エクセルでクロス集計を行う「ピボットテーブル」機能は、データを分析するにおいてとても有効な集計方法です。クロス集計は手作業で計算し入力するのはとても大変。ミスをしてしまう可能性もあります。エクセルのピボットテーブル機能を使えば、羅列されたデータから意味のあるクロス集計表を簡単な操作で迅速かつ確実に作成することができます。エクセルの「ピボットテーブル」の操作方法をご紹介します。

 

エクセルのピボットテーブルとは

クロス集計とは列見出しと行見出しの2つの項目に関するデータの集計法のことを言います。羅列したデータから実際にピポットテーブルで作成したクロス集計表の例を、ここでは担当者別の商品種別の売上を例にご紹介します。

羅列したデータを用意する

集計前のデータを用意します。ここでは、日付、担当、商品種別、商品、単価、数量、売上合計、贈答種類の売上られた各項目が売上日順に記録されています。

これらピボットテーブルに使用するデータは注意が必要です。

まず、セルに空欄のないようにする必要があります。また、セル内に単位が入力されていたり、スペースなど余計な文字が入力されていると、エクセルはこれらを文字として認識してしまい、合計などを求めたりすることができなくなるので注意が必要です。

エクセルのピボットテーブル機能で作成のクロス集計表

エクセルの「ピボットテーブル」機能を使えば、マウスの操作だけで下図のようなクロス集計を容易に集計することができます。作業効率はとてもよく、操作は簡単で正確です。

ピボットテーブルを利用すると、記録された羅列データから、意味のある分析結果を得られることができます。

ピボットテーブルの基本的な使い方

実際にピボットテーブルを実行してみましょう。

分析したい表の中にカーソルを移動する

ピボットテーブル機能を使うためには、カーソルが表の中にあることが原則です。

  • エクセルでは、今どのセルを選択しているか「カーソル」で確認します。
  • 下図では「E6」セルにカーソルが選択されています。
  • ピボットテーブル機能を使う際には、必ずこの「カーソル」が表の内側の任意の場所に移動しておく必要があります。

ピボットテーブルの作成ダイアログボックスを確認する

上記の用意、準備が整ったらピボットテーブルを利用してみましょう。

  1. リボン(メニューバー)の「挿入」タブをクリック。
  2. 「ピボットテーブル」をクリック。
  3. 「ピボットテーブル」ダイアログボックスが表示されます。
  4. 「分析するデータを選択してください」の「テーブル/範囲」(自動)を確認する。
  5. 「ピポットテーブルを配置する場所を選択してください」で、配置する場所を指定します。
  6. 「OK」ボタンを押します。

 

表示されるサイドバーで集計表を作成する

画面右側に表示されるサイドバーで集計を作成します。

  1. 「ピポットテーブルのフィールド」が表示されます。
  2. 集計表の行の項目(ここでは商品種別)を「行」フィールドへドラッグします。
  3. 「売上合計」の項目を「値」フィールドへドラッグします。

 

  1. ピポットテーブルのフィールドの「商品種別」が作成された表の行に作成されました。
  2. ピポットテーブルのフィールドの「値」が作成された表の値に作成されました。

クロス集計を作成する

行と列に各項目を設定してクロス集計を行いましょう。

  1. ピポットテーブルのフィールドの「担当」を「行」へドラッグします。
  2. ピポットテーブルのフィールドの「商品種別」を「列」へドラッグします。
  3. ピポットテーブルのフィールドの「売上合計」を「値」へドラッグします。

 


■厳選農家直送!・旬のフルーツ毎月お届け「食べチョクフルーツセレクト」の新規申し込み

■自宅で簡単!・貼るだけ簡単歯のホワイトニングテープ初回限定特別価格1箱500円(税込)

■レノボジャパンの公式ショッピングサイト・デスクPCやノートパソコン購入をオンラインで。最新モデルや周辺機器、お買い得商品に関する情報も満載です。 ※リンク先はThinkPad X1 Carbon)

私の感想

ピボットテーブルで作成されたクロス集計表の見た目を整えたいときには、表全体をコピーして、別のシートに貼り付けて通常の表と同じように書式を設定します。

クロス集計はデータ分析を行う上で必須のテクニックになります。単に売上合計の数値を見るだけでは見えない状況を把握することができるので、ビジネスパーソンにとっては必要のスキルです。

ピボットテーブルのクロス集計はマウスのドラッグだけで作成できるので、とても大きなデータでも一瞬でクロス集計表をまとめることができるので、とても便利で役立ちます。

 

クロス集計でデータ分析の価値が高まります。

 

(marusblog関連記事)

エクセルのデータ入力規則で日本語入力の全角や半角英数字の切り替えを自動にする方法-marusblog

エクセル印刷範囲を修正して正しく印刷する方法-marusblog

エクセルSUBTOTAL関数で集計方法によってさまざまな集計をする使い方-marusblog

今回のまとめ

今回は、エクセルの「ピボットテーブル」の基本の操作方法をご紹介です。

エクセルでクロス集計を行う「ピボットテーブル」機能は、データを分析するにおいてとても有効な集計方法。クロス集計は手作業で計算し入力するのはとても大変。エクセルのピボットテーブル機能を使えば、羅列されたデータから意味のあるクロス集計表を簡単な操作で迅速かつ確実に作成することができます。

元になるデータはセルに空欄のないようにする必要があります。また、セル内に単位が入力されていたり、スペースなど余計な文字が入力されていると、エクセルはこれらを文字として認識してしまい、合計などを求めたりすることができなくなるので注意が必要です。

ピボットテーブル機能を使うためには、カーソルが表の中にあることが原則です。

リボン(メニューバー)の「挿入」タブから、「ピボットテーブル」をクリックして「ピボットテーブル」機能を使いクロス集計表を作成していきます。マウスのドラッグだけの簡単操作。とても大きなデータでも瞬時にクロス集計を行える優れた機能です。

 

クロス集計はデータだけでは見えない分析が可能となるだけに、この機会にぜひピボットテーブル機能の操作をマスターしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク