こんにちは、管理人の小林 丸です。

新入社員の皆さんにとって社会人としてのマナーに、
ときに戸惑いを感じる瞬間があるかと思います。

お葬式なんてのも「はて?」と思うことや、
マナーがよくわからないなんてことも少なくないと思います。

最近は葬儀の事情も昔とだいぶ様変わりしてきたようで、
経験豊富な方でも戸惑うことがあるようです。

実は、お葬式には5つの意味があります。

そこで今回はそもそも葬儀とはにか、
その本質の意味合いから最近の葬儀事情をお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

知っておきたいお葬式の5つの意味!

お葬式の5つの意味とは、

  1. 死を受け入れる(通夜)
  2. 死者を見送る(葬儀式)
  3. 死を社会的に確認する(告別式)
  4. ご遺体の処理(火葬・埋葬)
  5. グリーフワーク(葬儀~法要など)

とあります。

1.死を受け入れる(通夜)

お通夜は「遺族が大切なご家族の死を受け入れるための十分な時間を持つ」という意味合いがあります。

夜通しロウソクやお線香を絶やさず、
家族が交代で故人のそばで過ごすとよく言われたものです。

今でもご自宅でお通夜をおこなう場合、
こうした慣習はまだまだ残っているんではないでしょうか?

最近はお通夜に会葬する方が多く、
一般の関係者の方々にとっては「告別式」という意味合いが強くなってきているようです。

なので葬儀告別式は家族や親族に主な関係者の方々が中心となり、
自然的に「家族葬」というスタイルになるようです。

2.死者を見送る(葬儀式)

葬儀式は宗教者による読経や焼香といった、
宗教的儀式のことになります。

これは仏教でも神道でもキリスト教でも、
儀式の内容はそれぞれ違っていても死者を見送る儀式には変わりません。

死を社会的に確認する(告別式)

告別式は残された家族があいさつをし、
亡くなったことのお知らせと生前のお礼を伝える場になります。

一般的に「葬儀式」と「告別式」の区別なく、
葬儀・告別式と続けて行われます。

 

3.ご遺体の処理(火葬・埋葬)

ご遺体は衛生を保ちつつ火葬をして、
墓地などに埋葬をします。

火葬も埋葬も自治体の許可が必要で、
むやみにできるものではありません。

 

4.グリーフワーク(葬儀~法要など)

家族の死別が人生の中でもっともストレスになるんだそうです。

それだけに死別の悲しみと向き合い、
その現実を受け入れる時間と心の変化が必要になります。

これらを「グリーフワーク」といいます。

通夜、葬儀告別式、火葬から法要にいたるまで、
そのひとつひとつが「大切な人の死を受け入れていく」ための儀式であり流れでもあります。





 

葬儀の5つの意味から考える会葬マナー

お通夜と葬儀どちらに参列すべきか?

訃報を聞いてすぐに駆け付ける方がご遺族の方への慰めになるかと思いきや、
不慣れな場面で対応に追われて逆に負担をかけてしまうということも考えるべきとなります。

ご家族や主なご親族ならまだしもお通夜や葬儀告別式の場面もありますから、
日程が決まってからお悔やみに出向くと心得たいものです。

一般の会葬者としてお通夜と葬儀どちらに参列すべきか?
または両方に参列すべきかと悩むこともあります。

地域によっては基本的に両方に参列するというふうに地域差があるようですが、
最近はお通夜に参列して礼を尽くせたと参列者側も喪家側も考えるようになってきたようです。

私も親族以外のお葬式には、
ほとんどお通夜だけに不祝儀を持参して参列させていただきます。

一般の会葬者にとってお通夜はたしかに、
告別式の意味合いが強くなってきたというのが変化のひとつのようです。

 

知っておきたいお葬式のマナー

以前は喪服でお通夜に参列することは、
まるで死を準備していたと思われて逆に不適切とも言われてました。

今ではちょっと考えられないほど、
最近は喪服を着用するのが一般的です。

その際の服装はあまり深く考える必要なく、
冠婚葬祭用のブラックスーツ・ブラックフォーマルを着用すれば問題なし。

和服も避ける必要があります、
それは遺族や親族よりも格式が上となってしまうからです。

正式喪服を参列者が着用する必要がないというわけですね。

もちろん靴下も靴もネクタイも黒で揃え、
ネクタイピンやイヤリングなどの金属類は避けます。

アクセサリーで唯一許されているのがパールのネックレス、
涙の象徴という意味があって失礼にはあたりません。

出先で喪服の用意ができずに代わりに喪章をつけて参列なんてのもNG、
喪章は喪主が付ける腕章です。

場面ごとにもいろいろ注意したいマナーが多々ありそうです。

 

NGワーストランキング

結局のところ社会生活を送っている以上、
誰かの通夜・葬儀に参列する機会は避けられません。

とはいえ、そう頻繁にあることもないので、
実はご無礼をおかけしてしまっているなんてこともありそうです。

通夜・葬儀で非常識で迷惑な、
ワーストランキングの一例を参考にしたいと思います。

(ワーストランキング)

  1. 故人の悪口を言う
  2. 大声で話す
  3. 派手な服装
  4. 香典や遺産などお金の話しをする
  5. 読経中の携帯電話の着信音

なるほど納得感がありますね。





 

私の感想

最近、お葬式を行ったことを特に理由なく、
とにかく秘密裡にされる場合があるのが不思議な気がします。

どうして内緒にするのでしょうか?

また、家族だけの家族葬を行うので、
参列もお香典も辞退願うなんてケースもありました。

亡くなられた故人様の強い希望と言われてしまえばそれまでですが、
そんなことまでしなくとも家族中心の葬儀に自然になるような気がします。

故人も喪主も高齢となり、
参列者も次第に少なくなります。

核家族が多いですから親戚の数も昔のように多くありません。

必然的にお葬式の規模は小さくなり、
なにも心配せぬとも参列者は家族と親族中心となるはず。

一般の参列者は特に葬儀告別式に参列せずお通夜をもって礼を尽くすとならば、
こちら葬儀告別式は家族中心となる。

お葬式の5つの意味を考えてみると、
体裁を気にするよりも本来の意味や目的にあったお葬式を考えてみるべきではないかと思ってみたりもします。

お通夜だけとかお通夜をやらずに葬儀だけ、
はたまた火葬だけにするというケースも増えてきているとか。

さまざまな現代の事情がそこにはあるかと思いますが、
大切な家族との死別をあえてそうすることで後で後悔してもつらいもの。

あれでよかったのかなんて思いはじめたら、
もう一度お葬式とはいかないので悩んでしまうなんてことになったら本末転倒であります。

葬儀社とよく相談してある意味、
葬儀の意味にそった自然の儀式の流れがグリーフワークにつながるように思います。

チケットぴあ 電報サービス VERY CARD

 

今回のまとめ

お葬式が増えてきたという実感は、
次第に強く感じるようになってきたのも事実です。

またそう嘆く方のお話しもよく耳にします。

これから団塊の世代の葬儀へ時代は流れていくと聞きますと、
ますますお葬式に参列する機会は増えてきます。

90歳100歳と長生きされて天寿を全うされる場合ならまだしも、
若い方の突然の死別はやっぱり辛いものです。

最近お葬式の考え方ややり方が変わってきているのも事実でありますが、
お葬式のマナーは昔も今も変わらないようです。

新入社員の方々はもちろん、
あらためてお葬式の意味を知りマナーを知っておきたいものと考えました。

今回は、「お葬式の5つの意味から考える最近の葬儀事情!」をお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク