毎日、大変お世話になっておりますエクセル。

せっかく作った表をコピペする際、
厄介なのは行の高さと列の幅。

中身はコピペできるのに、
行と列のそれらの書式が貼り付けできずに困ることありません?

「別に~」という方は、
もうご縁がないとわりきります。(笑い)

「あるある!」とおっしゃったあなたに、
どうすれば書式の高さと列幅もコピペできるのかご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

行の高さと列幅はどうしてコピペできないのか!?

 

もう少しこの悩ましい問題を整理してみましょう。

 

まずは表を作成します。

行の高さと列幅はそれなりにそれぞれ設定しますよね。

行の高さと列幅をけしてふれないさわらない、
そういう根性のある人もいらっしゃるかもしれません。

残念ながらそういう方とはあまりお付き合いはできそうもありませんのであしからず。(笑い)

 

通常、この作成した表をコピーして、
なにげなく貼り付け(ペースト)すると行の高さと列幅は無視されてしまいます。

表のテキストや罫線などは確かに貼り付けられるのですが、
行と列のそれらの書式設定が貼り付けてくれない。

なのでいちいち貼り付けた表をもとの表の行高と列幅に設定しなくちゃならない、
けっこうこれが面倒で表が複雑になると大変。

せっかくならそれらの書式も全部貼り付けてもらいたいと思うわけでありまして、
どうしてそうならないのか教えてくださいマイクロソフトさんとなる。

 

それにしてもマイクロソフトさんもマイクロソフトさんですよね。

せめてこれくらいは事前に配慮して頂き、
コピペした時には行の高さも列幅もあったり前だのクラッカー的に貼り付けて欲しいのです。

ところが、現実はそうならない。

どうすりゃいいのさ思案橋なのであります。



 

 

行高と列幅のコピーの仕方

 

文句を言ってもしょうがないので、
この問題を解決する方法を確認しましょう。

まずは元の表を用意します。

 

ポイントはこのコピーする時に行番号ドラッグすること。

 

①.表を含む行番号をドラッグして表全体を選択します

②.「ホーム」タブをクリック

③.「クリップボード」グループの「コピー」をクリックします

 

 

くどいようですが、
行番号をドラッグすることを忘れないでくださいね。

自動的に表はもちろん行全体が選択されます。


 

行高と列幅の貼り付け方法

 

それではコピーした表を貼り付けてみましょう。

 

④.貼り付け位置の先頭の任意のセルをクリックします

⑤.「クリップボード」グループの「貼り付け」の▼印をクリック

⑥.「元の列幅を保持」をクリック

⑦.列幅に加えて行の高さも含めて表が貼り付けられます。

 

 

カンタンでしょ!

コピーする時の行番号のドラッグと、
貼り付けするときの「元の列幅を保持」を選ぶこと。

こうすることで悩ましい行高と列幅のコピペもできるようになりました。

知っておくと役にたちますよ!

 

今回のまとめ

エクセルの裏技にはダイナミックなモノから、
今回ご紹介のちょっとしたことまで様々あります。

その中でも絶対に覚えておきたいなんていう裏技もあります。

行高と列幅のコピペにつて、
けっこう「どうすればいい?」と疑問に思っている方も少なくないようです。

とっくにご存じの方は別として、
ご存じなかった方はぜひ活用されてください。

今回は、エクセルの行高と列幅のコピペについてご紹介してみました。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク