こんにちは、小林 丸です。

エンゼルスの大谷翔平選手の二刀流の超大活躍には驚きました。

たった一人の大リーガーが人々を虜にしてしまう技と器量、
ホントにスーパースターであります。

それにしてもご両親はどのように育てられたのか、
もう我が家では遅い話しではありますが伺いたいところであります。

きっと家族の絆が太く、
しっかりと結びついているんでしょうね。

今回はそんな家族との絆、子どもとのつながりをつなぐ、
日ごろのおススメ過ごし方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

目次(ページコンテンツ)

遊ぶなら

子どもと一緒に遊ぶ機会って、
あるようでもチャンスはけっこう少ないものです。

お父さんとお母さんは仕事でなかなか時間の余裕もなく、
たまのお休みにはのんびりしたいというのも正直なところ。

もちろん家族で行楽地へ遊びに行くことだってありますが、
日ごろとなりますとそうそう出かけるわけにもいきません。

そこでちょっとした時間を楽しく、
しかも子どもと絆を築く遊びがあります。

キャッチボールです。

サッカーのパスでもOK。

バトミントンや卓球も。

なぁんだと思われるかもしれませんが、
無意識のうちにつながりを感じるはずです。

もちろん思いっきり褒めてあげます、
ああしろこうしろはぜったいに厳禁です!

子どもにとってみればボールや羽を投げたり受けたりする感触のうれしさと、
親とのそのやり取りにとっても安心感と愛情を感じます。

車でお出かけのときもトランクルームには、
それらボールとかラケットとかいつも積んでおくといいですね。

 

学ぶなら

勉強しなさいと言って勉強する子がいらっしゃったら、
それもちょっと心配になります。(笑)

なかなか親の思う通りにはなりません。

ところが親も一緒に勉強するのです。

30分とかでも。

子どもが小さいうちなら喜んで親の真似をします。

これも遊びのひとつと思い、
一緒に楽しみ勉強した後は褒めてあげる。

これだけでどんどん勉強することが好きになるはずです。

小学生も高学年になると一緒に勉強なんて言っても嫌がります。

終わったらまたゲーム1回やろうかなんて言ったら、
これまた喜んでやるはずです親と一緒ですから。

なのでもっと小さなうちから、
勉強遊びの親と一緒の時間が貴重に思います。

新幹線で行く、休日の旅

 

癒すなら

ズバリお風呂です。

寝るときまで一緒になんて思わなくとも、
どういうわけでしょうか一緒にお風呂に入ることは大事のような気がします。

というのも大きくなってもお父さんが好きだなんて言う女の子は、
小さな時によくお父さんとお風呂に入っていたと耳にしたからです。

そういえば自分なんて仕事で夜遅く、
一緒にお風呂なんてなかったなぁと思うと分かる気がするのです。

これも確たる根拠はありませんが。(笑い)

 

今回のまとめ

子どもと一緒に過ごせる時間はとっても短く、
一緒に生活する時間も限りがあります。

なので小さな頃に過ごす時間がとっても貴重。

その貴重な時間に何をしたらいいのかと考えると、
今回ご紹介のキャッチボールや遊び勉強そしてお風呂をおススメしました。

感と経験の何の根拠もないお話しで恐縮ですが、
その時間はとってもわずかで貴重であることだけは間違いないと思います。

もうじきゴールデンウィーク。

ちょっとした時間にキャッチボールやバトミントン、
遊び勉強もやってみて子どもと一緒にお風呂でゆっくりと。

そうそうお父さんの大事な役割ですね。

そんな家族と子どもとの時間をどうぞ大切に。

今回は家族との絆、子どもとのつながりをつなぐ、
日ごろのおススメ過ごし方をご紹介させて頂きました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク