料理レシピはなくてはならない、材料のレシピでもあり料理の作り方レシピであるから当然。料理初心者にとってみればなおさら。ところがこの料理レシピ、料理に慣れている方なら見ればすぐに分かるのでしょうが、なにせ初心者にとってはよけいにも理解しづらい点もあるようです。この点、今回ご紹介の”メモの魔力”(前田)式メモ術を使って料理レシピを作成してみると、とってもわかりやすくなる。マニュアルにも使えるとご紹介です。

 

スポンサードリンク

 

メモの魔力

“メモの魔力”は、著者”前田裕二氏”(2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。日本の実業家でありSHOWROOM株式会社代表取締役社長を務める)のメモ技術。

メモの魔力とは!?


メモは単なる忘れないよう要点を書きとどめておくものであり、その書いたメモにすぎない。ところが著者の前田氏は、実際ほとんどの人がメモをしているようでメモをしていないと言います。

前田氏はずばり、「メモは知的生産の最強のツール」だと。

前田氏は、そもそもメモは”記録“と”知的生産“の2書類だと力説します。その記録をアイディアに生み出すメモ術がこの”メモの魔法”。記録し保存しているメモはあくまでメモ。そこから知的生産に変えるその方法を具体化しているのであります。

前田式メモ術をご紹介。

メモの魔力(前田式)のメモ術

メモの魔法(前田式)によるメモのとり方は3つのステップで構成。

 

メモの方法を解説します。

まずノートは見開きで使います。

右側のページには真ん中に縦の線を入れます。

 

見開きの左ページには通常のメモ、事実をポイントを絞って記録します。

普通のメモはここで終わってしまいますが、メモの魔法はここがスタート。

①記録(事実)から思考

②抽象化して要約

③転用し具体的なアクションへつなげる

ファクト(事実)➡抽象化➡行動へと連動して、メモがアクションにつながるというわけ。

これって、料理レシピメモに使えない!?

 

 

料理レシピで混乱する問題

料理レシピは材料と作り方が明記されているので、その内容どおりに作れば初心者でもれっきとしたおいしい料理の出来上がり。ところが、初心者にはちょっと悩ましい問題もあるのです。

問題の原因

あるレシピがあります。

レシピで材料はわかる、作り方も読めば分かるし動画でより理解が深まる。しかしながら、料理初心者にとってそろえた材料でいきなり作り方に展開するには少々無理がある。作り方にも道具が必要であり、用意した食材もどう加工すべきかが頭に描けない問題。

つまり、

食材の加工と調理道具に調理手順がわからない!

 

〈よく見かけるレシピ例(材料と作り方)〉

引用:DELISH KITCHN

タマタマ

まぁ確かに料理初心者はハードルが高いかも!? もう少し情報の整理が欲しいニャー


はこ君はこ君

材料はわかるが、用意する調理具はフライパンなのか鍋なのか、食材の加工と調理なんてのが初心者だと混乱するのじゃな! (笑)

問題の解決はメモの魔力(前田式メモ)を使ってわかりやすく

ここで上記で紹介した”メモの魔力”のアクションにつなぐメモの技術を使って、今回の料理レシピをまとめてみると次のようになる。ポイントは問題の材料と調理との間を抽象化(要約)するで調理前の事前準備するものを整理することだ。整理とは、食材の加工と調理具と食材を整理すること。

これで問題は解決する!

 

〈メモの魔力式料理レシピメモ〉

タマタマ

これわかりやすいじゃん!(‘ω’)ノ


はこ君はこ君

食材の加工と用意する調理具と調理する食材が抽象化(準備)でいったん整理するというわけじゃな!





 

私の感想

なかなかいいと自己満足中!

料理になれていらっしゃう方や料理の得意な方、料理百戦錬磨の奥様がたに言わせれば、「言っている意味がわからない!」とまあお叱りを頂戴しそうであります。たしかに、最初の食材と調理方法をちょっと知れば、後は日ごろの慣習とばかりにさっさと仕上げてしまうのですから言うまでもありません。

ところがどっこい、私のように超料理初心者にとってみれば、百歩譲って一品だったらまだしも、さすがにスマホの料理アプリを見ながらと言われても、二品三品なんてなるともう混乱の極み。いざ火を入れる時になって「フライパンが足りないじゃん!」なんてことにも。笑っている場合ではないのです。(笑)

今回の”メモの魔法”の前田氏のメモ術を使った料理レシピで自分なりにまとめてみると、これが思った以上にわかりやすくより事前の準備ができるというもの。自分なりにこれはと思い今回ブログでご紹介に至った次第。

さまざまなマニュアル書にもなる!

そうそう、これって要するにわかりやすい「マニュアル書」にもなることに気づく。マニュアルというのはあくまで基準に沿った行動を行うためのもので、このメモによる料理レシピがまさにマニュアル書が求める要素を的確にとらえているから「マニュアル書」としてもおススメなのであります。

今回のまとめ

料理のレシピはあれども、料理初心者にとっては少々混乱するときもあるのです。それは、用意する食材とその食材をどう加工すべきか、そして調理具は何をしたくをして、どのタイミングでどういう順番で調理をするのかがわかりづらい。

たまたま”メモの魔力”のメモ術に出会ったところで、このメモがアクションにつながるメモであることを理解すると、これはもしや料理レシピに活用できるのかと実際にメモして使ってみてはのご紹介でした。

見事に問題であった課題点をこのメモ術でクリアしたところで、料理レシピメモとしておススメするだけではなく、これって必要とされるマニュアル書にも使えるのではないかとご提案まで。ぜひ、お役に立つかどうかはわかりませんが、一度作っては使ってみて頂けると嬉しく思うところであります。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク