こんにちは、小林 丸です。

2018FIFAワールドカップロシアがヒートアップして参りました。

もちろん、日本代表の活躍は目を見張るものであり、
決勝リーグ進出をかけた予選最終のポーランド戦でますますの盛り上がりです。

ところで、今回のワールドカップの試合ぶりには、
いままでと違った雰囲気が漂います。

それもそのはず「ビデオ・アシスタント・レフェリー制(VAR)」という、
初の試みのシステムが導入されているからであります。

今回は、VARとは何か?実際の影響などお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

VARってどんなシステム?

まずはVARのおさらいから。

このシステムは試合を決定づけるようなプレーが行われた際、
つまり判定によっては試合結果に大きく左右されてしまうような場面で、
審判がビデオ判定を用いてジャッジをするものであります。

サッカーの審判はピッチ上の主審と、
サイドライン側でそれぞれオフサイドなど判定する副審(2人)で審判しています。

広いサッカーのピッチ上では試合中に審判の死角でのラフプレーや、
審判も人間ですから誤った判断が行われることもあります。

そんなことを防ぐためや主審をサポートするために導入されたのが、
ご存じの通りこのビデオ・アシスタント・レフェリー制(VAR)というわけであります。

今回のVARでは審判1人、アシスタント・レフェリー3人、リプレーオペレーター4人が、
スタジアム外で常に試合をモニターで監視。

必要に応じてビデオ判定に応じるというわけです。

実際の試合中でも審判が手で四角の合図をして、
VARのビデオ判定を求めて改めて判定を下すという場面があります。

米大リーグや日本のプロ野球の試合なんかでも、
すでにこうした微妙なプレーにビデオ判定が行われています。

興奮するサッカーの試合ですから、
野球よりも求められていたシステムであったのではないでしょうか?

ゴールのきわどい判定でもボールの位置が明確に記録されて、
正確ななゴール判定にも役立ったシーンもありました。

なんと審判の腕時計にはこれらの情報が瞬時に伝えられて、
より正確でスムーズな判定と試合進行にと新しい技術がどんどん使われているようです。

G-FOOT shoes marche ブランドロゴ

 

実際の効果とは!?

なんでもかんでも判定にVARが用いられているのではなく、
4つの場面のみに活用されているわけです。

  1. ゴール判定(ボールがゴールラインを割ったかなど)
  2. PK判定(PKを与えるのに値するプレーかどうか)
  3. 一発退場(レッドカードに値するファウルであったかどうか)
  4. 選手への処分(退場処分などの審判の判断が正しかったかどうか)

実際にVARによる判定が行われると、
スタジアム内に設置されている大型モニターに問題のシーンが映し出され、
観客にもその情報が伝えられていますね。

やっぱりサッカーのきわどいシーンではこういうシステムが求められるのであって、
ワールドサッカーなる大舞台では何をか言わんであります。

直近では6月25日に行われたイラン対ポルトガル戦で、
あのC・ロナウドが後半6分PA際で倒された際にこのシステムが適用されました。

ネットニュースによりますとはじめはノーファイとして流されましたが、
VARの介入で判定はPKとくつがえされたと。

なんとロナウドはこのPKを失敗。

ロナウドでも失敗するなんて、
プレッシャーがそうさせてしまったのでしょうか?

ところでこのVAR判定に対してイランの選手たちがヒートアップ。

意義によるイエローカードが提示されてしまったり、
監督が一時退席するという大荒れの試合に。

VAR判定にもかかわらず興奮がおさまらなかったのか、
逆にこの判定がなかったなら大荒れの試合は大荒れで済まされなかったのかもしれません。





 

私の感想

VARがあったらあのマラドーナ神の手神話はなかったでしょうね、
そう思うと少々寂しさも感じるわけです。

判定結果をビデオ画像なるもので検証して判定がくつがえさせられると、
試合のダイナミズムが半減するなどの声もあるようです。

でも実際に判定の重さを思うとVARは必要なわけで、
4つの場面だけに限るのですがその4つがえらく大事なわけであります。

ゴール判定、PK判定、一発退場、選手への処分と、
求められる重要判定に誤審があってはならないのは当然。

対戦相手に有利と思える判定を下す主審など、
やっぱりいろいろな目でチェックはしてもらいたいものであります。

とはいえ最終的に判断するのはやはり人間の目であり、
誤審論争終止符が打たれることはないわけでもあるのですね。

今回のロシアワールドカップは大番狂わせが続き、
我が国日本の活躍もますます期待してしまいます。

この大番狂わせなる現象も、
もしやVARに関係しているのかなんて思うところであります。





 

今回のまとめ

1試合で30台を超えるカメラが選手やボールを追うVAR、
試合結果に決定的な影響を及ぼすシーンで審判を支援する画期的なシステム。

決定的な影響を及ぼす場面とは、

  • ゴール判定(ボールがゴールラインを割ったかなど)
  • PK判定(PKを与えるのに値するプレーかどうか)
  • 一発退場(レッドカードに値するファウルであったかどうか)
  • 選手への処分(退場処分などの審判の判断が正しかったかどうか)

でありました。

誤審ラフプレーもあってはならないし、
あって欲しくないのは当然です。

ピッチに立つ選手たちのスーパープレーに白熱した試合と楽しみはつきませんが、
新たに導入されたVARの判定結果やサポートされた審判の動きなど新たな楽しみも増えたようです。

正しい判決がフェアプレイにつながって、
もっともっとワールドカップサッカーが面白くなることを願うところであります。

ガンバレ!ニッポン!

今回は、VARとは何か?実際の影響などお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク