およそ2500年前のインドでお釈迦様(ブッダ)が説いた仏教の教えには、人間の本質を見事にとらえていると。それは、現代においてもまったく色あせることなく適応できる。生きていく中で生じる悩みや苦しみが、「どこから来るのか?」「なぜそうなるのか?」「楽になる方法があるのか?」。お釈迦様が教えてくださる生きていくための知恵から、その原因と少しでも心が楽になる方法を探ってみました。少しでも悩みや苦しみから解放されるヒントになりましたら、うれしく思います。

スポンサードリンク

 

生きるための知恵

photo:ぱくたそ

お釈迦様はその教えであります仏教の中で、「生きることは苦に満ちている」「生きることが苦しいのは当たり前だともいえる」と説かれています。

「えーそんなぁ、超ネガティブ!」なんて、思わず言ってしまいそう!

 

でも、お釈迦様はその苦しみの存在をありのままに受け止め、どうしたらその悩みや苦しみから解放されてイキイキと生きるかということを説かれてる。

仏教は生きるための知恵を教えてくださっているのです。

 

この世の真理を知ることから-仏教の4つの教え

お釈迦様の教え、つまり仏教の世界観に4つの考え方があります。これが生きていく知恵につながると教えてくださるのです。

一切皆苦(いっさいかいく)、諸行無常(しょぎょうむじょう)、諸法無我(しょほうむが)、涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)です。

 

1.一切皆苦(いっさいかいく)・・人生は思いどおりにならない

仏教の出発点は「一切皆苦(人生は思いどおりにならない)」です。生きるというのは思いどおりにならない”苦”であると。その「苦」には八つあるとされています。

それが、四苦八苦。

 

■生きていく上での八つの苦(四苦八苦)

  1. 死んでいく苦しみ
  2. 病気の苦しみ
  3. 老いの苦しみ
  4. 生きる苦しみ
  5. 心身を思うようにコントロールできない苦しみ(五蘊盛苦/ごうんじょうく)
  6. 愛する人と別れる苦しみ(愛別離苦/あいべつりく)
  7. 嫌いな相手に関する苦しみ(怨憎会苦/おんぞうえく)
  8. 欲しいものが手に入らない苦しみ(求不得苦/ぐふとくく)

 

タマタマ

ほんとだね、どれも自分の思いどおりにならない、心配になるし気になることばかり。


はこ君はこ君

だからこそ苦しみや悩みと受け取ってしまうのじゃな!

2.諸行無常(しょぎょうむじょう)・・すべては移り変わる一定のものなどない

なぜ”一切皆苦”なのかというと、この世のすべては一定でなく常にうつり変わるという真理があるからだと続きます。人は自分の体もお金や物、人間関係だって「変わらない」と思い込み、そうあって欲しいと願い続けます。自分の大切にしているものや関係はずーっと、変わらず自分のものであって欲しいのに、必ず壊れたり離れたりしていってしまう。

「色は無常なり、無常なればすなわち苦なり」。

 

タマタマ

この世はすべてが移り変わるのに執着してたら疲れちゃうよね。


はこ君はこ君

これも、人の心のことじゃ!

3.諸法無我(しょほうむが)・・・すべては繋がりの中で変化している

この世はすべて因果関係で繋がっている、他と関係なしに独立し存在するなどないということ。自分のものもすべてが他との影響を受けたものであって、自然環境と同じように絶妙なバランスで成り立っている。

自分という存在もお互いの関係の中で生かされている存在であるとの認識が必要であると。

 

タマタマ

おかげさまでの謙虚な気持ちをもちたいよね。


はこ君はこ君

因果応報(いんがおうほう)じゃよ!

4.涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)・・・仏になるために仏教が目指す”さとり”

仏教が求めているのは、これら苦のない”さとり”の境地を目指しているのですね。人は、悩みや苦しみは自分以外に原因があると考えてしまい、不満となり怒りを抱き悩み苦しむのです。仏教ではこれらすべて自分が生み出したもの、疑いや誤った見方にプライドや欲望など”煩悩”があるからだというわけです。この煩悩を消し去り安らかな心をもって生きることこそ「涅槃寂静」。

「涅槃寂静」、これこそが”さとり”の境地、仏教の目指すテーマということであります。

 

タマタマ

思いどおりにならない、自分以外にその原因があるって思っちゃうよね。

はこ君はこ君

そうなのじゃな、因果関係はすべては自分と繋がっておるのじゃ。

 





苦しみや悩みはどこから来るのか!?

