「健康」の記事一覧

長く健康で生きるための重要性【コロッと死ねるきくち体操のお話】

健康 くらしのガイド

今回のテーマは健康寿命を手に入れるです。人生100年時代と叫ばれるようになりました。当然、健康で自立して100歳をまっとうしたいものです。TVでも話題になりました難病をも治す奇跡のメソッド「きくち体操」をご存じでしょうか?創始者のカリスマ体操教師の菊池和子さんは「きくち体操」とは何か?の問いに、「コロッと死ねる体操」と答えています。まさに今回のテーマにピッタリ。健康で長生きの楽しい人生を手に入れましょう。

休日に旅行やスポーツでは疲れはとれない理由疲れをとり除くことができる方法とは-marusblog

健康 くらしのガイド

日本人の多くが疲れを感じていると言われます。過労死という言葉も日常茶飯事。にもかかわらず、疲労のメカニズムや正しい対処法はあまり広く理解されていないようです。「疲れとは、そもそも何なのか」、「どうすれば、疲れを少しでも取り除くことができるか」。現代ビジネスのネット記事(2018.5.12)に、医師で東京睡眠疲労クリニック院長梶本 修身氏が本記事のなかで、疲れの原因とリフレッシュについて連載して解説されています。一部引用して要約をご紹介します。

階段の上がり下りは下りのほうが筋力アップをあなたは信じられますか-marusblog

健康 くらしのガイド

ダイエットにも健康にも老後の対策にも筋トレは欠かせないと誰しも気になり思うところ。何もしないままでいると、足腰の筋力は年々衰えていく一方。なんとか筋力アップをとお考えのあなたに朗報です。今まで運動をしていなかった人や運動が苦手な人でもラク~に実践ができ、効果も実感ができる方法があの「NHKガッテン!」で放送。お見逃しの方にその内容を、雑誌「NHKガッテン!(2022年春号)」の掲載記事から一部引用してご紹介します。将来へ健康な体を維持するためにも必読です。

4月に体調を壊す原因とほめほめノートの超おススメ対処法-marusblog

健康 くらしのガイド

TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」で、精神科医の保坂隆先生が「環境の変化による不調と対策」について語ってくれた。4月になると新学期、就職、転勤と生活は変わり体調を崩す人も多い。その原因と対処法について解説してくれていました。とても参考になるお話です、お聞き逃しの方にポイントをご紹介します。

【健康術】カンタンよく効く肩こり改善法-marusblog

健康 くらしのガイド

「肩こり」は日本人が訴える症状でダントツです。平成22年厚生労働省の国民生活生活調査によると女性は1位、男性は2位との結果があります。いろいろなストレッチなどの改善法が言われている中で、これだけ多くの日本人が解消されぬまま自覚している肩こり。なんとかならないものかと、肩こりに悩む一人としてあれこれ試してみるのです。そこで今回は、いますぐその場でできるカンタン肩こり解消おすすめエクササイズを2本ご紹介したいと思います。

ロングブレスで長い息が長生きになる理由を考案者美木良介氏の生解説-marusblog

健康 くらしのガイド

長い息を吐いて長生きにと「ロングブレス」考案者ボディーデザイナーで俳優の"美木良介氏"の生解説は、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー(2019年11月21日木曜日)」で放送されました。ロングブレスは強く長い呼吸を繰り返すことで体を引き締め、体温を上げて血流をよくして病気にならない体を作ると話題です。今回はダイエットだけではなく、シニアに向けたロングブレス。「長い息」が「長生き」につながるというそのやり方と秘訣をまだまだ続くコロナ禍、免疫アップでコロナウィルス対策のためにも、当時放送の美木氏の解説をリライトしてのご紹介です。

睡眠専門医の短く深く眠ることで早起き実現の5時間快眠法で人生を大きく変えられる-marusblog

健康 くらしのガイド

短くとも深く眠ることができたら、睡眠時間を削り夜の時間も朝の時間も有効活用することができたら。しかも日中のパフォーマンスを下げずに快眠できる方法があったら。そんな夢のような快眠法を睡眠専門医が教えてくれています。5時間快眠法と朝5時スッキリ起きるを実現できたら、きっと人生は大きく変わるはずです。5時間快眠法のポイントをご紹介します。

認知症の症状それにはすべて理由がある認知症の人が見えている世界とは-marusblog

健康 くらしのガイド くらし

最近、身の回りでも認知症に関する話をよく耳にするようになりました。残念ながら高齢で長生きされる方が増えてくると、どうしても認知症患者さんも増えている。明日は我が家か我が身かと心配にもなります中、認知症になるとなにもかも忘れてしまって、それが原因で家族にも周りの人にも困らせてしまうとばかりに考えがち。ところが、認知症になるとなにもかもわからなくなるわけではないというのです。認知症になった方々こそ、戸惑いと不安の中で生きている。そうした認知症の人に見えている世界を知ってこそ、認知症の方々との接し方も変わってくるようです。

がんは薬で治せる!?発売された画期的治療薬について週刊新潮2021年10月21日号-marusblog

健康 くらしのガイド

「実はがん患者の4分の1はこれで死んでいる、薬で治せる」と週刊新潮2021年10月21号の記事タイトル。ノンフィクション・ライターの上條昌史氏の特集記事は、特集だけあって少し長めの記事。「画期的な治療薬が発売された」ともあり興味津々。悩める患者さんやご家族の吉報になるのか、まだ本誌を手にされていない方に記事を要約してご紹介します。詳しくは週刊新潮2021年10月21号で確認されたし。

その道を究める医師考案の医学的根拠にもとづいた奇跡の健康スープで病気しらずに-marusblog

健康 くらしのガイド

女性セブン2021年10/28号に、「専門医が飲んでいる病気知らず!奇跡の健康スープ」の記事をご紹介します。美容皮膚科医「手羽先コラーゲンスープ」、眼科医「黒豆ポトフ」、糖尿病医「豚汁風スープ」、認知症医「脳のおそうじスープ」、がん治療医「はと麦入りサンラー豆腐スープ」。だれよりも病気に詳しい医師の皆さんが取り入れている最強スープの記事のご紹介です。詳しくは女性セブン2021年10/28号で。

ページの先頭へ