プリントスクリーンは、パソコンの画面をスクリーンショットをとり画面をキャプチャーすることです。キャプチャーした画像は一時的にクリップボードに保存して、WordやExcelに貼り付けたり、ファイルに画像を保存したりすることができます。キーボードの「PrintScreen(PrtScn)キー」を単独、または他のキーと組合わせて行います。今回はWindowsのプリントスクリーンの操作方法をご紹介します。

Windows10 のプリントスクリーンの操作方法

画面全体をスクリーンショットする方法と、アクティブ状態になっているウィンドウをスクリーンショットする方法をご紹介します。

画面全体をスクリーンショットする

●PrintScreen(PrtScn)キーを押す。

  • 現在のPCモニター画面です。
  • PrintScreen(PrtScn)キーを押します。
  • 画面全体のスクリーンショットがクリップボードに保存されます。

 

●PrintScreen(PrtScn)キーはこちらです。

 

●WordやExcelなどのアプリケーションで画像を貼り付けることができます。

  • ここではExcelのシートに貼り付けます。
  • 任意のセルを選択し、キーボードの「Ctrl」キー+「V」キーを押します。
  • スクリーンショットした画面全体の画像が貼り付けられました。

アクティブ状態のウィンドウのみスクリーンショットする

●Alt+PrintScreen(PrtScn)キーを押す。

  • 現在のPCモニター画面です。
  • Alt+PrintScreen(PrtScn)キーを押します。
  • アクティブ状態(開いているアプリ)の部分のみスクリーンショットがクリップボードに保存されます。

 

●Alt+PrintScreen(PrtScn)キーはこちらです。

 

●WordやExcelなどのアプリケーションで画像を貼り付けることができます。

  • ここではExcelシートに貼り付けます。
  • エクセルシートを開きます。
  • 任意のセルを選択し、キーボードの「Ctrl」キー+「V」キーを押します。
  • スクリーンショットしたアクティブ状態部分の画像が貼り付けられました。

プリントスクリーンで直接フォルダに画像データを保存する方法

●Windows+PrintScreen(PrtScn)キーを押す。

  • 現在のPCモニター画面です。
  • Windows+PrintScreen(PrtScn)キーを押します。
  • 画面全体のスクリーンショットが「ピクチャ」フォルダの中の「スクリーンショット」フォルダに保存されます。
  • 自動的に保存され、後で利用するときに便利な機能です。

 

●「ピクチャ」フォルダの「Screenshots」フォルダに画像ファイルが保存されています。

Windosスクリーンショット用アプリの操作方法

スクリーンショット用アプリ「切り取り&スケッチ」を使って任意の範囲を切り取り、他のアプリケーションで「貼り付け」すると画像として利用する方法のご紹介です。

スクリーンショット用アプリ「切り取り&スケッチ」を使う

●Windows+Shift+Sキーを押す。

  • Windows+Shif+Sキーを押すと、表示されている画面が暗くなります。
  • 画面上部中央にある「切り取り&スケッチ」のツールバーが表示されます。
  • 切り取り方法は4種類、左から「四角形の領域切り取り」「フリーフォーム領域切り取り」「ウィンドウの領域切り取り」「全画面表示の領域切り取り」です。
  • ここでは、ツールバー左にある「四角形の領域切り取り」を選択します。

 

●画面上をドラッグし、切り取りたい領域を選択します。

 

●WordやExcelなどのアプリケーションで画像を貼り付けることができます。

  • ここではExcelシートに貼り付けます。
  • エクセルシートを開きます。
  • 任意のセルを選択し、キーボードの「Ctrl」キー+「V」キーを押します。
  • スクリーンショットした部分の画像が貼り付けられました。

私の感想

●Windowsアクセサリーの「Snipping Tool」も便利です。

Windowsには画面キャプチャアプリ、
「Snipping Tool」が標準で搭載されています。

このアプリでキャプチャをとれば、
すぐにキャプチャ画像が表示されます。

「スタート」、「Windowsアクセサリー」で、
「Snipping Tool」をクリックしてアプリが開きます。

検索ボックスやファイル名を指定して開くこともできます。

 

参考サイト:Snipping Toolを使ってスクリーンショットをキャプチャする(Microsoftサポート)

 

 

 

「Snipping Tool」ダイアログのメニュー「新規作成」をクリックして、
切り取る範囲をドラッグします。

切り取った画像はWordやExcelに貼り付けたり、
直接名前を付けて保存することもでき便利です。

 

プリントスクリーンとの使い分けでより利用範囲が広がります。

 

 

(marusblog関連記事)

Windows10エクスプローラーの便利な操作とフォルダーの作り方-marusblog

Windowsのファイルを開かず中身をチェックする方法-marusblog

お気に入りフォントをダウンロードしてWindowsに追加して利用する方法-marusblog

今回のまとめ

●Windowsはプリントスクリーンをしてパソコンの画面をスクリーンショットをとり画面をキャプチャーすることができます。

キャプチャーした画像は一時的にクリップボードに保存してWordやExcelに貼り付けたり、ファイルに画像を保存したりすることができます。

操作は画像全体をスクリーンショットする方法と、アクティブ状態のウィンドウのみスクリーンショットする方法、そしてプリントスクリーンで直接フォルダに画像データを保存する方法を、キーボードの「PrintScreen(PrtScn)キー」を単独、または他のキーと組合わせなど、Windowsのプリントスクリーンの操作方法をご紹介。

また、Windowsスクリーンショット用アプリ「切り取り&スケッチ」を使う操作方法を合わせてご紹介してみました。

Windowsには画面キャプチャアプリ、「Snipping Tool」が標準で搭載されていますので、プリントスクリーンを使い分けてキャプチャーの利用範囲がより広がります。

 

今回はWindowsのプリントスクリーンの操作方法をご紹介でした。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク