TBSラジオ、「生島ヒロシのおはよう一直線」で「脳が若返るニンニク油」と題した脳神経外科医のお話が興味深々。すりおろしたニンニクをオリーブオイルに浸して作る「ニンニク油」が心臓病や脳梗塞リスクを軽減すると。認知症にも効果がありコロナ禍の中免疫力も向上にも役立つと万能の特効薬と紹介。早速手作りを実践しては、ご存知のない方にもご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

ニンニク油は脳が若返る”特効薬”

ニンニク油は、脳の健康維持はもちろん生活習慣病の予防など、さまざまな効果が期待できる優れた食品と太鼓判。ニンニクとオリーブオイルだけの手作りできるので、お手頃で誰でも手軽に続けられるとおススメ。そのまま食べても大丈夫、しかもおいしいといいところづくし。

脳神経外科医がニンニク油を勧める理由

太鼓判を押すのは脳神経外科「篠浦伸禎(しのうらのぶさだ)」氏。

篠浦氏ご自身も十数年前からニンニク油を毎日とるようにして、60歳を超えた今でも気力・体力が充実、ハードな手術も日に数件をこなすことも苦ではないと紹介されています。

本の詳細はこちら、篠浦氏著の「ニンニク油で脳がぐんぐん若返る!」で。(画像をクリックで本の詳細へ)
このブログも、この本を参照に引用しつつのご紹介です。

 

ニンニク油を勧めたところ、頭痛、めまい、高血圧、認知症の初期症状、脳梗塞の後遺症などが改善した例が少なくありません。画像検査で、脳の血流改善が認められた例もあります。脳の手術を行う前後に、患者さんにニンニク油を飲んでもらうようにしています。

 

ニンニク油(アホエン)の6大効果のなぜ!?

ニンニク油の効果の秘密は「アホエン」!

ズバリ、ニンニク油の秘密は「アホエン」という物質が多彩な効果を生む理由であると。ところが、こうした素晴らしい作用を持つアホエンは実は生のニンニクには含まれておらず、また一般的なニンニクの食べ方ではほとんど摂取できないというのです。

ところが、ニンニクを「低温の油で熱する」という条件下で生成される。そこで「ニンニク油」の登場、その作り方がポイントというわけです。

ニンニク油の作り方と食べ方

出典:ニンニク油の脳がぐんぐん若返る!

手軽に作れてなんでもかけてOK!

脳の血流をあげるニンニク油は、ニンニクとオリーブオイルだけで作れます。ここで紹介する量と手順で作ればニンニクのにおいはほとんど気にならないからありがたい。

そのままスプーン2~3杯飲んでもOK、パン、ご飯、納豆、お味噌汁、サラダ、メインのおかずと、なんでもかけてOK。味も深まりおいしくなります!

私の感想

イラスト:いらすとや

さっそく、我が家でも実際に作ってみました。

薬味おろしですりおろしがなかなかうまくいかず、包丁で細かく刻む方法で作りました。

オリーブオイルを耐熱容器に入れて湯煎するだけ、
湯煎のお湯が沸騰した後から全体が冷めるまではじっくりと時間をかけて。

作り方はこれだけ!

できたニンニク油は容器に入れて1ヶ月以内に使い切るとありましたが、
遠慮なく何でもかんでもかけるので早々に食べてしまいます。

家族には80歳代の母親もいます、
夫婦2人も50を超えてから忘れっぽくなるをつくづく感じるとニンニク油は手放せません。

 

今回のまとめ

TBSラジオ、「生島ヒロシのおはよう一直線」で紹介された「脳が若返るニンニク油」のお話は、脳神経外科の先生が大絶賛と耳にしては、さっそく脳神経外科篠浦伸禎著の「ニンニク油で脳がぐんぐん若返る」を取り寄せさっそくニンニク油を手作り。

すりつぶしがしにくいところ包丁で細かく刻み、湯煎であたためたオリーブオイルに入れて常温になるまでゆっくり冷ますと出来上がり。簡単で誰でもできるのもありがたい。

いただいてみると深い味わいはごはんはもちろん、お味噌汁やおかず、おしんこまでなんにでもかけてはおいしくいただくことができました。ニンニクのにおいも気にすることなく、80歳をこえた母親も認知症予防と聞くとしっかりと食べてはおいしくいただいております。

ニンニク油に含まれている「アホエン」という物質が脳を若々しくしてくれるのはもちろん、抗ガン作用や感染症の予防にもいいとなると、これはもう家族でしっかりといただきたいと思うわけです。

ぜひ、お試しあれ!

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

トレンドニュースランキング

スポンサードリンク