、
救急車などの緊急車両がより高速で速やかに通行できるように工夫もしなくてはならない。

口で言うのはカンタンですが、
なかなかどうして大変な技術のようです。

さらにさらに今までとは比べものにならないほど膨大な情報量になるので、
システム異常や機器の故障があって道路が通行止めとなるとエライことになっちゃう。

社会のインフラですから事故が起こってでは遅すぎる。

そうならないように事前の対応も求められているというからなかなかどうしてであります。


5Gで何が変わるの!?

それでは、「5G」で何が変わるのか?

いろいろなモノがつながるとはどういうことか?

具体的にあげていきたいと思います。

 

スマート家電にスマートハウス

すでに話題となっているのが「スマート家電」。

テレビや照明、空調家電などの家電製品を操作することが可能になる。

今はというと端末自体が直接ネットワークにつながっているわけではなく、
Wi-Fiなどの機器を経由して使っている。

これが直接さまざまな電化製品と直接つながるようになるというから、
驚き桃ノ木であります。

でも、まだピントこない。

たとえば、朝目覚める時間には最適な温度になるよう空調機器が動きだし、
目覚ましが鳴るとこれまた自動的にカーテンがオープン。

お湯が沸かされて炊き立てのご飯が準備完了
冷蔵庫の中もチェックしてレシピを表示してくれたり食材を発注してくれるとか・・・。

テレビは好きな芸能人を観のがなさいようセレクトしてくれたり、
スポーツのテレビ観戦は無数のカメラからの目線を切り替えて楽しむことができる。

審判の目線選手の目線での映像とか、
自分で好きな目線を切り替えることができるとこちらも楽しみ

もちろん、多くの端末を同時に接続してストレスなく使えるようになるので、
例えばスタジアムなどでのスポーツ観戦時など多くの人が集まる場でも遅延が発生することがないと。

これは災害の時にも恩恵を得られるようで大変ありがたいことであります。

むかし、映画で観た近未来のテクノロジー生活が、
こうしてもうすぐに実現できるとワクワクドキドキであります。。

タマタマ

なんだか便利すぎてアナログが懐かしくなっちゃいしないかニャー!

はこ君はこ君

いやいや”漏電”の疑いがあるとか家電のメンテナンスが必要とか、教えてくれると助かるよ!

 

完全無人の自動運転車で移動が実現

GPSを使ったカーナビにも驚かされましたが、
5Gになると人間が操作しなくとも自動車本体のセンサーによって行われるというのでにわかに信じられません。

位置情報渋滞情報工事の状況など周りの様子をビッグデータとして統合して、
ネットワークを構築して安全な自動運転が実現!

通信タイムラグがないからこそ実現する技術であって、
わずかなエラーでも乗っている人の命を守ると安全も高まる。

最近、問題になっているあおり運転なんてのもなくなりますね!

建設分野では建設機器を遠隔で操作するなども可能となり、
危険のともなう自然災害の復旧作業なども活躍が期待されるとありました。

しかも操作する側の人間がどこにいても遠隔操作ができる点もスゴイこと。

こうした技術が完全なる自動運転を現実として安全な移動が実現となると。

世の中ホントに変わってしまいますね。

タマタマ

建設現場の遠隔操作はすでに行われていますよね。


はこ君はこ君

とんでもない遠隔操作が可能になるんでしょう!

どこでも高度な医療が受けられる

遠隔操作で建設機械を操作するのと同じように、
遠隔操作で手術用ロボットを使って遠隔手術もできるようになる。

優秀なお医者さんまで出向くことなく、
たとえ離島に住んでいても大きな大学病院の高度な医療を受けられるということ。

ホントウに科学技術の恩恵に感謝しきれません。( ..)φメモメモ

もうこうなると、スマホを片手に遠隔で受診もでき、
血圧から脈拍などスマホで情報をキャッチしてデータを送信。

遠隔のお医者さんはAIのお医者さま
些細なデータの変化から病気を的確に診断

高度な知識と技術をどこでも”今”提供できる、
提供されるという安心はまさにのようであります。_(._.)_

これだけを取っても科学技術恩恵感謝しきれず、
技術革新の研究者やその分野の専門家の皆さまにただただ御礼申し上げる次第であります

 

子どもの靴にセンサー!?

子どもの靴にあるセンサーと組み合わせて、
どこにいるのか何をしているのかも確認できる。

場合によっては近くの監視ビデオでその動画もゲット!

こうなるといいのか悪いのかよくわからなくなりますが、
お父さんの今、お母さんの今、子どもの今なんて様子が常に手元のスマホで動画確認なんてこともありだとか。

う~ん、これはちょっと困る・・・。( ゚Д゚)

こうなればお年寄りのサポートもいろいろと可能性が浮かびます。

遠方の高齢のご両親遠隔で常にその行動や状態だってチェック
もちろん、今よりもよりリアルタイムで一度にいくつもの情報を。

様子が変わったり状況がだといち早く確認できる点も心の支えとなるのか?

不審者を映し出す防犯ビデオを手元でチェックしたり、
かかってくる電話のリストをチェックしたりと。

いずれにしてもお互い様子を把握できるとできないとは大違い、
子育て介護の分野でも家族の安心に多いに期待できるというわけであります。(・。・)

 

働き方も変わる!?

遅延なく大量のデータをやり取りできるのですから、
地方にいながら都心の企業で働くこともできるかも?

リアルタイムのライブチャット会話はもちろん、
それぞれのデスクの様子も確認が可能。

遠方の取引先との営業もわざわざ頻繁に足を運ぶこともなく
場合によってはこちらも遠隔操作で仕事を片付けることも考えられる。

学校の授業だって職場の研修だって、
どこにいても良質な内容を受けられる。

近所の回転ずしは入口の受付に「ペッパー君」が活躍しておりますが、
お昼の評判店に長時間並ぶことなくスマホで待ち時間の状況をリアルタイムで自動知らせてくれたり。

考えだしたらキリがない。

農業の分野でも「スマート農業」なるものが叫ばれていて、
これらも5Gでより身近でより生産性も高まりカラダの負担も軽減できる。

人手不足解消にも役立ちそうであります。

タマタマ

もうムリ!あまりにも変化が大きすぎて・・・。

ガクガク

たしかに、この技術革新に想像すら追いつかない・・・!





 

データ駆動型社会の到来

もう少し計画の全体像が分かる情報がないかと探しておりますと、
経済産業省
の関係資料に目が留まりました。

IOT、AI、ロボットに関する経済産業省の施策についてと題するPDF資料。

これを参考にポイントを引用しながらご紹介します。

 

今起こっていること

その資料には、”今”起こっていることが急速に進展中の3つのポイントをあげていました。

それは、

  1. データ量の増加・・・世界のデータ量は2年ごとに倍増
  2. 処理性能の向上・・・ハードウェアの性能は指数関数的に進化
  3. AIの非連続的進化・・・ディプラーニング等によりAI技術が非連続的に発展

なるほど、変化進化がまさに日進月歩というわけであります。

さらに、今起こっているのはIOT、AI、ロボットとこれらをぜんぶつなげちゃおうという試み。

急速な技術確認で、大量のデータの取得、分析、実行の循環サイクルが可能になるというのです。

(循環サイクル)

  1. センサーや機械、ロボットによるデータの取得
  2. データのやり取り・通信
  3. ビックデータ化
  4. 人口知能等を用いて分析
  5. ロボット等を通じた実環境でのアクション

さすがに国の機関ともなりますと、
全体像を上手にプレゼンされているようです。

5Gが単なる通信速度の大幅アップ、
膨大なデータ量のやり取りでスマホがもっと快適に使えるなんて程度のことだけではないこと。

それらが循環することでの恩恵。

なるほど・ザ・ワールド。

ガクガク

大容量のデータ通信の話だけではないんですね。実現できたら、確かにスゴイ!

はこ君はこ君

もう実現するんだよ、スゴイよね!

あらゆる分野で壁がくずれる

ビッグデータ解析やAIの進化により判断の高度化や自律制御が、
産業の垣根を超えて進展ともありました。

具体的な内容のリストアップがありましたのでご紹介します。

(現実世界での制御とサービス)

  • 生産性低下のないテーラーメイド(注文仕立て)品
  • サプライチェーン連携による在庫ゼロ
  • 交通事故、渋滞の低減等(自動走行で)
  • 移動機関を自由時間に変える新たなモビリティ(移動性)の実現
  • 安価で安定的なエネルギーの供給
  • 新サービス創出による電力小売市場活性化
  • 予約医療充実による健康寿命の延伸
  • 個人特性を考慮したテーラーメイド医療
  • 運営効率化による新規サービス提供
  • インフラ関の連携による災害対策基盤の強化

経済産業省の資料には製造プロセスやモビリティ関係に、
スマートハウス分野に医療・健康そしてインフラ整備とそれらの垣根をなくして大きく貢献するとあります。

 

ものすごい規制改革が必要

知れば知るほどのごとし。

これらがホントに現実のモノとなるのかと思うと、
いまだに信じられないことばかりであります。

こうなると当然世の中の法律規制なども、
変えたり新たにもうけたりしなければなりません。

クルマの自動走行しかりドローンの利用もしかり。

電波医療に及びさまざまな法整備必要性

国会も国の機関ももう必死です。

同時に民間を交えてさまざまなアイディアがプロジェクトとして生まれているようです。

(プロジェクト名)

  • 指紋による訪日観光客の個人認証
  • 介護負担軽減を実現する排斥検知シートLifi
  • 点滴栽培の水と液肥を最適制御できる農業システム
  • 圧力センサーにより身体状態を見える化するスマートチェア
  • (中略)
  • 健康データを活用した個別医療サービスの実現
  • 長距離マイクロ波無線送電システムの実用実証

などなど・・・。

こちらも画期的なお話しばかりです。

はこ君はこ君

この資料は2015年トあるね。こうしてアイディアがどんどん現実になっているのが”今”なんですね。





私の感想

5Gが生み出す社会の変化2020年東京オリンピックに向けて運用が開始されると、
現在もスゴイ勢いで進められていることをまざまざと知る機会となりました。

これから社会が今まで経験したことのないスピード大変革をもたらす。

そんなのような時代に生きていることの喜びも実感するわけであります。

多少実現に至るまで時間のかかるものがあるでしょうが、
10年代で携帯通信の環境が大きく進歩してきた歴史も理解すると、
もう後10年もかからずに次の世代のさらに新たな技術の登場ということもあるはず。

こうなると長生きしないといけないとマジ思うわけです。

どれほど便利安心快適生活が待っているのでしょうかワクワクドキドキは増すばかり。

それにしても経済産業省の資料にありました、
データ量の増加、処理性能の指数関数的な進化、AI技術が非連続的に発展とか、
これらがますます加速するわけですからついていけるかどうかなにやら不安も湧き出ます。

まぁ、そんな心配こそ技術カバーしてくれるんでしょうけど・・・。(・。・)

タマタマ

長生きして勉強しましょう、未来のこと学びましょう!

はこ君はこ君

チコちゃんではないけど、「ボーっ」としてられないかもね。(笑い)





今回のまとめ

そもそも、この「G」は「Generation」の略、
世代」という意味となります。

その歴史は次のとおり。(ネット参照)

  • 1G(1980年代アナログ携帯電話)・・・日本初の携帯電話はショルダーフォン、通話機能のみで通信料もとても高かった。
  • 2G(1990年代デジタル化)・・・ネット通信やメールの接続が可能となり通信料も下がって一般家庭にも広まった。
  • 3G(2000年代高速データ通信)・・・データ通信高速化が進み、動画やPCサイトの閲覧がスムーズに閲覧できるようになった。
  • 4G(2010年代スマートフォン用通信)・・・現在のスマートフォンの爆発的な広がり。
  • 5G(2020年~代5世代通信)・・・高速大容量で多接続のうえに低遅延で省電力が可能となる。

まずどのくらい通信速度が違っているのか?

速度に着目するとこんなラインナップになる。

  • 1G・・・自転車
  • 2G・・・ミニバイク
  • 3G・・・自動車
  • 4G・・・レーシングカー
  • 5G・・・飛行機

道路でたとえると!?

ところで「5G」になると、
単に車線を増やすだけではは足りない。

なので、新しい高速道路を建設しなくてはならず、
さらに複雑なルートも増やす必要があると。

5Gで何が変わる!?

  • スマート家電にスマートハウス
  • 完全無人の自動運転車で移動が実現
  • どこでも高度な医療が受けられる
  • 子どもの靴にもセンサー
  • 働き方も変わる!?

今起こっていること

  • データ量の増加・・・世界のデータ量は2年ごとに倍増
  • 処理性能の向上・・・ハードウェアの性能は指数関数的に進化
  • AIの非連続的進化・・・ディプラーニング等によりAI技術が非連続的に発展

変化や進化がまさに日進月歩というわけであります。

循環サイクル

  1. センサーや機械、ロボットによるデータの取得
  2. データのやり取り・通信
  3. ビックデータ化
  4. 人口知能等を用いて分析
  5. ロボット等を通じた実環境でのアクション

あらゆる分野で壁がくずれる

(現実世界での制御とサービス)

  • 生産性低下のないテーラーメイド(注文仕立て)品
  • サプライチェーン連携による在庫ゼロ
  • 交通事故、渋滞の低減等(自動走行で)
  • 移動機関を自由時間に変える新たなモビリティ(移動性)の実現
  • 安価で安定的なエネルギーの供給
  • 新サービス創出による電力小売市場活性化
  • 予約医療充実による健康寿命の延伸
  • 個人特性を考慮したテーラーメイド医療
  • 運営効率化による新規サービス提供
  • インフラ関の連携による災害対策基盤の強化

ものすごい規制改革が必要

官民一体のプロジェクトアイディア

  • 指紋による訪日観光客の個人認証
  • 介護負担軽減を実現する排斥検知シートLifi
  • 点滴栽培の水と液肥を最適制御できる農業システム
  • 圧力センサーにより身体状態を見える化するスマートチェア
  • (中略)
  • 健康データを活用した個別医療サービスの実現
  • 長距離マイクロ波無線送電システムの実用実証

知らぬまに日本も5Gの世界へと大変革の真っ最中であること。

その変化の大きさと凄さに正直まだ理解できない。

人類の歴史上もっとも激しい変革のひとつになることは間違いないようです。

私たちはその生き証人でもあるわけですね。

今回は、最近話題の「5G」について取り上げてみました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク