コロナ禍の政策で突然浮上しましたのが、自宅などでお仕事をする「テレワーク」。職場から離れた場所での仕事になります。満員電車や職場の三蜜、人との接触を避けてコロナ対策を講じようというもの。そのあおりを受けたのが今話題の"ハンコ"。会社の書類に上司の印鑑がなくてはならず、そのためにわざわざ出社しなければならないという非効率な問題。このテレワークを蝕む「ハンコ文化」「ハンコの習慣」を政府の太鼓判で消し去ろうというもの。とはいえ、日本人にとって身近なハンコ。実は、けっこう奥深いのです。そこで今回は、印鑑についてとりまとめてお伝えしたいと思います。