「終活ガイド」の記事一覧


実は奥深い”断捨離”の意味とメリットデメリットとそのやり方!

トレンド くらしのガイド 終活ガイド

こんにちは、釈和(シャカズ)です。 毎日のように整理整頓ができたデスクや部屋で快適に過ごしたい、 また、そういう人でありたいと思うのですが現実はその真逆。 反省して何度も片づけや整理整頓にチャレンジするのですが、 何度やっても中途半端。 なにがいけなくてどうすればいいのか悩みの種であります。 そこに登場したのがよく耳にします「断捨離」のこと、 さて、その意味とはやり方とは? そこで今回は、「実は奥深い"断捨離"の意味とメリットデメリットとそのやり方!」についてご紹介します。

アクセルとブレーキの踏み間違い事故はこうして起きる

トレンド くらしのガイド 終活ガイド

こんにちは、釈和(シャカズ)です。 最近、高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が多く見受けられます。 車の性能はどんどん改善されているはずなのに、 ここにきてどうして目立つようになってきたのでしょうか? 事故は悲惨な結果になってしまうことも少なくなく、 明日は我が身かと思うと他人事ではありません。 そもそも、その原因は何でしょうか?対策はあるのでしょうか? そこで今回は、「アクセルとブレーキの踏み間違い事故はこうして起きる」をお伝えします。

愛する者を失った人の心の変化を知って支えて見守られるために!

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 人生の中で最も強いストレスを受けるときが、 家族など愛する者との死別だと伺う機会がありました。 たしかにそれは大きな悲しみであり、 悲嘆(グリーフ)を感じてしばらくは特別な精神状態に変化するのだとか。 最近は家族葬とか火葬だけの1日葬とか葬儀を簡略化する傾向が高まるなか、 遺族が体験し乗り越えなければならないこの悲嘆のプロセスが論じられていないように思えます。 ご家族を亡くされてた悲しみからなかなか立ち直れない、 場合によってはさらに悲しみが増すという悪循環になることもあるとか。 人の心は見えないだけに、 複雑な心の変化のプロセスがあること。 愛する者を失った人の心の変化を知り、 支えて見守ることができるようにとご紹介します。

スマホ・パソコン残して死ねない”デジタル遺品”問題どうする?

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 インターネットを利用する機会は毎日というか、 毎時的にお世話になっておりますとふと思うことがあります。 あっちもこっちもパスワードが必要で、 やれIDだとかメールアドレスとか管理もままならない。 自分でジブンのそれらに戸惑っているのですから、 もしも突然死んでしまったと想像すると家族も手をつけられない。 まさに「パソコン残して死ねない」のであります。 こんかいは「デジタル遺品で家族も困惑」とあったネットの記事から、 デジタル遺品についてお伝えしたいと思います。

今さら聞けない相続のキホン!?

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 先日、ご家族の方が亡くなられ葬儀を終えた知人が、 その後の手続きが大変でと嘆いていました。 あまり考えたくはないのですが、 誰しも必ず通る道だけに心構えは持ちたいものです。 さて、葬儀後の手続きの中で悩ましいひとつに相続があります。 相続で残った家族が争うことになってしまった、 なんて話を聞くと他人事ではありません。 我が家では争うほどの資産もないし、 私が死んでも困る人もいないとまったく心配しておりません。 ところが資産が少ないお宅の相続が、 意外にももめるんだとか。 どうして資産も特にないのにもめてしまうのか?疑問が残りますが、 今回はまず、相続の基本のキを確認してみたいと思います。

資産のない家で相続トラブル多発のなぜ!?

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 平尾昌晃さんの遺産相続を巡るトラブルがマスコミやネットで報道されています。 亡くなられた平尾さんの資産は60憶ともいわれ、 「再三婚妻VS三男平尾遺産バトル勃発!」など大きく見出しに。 お金持ちの相続ならば問題も起きやすくトラブルになりやすいとイメージしてしまいますが、 実は普通の家庭の方がその危険性があり相談も多いと言われます。 それって、なぜでしょう!? そこで今回は、資産のない家で相続トラブル多発のなぜ!?をお伝えしたいと思います。

葬儀と家族葬の違いを簡単な計算式で説明します!

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 突然ですが、お葬式と家族葬の違いがイマイチよくわからない。 参列者が少なくなり家族中心の葬儀を家族葬と言われているのはまぁ分かります。 もともと、葬儀社がネーミングしたもの、 商売のマーケティング上のススメ方であるとも聞きます。 とは言え、もっと明確に分かりやすい説明をしたい。 そこで今回は、葬儀と家族葬の違いを簡単な引き算でお伝えします!

葬儀はいくらかかるのか!?葬儀は必要か!?

終活ガイド

こんにちは、釈和です。 最近は結婚式などお祝い事におよばれされるよりも、 葬儀に参列する方がよほど多いと実感してます。 我が家も高齢の母親がいますし、 実際その必要が生じたときにはどうすべきか悩ましいところです。 ところで葬儀はズバリいくらかかるのか? お寺のお礼は? 安く済ませる方法は? そもそも葬儀は必要か? などなど今回は、葬儀について直球勝負でお伝えしたいと思います。

ページの先頭へ