北海道小樽でのスナップ

お釈迦様はこの世は「一切皆苦」であり、苦は八つの苦しみであると具体化しているとご紹介しました。その”四苦八苦”は、一体どこから来るのか?お釈迦様はこれについても説いています。

苦しみや悩みの原因は”執着”

この世は”一切皆苦”の自分の思いどおりにならない世界であること、”諸行無常”のすべてが移り変わる一定のものなどないという真理を知らず、病気になりたくない死にたくない、歳をとりたくない老けるのはイヤ、好きな人とどうしても結ばれたい、あの人とは仕事をしたくない、欲しいモノが手に入らないと毎日悩み続ける。真理を知らずして人は、何かを求めたりこだわったり止めることなく求め続ける。

勝手に”執着”して”思い込み”、それが苦しみや悩みを抱くことになる。

 

  • 「恋人は私のものだ」
  • 「この財産はすべて私のものだ」
  • 「この功績は私のおかげだ」
  • 「あの人は最低な人だ」

 

この世はすべて自分の思いどおりにならない、常に変化するものだというのに、常に自分の求めるものを追い続け執着してしまう。ある意味、心が反応するその欲深さが結局、苦しみや悩みを生じさせてしまう、自分でジブンを縛ってしまう。

人は自分自身の心の反応(求め続ける心)に、苦しみ悩んでしまうと。

 

タマタマ

神様はわざと世のなかの真理を隠したのかい、神様っていじわるじゃん!


はこ君はこ君

よいか、それを学ぶためにこの世に生まれたのじゃよ。よく知らんけど。(笑)

人の求め続ける悲しさが苦しみに

人はよりよい状態、よりよい関係にしたいと思う生き物です。悪い意味での執着は悩みの原因になるからといって、よりよくしたい、楽をしたい、楽しみたいと求めることを断ち切るわけにはいきません。生存欲、食欲、睡眠欲、性欲、怠惰欲、陥落欲、承認欲・・・。

人には欲求があるからなのです。

 

悲しいことは、人は”求め続ける”という性質を持っているということです。かりに欲求が満たされたとしても、新たな欲求を求めてしまう。つまり常に不満の状態、満たされることのない人生、逆にいえば常に悩みや苦しみから逃れられなくなるということであります。ブッダは、何度も教えてくださっている、「生きることは思いどおりにならないもの」。

「執着を捨てなさい」、執着を捨てることで悩みや苦しみから解放されるのだと。

 

自分の心が悩み苦しみを生んでいる、”執着”は「心の反応」でありました。気がつくと、自分の心に振り回されてしまういちいち反応している自分の心の動きは無駄だということになります。「元恋人が忘れられない・・・」、「あの人の態度が気に入らない・・・」、「もっと高い給与がもらえて当然・・・」などなどあれもこれも。自分の心に振り回され悩み苦しむ自分。

いちいち反応する自分の心が、悩みや苦しみを生んでいる。

 

タマタマ

結局薬局、人の悩みや苦しみは人の心が生んでるってこと!?


はこ君はこ君

そうじゃ、世の真理を知ってそれに反することはやめようとお釈迦様は教えてくださるのじゃよ! よく知らんけどな。(笑)





 

気持ちが楽になる簡単な3つの方法

photo:ぱくたそ

さて、求め続けてしまう自分自身の心に振り回されないようにすることが大切ですとはいえ、負の連鎖をどうしたら止められるのでしょうか? いちいち反応する自分の心を見直すということになります。その為には、見方を変えることが必要。それは、自分を中立の立場で観察するのであります。あくまで中立的な立場で、ただ他人事のように自分の心を観るということ。

自分を中立の立場でありのままに観る必要があるということです。

 

1.心の状態を言葉で確認する

自分をありのままに観るとは自分の心の状態を知ることです。一番カンタンな方法は口にしてみることです。「私は “今” イライラしている」、「私は “今” 焦っている」、「私は “今” ざわざわして落ち着かない」、などなど自分の今の状況をアナウンスしてみる。そうすることで今の自分の心の状況を確認してみると、無意識にいちいち反応してしまう自分の心と一体化してしまうことがなくなるはずです。紙に書いてみる、書き出してみるのもいい。書き出してみると不思議に落ち着いて、冷静に自分の心を感じることができます。

今の自分の心を口にしたり書き出すことで、負の連鎖をいったん断ち切ることができる。

 

2.頭の中を分類整理する

悩みや苦しみから目をそらしてみても、どうしてもすぐに元に戻ってしまうのも人の心の性質です。今の自分の心の状態をせっかく口にしたり書いたりして観察できたのならば、つぎに心の状況を整理してみるといい。それは欲求に対しての不満なのか、怒りなのか単なる妄想なのかといった感じ。

  • 今、仕事がうまく進まずイライラしている⇒欲求
  • 今、あの人のことで腹が立っている⇒怒り
  • 今、なんとなくつまらないやじる⇒妄想

 

心の反応に振り回されながら、それらが蓄積されてオーバーフローじゃぁ困ります。押しつぶされてしまいます。仏教ではこれら欲求、怒り、妄想を、三毒(とん・じん・ち)といいます。心と意識を整理してこそ三毒である煩悩を”断捨離”することができるのです。

「欲求・怒り・妄想」は取り除く必要がある、だから整理することが必要なのです。

 

3.心の外側へ焦点を移す

悩みや苦しみは、自分の心の内側にあります。今の自分の心の状況を観察して整理して棚卸をした後、それらの心の内側から外へ意識を向けて、悩みや苦しみから頭と心を解放してあげるということが必要になるというわけです。

カンタンなやり方としては、空の雲を見るとか野鳥の声に耳を傾けるなんて具合。散歩したり、おいしいもの食べたり?今、自分が呼吸しているそのことに集中してみたり。好きなこと、仕事に集中するななんてのも煩悩から焦点を移すことになりますね。(*´з`)

マインドフルネスというちょっとした瞑想も効果あり、やってみる価値あるようです。

 

マインドフルネスはとってもお手軽な脳とカラダの大掃除

 

心や意識は常に動き考え続けています。休むこともなく気が付くと自分の心にある悩みや苦ばかりに意識が向いてしまい、そこから抜け出すことを忘れてしまう。だからこそ意識的にその視点を外へ向けて、負の連鎖から解放してあげる。こういった整理と解放が悩みや苦しみからの解放に役立つというわけです。

心や意識は常に動き考え続けてヘトヘト、時々休ませてこそ悩みや苦しみから解放されるんです。

 

私の感想

人には求める心、求め続けることが必要なこともあります。「必死に勉強して東大に合格する!」、「オリンピックに出場して金メダルを取る!」、「ビジネスで成功する!」。成功した人や成し遂げた人は皆、”夢を追い続けろ”と言います。一見これって、”欲求”を追い求めるな”というお釈迦様の教えとは、ちょっと逆行しちゃうようにも思えたりするのですが”欲求”と”執着”は違うんですね。(・。・)

目標に向かって追い続けるわくわくした”欲求”と、煩悩が心身にまといつき心をかきみだす”執着”とはまったく違うということなんであります。

 

お釈迦様の教えの仏教を知れば知るほど、人の人生に寄り添うやさしい宗教であるなと改めた関心させられます。人が追い求め執着することなどから苦しみや悩みが生まれる、そうした煩悩を解放してあげることが悩みや苦しみから解放できるというのですから。

いたってシンプルでわかりやすい。

 

ある意味、今 自分の心や意識がめのあたりに抱えている事実を、力を抜いて受け入れてみる。「人生は自分の思いどおりにならないのさ」、「すべては移り変わる一定なモノはない」と、お釈迦様の生きるための知恵を知り、より思いどおりにならない現実を受け入れられる人生でありたいと。

「涅槃寂静」、仏教の目指すテーマであるわけですね。

 

 

今回のまとめ

人の心には性質がある。その性質で悩み苦しみから逃れなくなる。悩み苦しみは執着があるからであり、心の反応とは求め続ける心(煩悩)であり、結果それは振り回される、だから悩み苦しむ、でありました。

これをほっておくと負の連鎖となり、悩み苦しみから逃れられなくなってしまう悲しい現実があります。

 

悲しい現実から逃れる、悩み苦しみから解放されるカンタンな方法は3つありました。1.心の状態を観察する、2.求める心は何かを分類する、3.心の内側から外側へ意識をずらす。

第三者の立場でただただ自分の心を観る、観察することを”正見”してみるということでした。

 

仏教では、この世の中は”一切皆苦(思いどおりにならない)”ものであり、”諸行無常(一定のものはこの世にない)”であると説いています。”正見”できずに思い込みや欲求を求め続けることは、結局、無駄であるということ。

2500年前のお釈迦様の教えはこの世と人の心の本質を見事に捉え、現代にも色あせることなく適応できるのであります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク