こんにちは、釈和(シャカズ)です。

エクセルのVLOOKUP関数はよくお世話になりますが、
大きなデータの自動転記などの入力設定になりますと少々手間がかかります。

そこでMATCH関数との組合せで、
それらのわずらわしさを解消!

一度設定のコピペでどんなに大きな自動転記も楽々。

今回はその組み合わせによる入力設定を、
VLOOKUP関数の基本と応用を交えて動画でご紹介します!

※動画タイトルをクリックすることで動画を見ることができます。

※動画が終わりましたら戻るの矢印でブログに戻ることができます。

※画像(ぱくたそ)

スポンサードリンク

 

VLOOKUP関数の基本!

元のデータリストの一番左端に設定した数値や文字をキーとして、
そのキーを基準に必要な列にあるセルのデータを転記するのがVLOOKUP関数です。

Vlookup関数のVは縦の意味があり、
元のデータリストの一番左の縦の列を探して合致したものの列何番目にあるデータを転記するわけです。

これってスーパーのレジにあるバーコードのようなもので、
バーコードを読み取り商品名や価格を表示してレシートに表示させるようなもの。

よく使う関数だけに基本をおさえておくことは必要です。

VLOOKUP関数の基本の手順を動画で!

⇒ VLOOKUP関数とMATCH関数組合せ①

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) Microsoft Public Affiliate Program (JP)

 

VLOOKUP関数の応用編!

応用編と言ってもここでは、
VLOOKUP関数の入力作業をより効率よくする方法という意味での応用をご紹介します。

元のデータの一番左の列がVLOOKUP関数の基準になるデータの列になります。

ここから何番目の行にあるデータを転記するのか、
その何列目かの数値を入力する必要があります。

コピペしてもこの列設定はいちいち入力しなければなりませんので、
少々面倒で厄介な入力作業となります。

そこで列の順番の番号数値を、
連番を用意していちいち入力する手間を省くそんな効率のよい入力設定をご紹介します。

VLOOKUP関数の入力手順の応用編はこちらの動画で!

⇒ VLOOKUP関数とMATCH関数組合せ②

シマンテックストア ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

 

MATCH関数のご紹介!

MATCH関数は指定した範囲から検索値と同じ要素のデータの、
位置を数字で返してくれます。

これを使うとVLOOKUP関数で面倒な基準となる一番左の列から何番目という設定が、
自動的に行われるのでとても便利です。

=VLOOKUP(検索値、範囲、列番号、検索方法)の、
列番号を手入力からMATCH関数で自動設定というわけであります。

MATCH関数の入力設定はこちらの動画で!

⇒ VLOOKUP関数とMATCH関数組合せ③

パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」 ioPLAZA【直販限定モデル!ネットワークHDD】

 

VLOOKUP関数とMATCH関数の組合せはこちら!

VLOOKUP関数の列番号をいちいち入力して指定するのではなく、
その位置をMATCH関数が返してくれるので列番号の箇所にMATCH関数を設定していきます。

先にMATCH関数を入力し、
その後でVLOOKUP関数を作成する手順で入力設定を行います。

VLOOKUP関数とMATCH関数の組合せ手順はこちらの動画で!

⇒ VLOOKUP関数とMATCH関数組合せ④





絶対値と絶対参照のおさらい!

関数の式を一度入力設定を行いコピペをするだけで計算式の設定をする際など、
必ず絶対値を付けた絶対参照と複合参照の設定方法が必要となります。

相対参照と絶対参照の違いと絶対参照と複合参照の違いと入力設定例を動画で! ⇒ 絶対参照と複合参照

 

今回のまとめ

一度設定して一度のコピペでVLOOKUP関数の入力設定を終わらせるために、
今回のMATCH関数との組合せで設定を試みました。

大きなデータの自動転記となりますと、
いちいち手入力での入力設定では時間がかかり非効率です。

効率よく素早く正確に設定を終える為にも、
今回ご紹介の組合せはVLOOKUP関数を利用する頻度が高いだけにぜひ覚えておきたい組合せであります。

今回は、VLOOKUP関数とMATCH関数の組み合わせを、
VLOOKUP関数の基本のおさらいと合わせてご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク