こんにちは、管理人の小林 丸です。

最近、あおり運転が問題視されてますが、
前のクルマがあんまりノロノロ走行してますと少々イラついてしまいます。

そんな時は、あのドライバーさんは警察官なんだと自分に言い聞かせ、
イライラ解消につとめたりしてます。

ところで、クルマの運転をしてますと自分のことはいいことにして、
まわりのドライバーさんのちょっとした運転に考えさせられることもあります。

今回は、そんな個人的に感じてます、
ちょっと気になる運転についてお伝えします。

スポンサードリンク

右折は真っすぐ寄せてから!

右折をする時にクルマを車線の右に寄せるのは、
あったり前だのクラッカーです。

左側にスペースができて、
後続車は止まることなく進めることができるからです。

後続車への配慮というものであります。

ところが、まったく気にせず右寄せどころか、
車線の真ん中でウィンカーだけ右に点滅して待つドライバーがいらっしゃいます。

2車線とかならまだしも1車線でこれやられちゃうと、
正直もうちょっと右へ寄せてよと思ってしまいます。

また、ちょっとだけハンドルを右に切って、
頭だけを右へ寄せるなんてケースも。

気持ちはありがたいのですが、
結局後ろは車線の中央ですからまったく意味がありません。

まっすぐに右へ寄せなければ。

こういう時に対向車のドライバーさんの方が気をつかって、
わざわざ車を止めて右折車を先に誘導してくれたりします。

そこのところわかってくれないかなぁと思うのですが、
考えすぎでしょうか?

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入 アウトドア&フィッシング ナチュラム

 

左折は小さく!

左折はどうかというと、
なぜか一度右に振ってから左折するドライバーを時々見かけます。

これって左後方からくる自転車やバイクに、
横断歩道を渡ろうとする歩行者が目に入らずキケンであります。

「右折は大きく、左折は小さく」が原則。

なので左折をする際は車道の左に少し寄せながら、
もちろんスピードを落として小さく回る。

左折後方の自転車やバイクの巻き込みを防止しつつ、
左の歩道の状況を目視できると安全につながります。

 

曲がる時に出すウィンカー!

右折でも左折でもウィンカーを出しますが、
曲がる直前に出すウィンカーも困ったものです。

突然ストップしたと同様ですから、
後続車にとってみればちょっと勘弁してよとなる。

ウィンカーを出さずに右左折しちゃう強者もたまにみかけますけど、
危ないのは当然自己中心的で困りものです。

そもそもウィンカーを出すというのは、
自分が右左折しますと対向車に知らせるだけではない。

後続車に早くそれを知らせて、
それなりに余裕を持って対処していただけるよう配慮しているわけですから。

前の車がちょっと早めに右折のウィンカーを出せば、
後続車の自分もまた後続車を確認しながら左に寄せたり、
左車線に車線変更ができます。

対向車の方も早めにウィンカーを知れば、
少しスピードを緩めてタイミングを計ってあげたりと対処のしようがあります。

もちろん横断歩道を渡ろうとする方向者や、
自転車なんかも早く点灯してくれたらありがたいはず。

ウィンカーを出しっぱなしというのも困りますが・・・。

 

今回のまとめ

横断歩道で信号待ちしてますと左側から右折をして交差点に進入するクルマが、
けっこう鋭角にスピードも緩めず進入してくる様子も少々気になります。

鋭角に右折すると視覚が狭くなり、
右後方からくる歩行者や自転車など気づきにくくなります。

これってやってみますと、
いかに鋭角に右折するのがキケンであるかがよく分かります。

右折は大きく、左折は小さく、やっぱり鉄則であります。

ウィンカーの出し方もそうですが、
まわりに配慮できる大人の運転を心がけたいものであります。

今回は、個人的な感想を交え、
「自動車の運転ここが気になる!」と題しましてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク