こんにちは、釈和です。

4月になり学校も職場も新たにという人も多いはず、
期待や不安でワクワク・ドキドキという感じでしょうか。

GW明けとなるこの時期よく耳にしますのが5月病

新しい環境になじめなかったり、
新しい人間関係に悩んだりと落ち込みやすい時期の症状があらわれるとか。

原因はストレス!

まじめでおとなしい感じの人が要注意とか、
原因がストレスならばその解消法なんかもチェックしておきたいもの。

誰しもなる可能性があるというので、
気持ちの持ち方リフレッシュの方法など取り上げてみたい。

逆に、上手にお付き合いする方法なるものも探ってみたいと思います?

スポンサードリンク

 

5月病とは!?

気持ちが落ち込む」「やる気がでない」と心身がスランプ状態になってしまい、
さまざまな症状が現れるのがいわゆる「5月病」。

 

新入学生や新入社員におきやすい

4月には新入学した学生や就職をされた新入社員など、
新しい環境にドキドキしつつスタートした時期。

ちょうどゴールデンウィークにさしかかるころ、
ちょっと体も気持ちも疲れが出てくる。

 

「気持ちが落ち込む」「ぐったりと疲れを感じる」などなど、
心の息切れ」ともいえる症状を感じる人が多くなるなだとか?

これがいわゆる「5月病」というやつで、
実は正式な病名ではないんだそうです。(・。・)

 

医療現場では「五月病」と診断するのではなく、
精神科で病名を付けるとならば「軽度のうつ病」「適応障害」とされるのだそうであります。

 

うつ病とは、ゆううつな気分を主な症状とする病的な精神状態で、その中心となる症状は、感情とその持続的状態である気分の抑うつなので、感情精神病、感情障害、気分障害ともいわれます。 抑うつ気分、興味や喜びの喪失、活力の減退による易疲労感の増大や活動性の減少を主症状とする精神疾患です。

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。 … また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。 ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。

5月病の多くは一過性の症状でもあるらしく、
そうと聞くとちょっと安心

 

でも仕事や職場が苦痛に感じてしまい、
仕事や生活に支障が出てしまうなど重症の場合もあるとか。

 

(具体的な症状)

  • 気持ちがさえない
  • やる気がでない
  • 朝起きれない
  • 寝つきが悪くなった
  • 集中力が低下
  • 自信がなくなる
  • すぐネガティブな気持ちになる
  • 自分を責めてしまう
  • 食欲低下
  • 体がだるい
  • 頭痛・腹痛
  • 飲酒時の悪酔い問題行動

※こちらもgoogle検索結果の一例です

 

でもこれらの症状なんて常日ごろ感じることばかり。

朝起きれない布団からなかなかでられないなんてのは日常的。(笑い)

 

こうした症状が長く感じられるようになると要注意!

一番いけないのがほっとくこと。

気分が晴れない日が続かないように、
自分の心の変化気付くことがまずは必要であります。(^o^)丿

 

かなりまいってから手遅れなんてことにならないように。

あれっと思ったら心と体を休ませるてあげる必要があるようです

 

子育てのお母さんたちも5月病

春のこの季節はお母さんたちも頑張りどき。

子どもが新1年生になると準備からして大変、
毎朝子どもを送りだしては同級生のお母さんたちとのお付き合いもはじまる。

 

子どもの様子ももちろん気になるところで、
やれPTAだの先輩のお母さんたちとの関係など母親生活もとてもハードな時期

見守りや旗振りなどあれこれと役割も多くなる、
そんなことやってられないよと心の底で正直叫ぶ声が・・・。

 

それでもお母さん子供の新生活に適応しての一ヶ月、
家庭に仕事に子育てとフルスロットル状態

ちょっとホット一息のゴールデンウィークのつもりが、
ゆっくり休んでもいられないなんて日々が続く。

 

ふと気がつくとある日、
鏡に映る自分の顏に愕然

疲れ切っている自分がそこにいるとはじめて気がつくといった具合。

 

自分を後回しにどれも一生懸命にやってきたのに、
気がつくと疲れ切っている自分に気付く。

自分が置き去りになっていたなんて感じてしまうと、
ついつい悲しく涙が出てしまうなんてことも。

お母さんも5月病、
休み必要ということであります。

 

緊張とプレッシャー

どさくさ紛れの新生活の緊張に少し慣れてくると、
次に襲ってくるのがプレッシャー

自分と周りの人たちの要らぬ比較をして落ち込んでしまったり
能力の差みたいなものを感じて自信を無くしてしまうなんてことがあります。

 

同年代や同僚だけでなく先輩の仕事ぶりなどを見ては、
はやく一人前になりたいと焦る気持ちも生じてきます。

だれよりも”できる”と認められたいと思うこともしばしば。

 

子育て中のお母さんだって学校やPTAに家庭と、
さまざまなプレッシャーに押しつぶれそうになるなんてことも。

知らぬまに心が焦っていることに気付かず、
なんとかしなきゃとまた焦りまくる始末。

 

どうしても他人の方が自分より輝いているようで、
自信を失いだすとよけいにも良い印象を出そうと無理をしてしまう。

空回りにまた焦ると悪循環日々続く・・・。

そりゃ、疲れます。(・。・)

 

急ぐな焦るなコツコツと!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

問題は結果を求めすぎ、そして急ぎすぎているから!

周りに振り回されて自分自身を見失い焦りまくるよりも、
今の自分はまだまだ評価されるはずがないという開き直ることも必要

 

だいたいがひと月ふた月程度で、
能力とか評価なんてできるわけもなし求めることもなし。

自分が遅れている能力に足りていないなんてのはあたり”前だのクラッカー”!

 

そんなことよりも目の前の”やるべきこと“に集中して、
着実にこなしていくことこそが大切。

コツコツとやってこそ自然と結果がついてくるものです。

 

誰よりも早く仕事を把握して誰よりも成果をあげて、
誰よりも信頼も厚く評価も高い。

どこのお母さまより上手な子育てができて、
子どもも元気で何の心配もなく余裕のヨッチャンで生活ができている。

 

なんて、そんなのあるわけがなし。

今はぜんぜん慣れていないし、
まだまだなんにも上手にできない

それが普通だと思うところからのスタートに。(*´з`)

 

他人と比べて気にすることなく、
自分の心と体に自分でプレッシャーすることなく。

スピードを緩めてこんなもんかな程度でゆっくり歩く

そんな気持ちと考え方が必要のようであります。(*^^)v

 

 

5月病の原因

5月病の原因は「ストレス」と言われても、
そのストレスっていうのがよくわからない。

自分のストレスの状態なんてことにもなると、
よけいにもわからないものであります。

 

ストレスとは

そもそもストレスとは!?であります。

ストレスとは「ストレッサー」という「プレッシャー」反応のことだとか。

 

スポンジなんかを指で押しますとへこんで、
指を離すと反応して元にもどろうとします。

指で圧力を加えることを「ストレッサー」というプレッシャーで、
それに対してスポンジが戻ろうと反応することを「ストレス」というのだそうであります。

 

ということはストレッサーが問題!?

 

調べてみるとこのストレッサーって、
いたるところにあるんで驚きます。

 

(ストレッサーの種類)

  • 物理的ストレッサー:天気、温度、気圧など
  • 環境的ストレッサー:騒音、振動、空気の汚れ、外部環境など
  • 社会的ストレッサー:仕事、家庭、人間環境、社会環境など
  • 身体的ストレッサー:病気、けが、疲労、不眠、体の変化など
  • 精神的ストレッサー:怒り、悲しみ、緊張、葛藤、不安、寂しさ、気持ちの変化など

 

と、いろいろあるんですね。

 

これって毎日がストレス連続

これじゃぁストレスにならない方が不思議にも思えてしまいます。

 

かといってまったくストレスがないのもよくないらしく、
ある程度のストレスが必要な緊張感をかもしだす。

つまりストレッサーに上手に反応できる体の状態、
心や気持ちのあり方必要となるわけです。

 

こちらストレス赤信号

自分でストレスがどのくらい溜まっているのか、
分かりにくいものです。

そこで、ストレスが溜まっているというのはどういう状態なのか、
ときどき立ち止まりチェックする必要もあるようです。

 

(ストレス状態)

  • 仕事や家事などで常に忙しく疲れを残しやすい
  • よく眠れない、逆に眠りすぎてしまう
  • 食欲が細くなったり、逆にやたらと食べてしまう
  • 1日中考え込んでふさぎ込んでしまう
  • 外出が減って1日中部屋にこもることが多くなった
  • 趣味など楽しめない
  • 体のだるさを感じる
  • 離す機会が少なくなった
  • 周囲に気を使い評価がきになる
  • 自分自身への不満が強い
  • いらだつことが多い
  • やたらと焦って落ち着けない
  • ネガティブに考えてしまう
  • 葬儀など家庭の大きなライフイベントがあった

これらストレス状態に思い当たることが多いと、
ストレスが溜まっている可能性があると考えた方がいい。

そのまま蓄積することのないように、
気持ちや体調の切り替えに努める必要があると。

ストレス対策の前に日ごろのチェック、
これら自己管理が大事というわけですあります。





 

5月病にならないために3つの解消法!!

こうすれば5月病になりませんという処方箋はないわけで困ります。

しかしストレスを溜めない発散することはできそうです。

ストレス発散法キホンは3つ、「1.発散」「2.楽しむ」「3.休息」であります。

 

発散(おしゃべり)

頭や心は毎日休まず24時間動き続けてなにかしらを感じている。

そりゃいろいろと溜まるわけで、
当然ストレスも溜まります。

 

とならば、吐き出さないことにはつぶれてしまいます。

いいこともイヤなこともとにかく吐き出しちゃえ!

 

そう、一番カンタンな方法は”おしゃべり“であります。

カウンセラーの専門家に聞いてもらうなんてことの前に、
気軽に家族や友人に思いの丈をしゃべっちゃう!

 

ポイントは悩みや困りごと急ぎ解決しようとは思わず、
とにかく交流しておしゃべりして吐き出しちゃうことに専念

まちがいなく気持ちが楽になります。

 

発散(書き出す)

話せる相手が見当たらない時には、
ノートを取り出し書いてみるのがおススメ

 

「いちいちノートになんて!?」と思わないで。

 

けっこう効果があるんです。

書くなんてと難しく思わないで、
休日などは落ち着いたカフェなどでかけて今の気持ちを書きなぐる

自分で自分と語り合うかのように、
思いついたこと浮かんだことをどんどん書いてみる。

 

普段の仕事や生活が続く時は、
朝・夕にちょっとした「ひとり会議」の時間を作ってみる。

日中は怒り不満疑問と書き出す。( ..)φメモメモ

 

つまらぬことをため込まず、
せっせと書いて吐き出すというわけであります。

 

こちらも参考⇒「10連休も1日は朝活 疑問書き出し、決めぐせつける

 

書き出してみるとおしゃべり同様気持ちが楽になる。

スッキリしてなにか開き直れる!

 

だからこそ前向きな気持ちも生まれるというもの。

おしゃべりも書くことも吐き出す手段として、
とてもお気軽でどこでもいつでもできるのでやらない手はないということであります。

 

楽しむ(そのために必要なこと)

カラオケで歌いまくったりプチ旅行したり、
森林を歩いたり温泉につかったりと楽しみ方も人それぞれ。

ここでは思い切り楽しめるためのひと工夫をご紹介。

 

それはちょっとした時間管理
タスク管理なのであります。

 

なぁんだ!?」と思うでしょう。

 

そう、やらなきゃならないこと、
やるべきことを管理するんでなくて

やらないこと」を決めるというわけです。

 

あれこれとやらなければならない仕事に追われちゃうから、
やらないことを決めてこそやるべきことはっきりするというわけ。

仕事に作業に集中できます!

 

休日もそう。

 

やりたいことを決めるんでなく、
休日にやらないことハッキリさせる。

するとやりたいこと集中できて、
より楽しめるというわけです。

 

休息(呼吸を整える)

休息するって休日の休み方なんてことではありません。

気がつかないのですが、
人の絶えず休まず動いています

 

そりゃもう!ストレスが溜まるわけです

休まずなにかしら感じて考えてを絶えず行っているのですから、
意図的休ませてあげないとパニクってしまいます。

 

そこで、頭と心を休ませたい!

そうです、その方法がズバリ「ヨガ!」です。

だけどちょっとハードルが高い!?

 

そこで誰でもカンタンにできる方法が「呼吸を整える」というわけであります。

 

(呼吸の整え方)

  • 立った姿勢でも座った姿勢でもOK
  • 背筋をのばしておへその少し下あたりところにある「丹田」というツボを意識
  • 息を吐きだすときには体の悪いものを出すイメージ
  • 息を吸う時は澄んだきれいな空気やよいものを取り入れるイメージで
  • ゆったりと吐き出して吸う時には自然に任せる

 

これらを丁寧に繰り返すだけ!

 

神経のバランスを意識的にコントロールできるのは呼吸だけと言われるそうです。

休まずに動き続ける頭と心、
呼吸を整えることでほんの少し休ませてあげましょう。

自然にリラックスできるはずです。





 

今回のまとめ

4月になり学校や仕事に転居など環境が変わり、
はじめのうちは張り切っていたのにGW明けにもなると心身ともに疲れが。

心身の息切れとも思われる不調があらわれるのが「5月病」というわけでした。

ほっておく5月病からうつ病移行するケースも少なくないというので、
早めの対処必要であります。

 

5月病は正式な病名ではなく、
精神科では「軽度のうつ病」「適応障害」と一過性の症状とされるとありました。

 

(主なな症状例)

  • 気持ちがさえない
  • やる気がでない
  • 朝起きれない
  • 自信がなくなる

などがありました。

 

これらの症状が長く続く要注意!

一番いけないのがほっとくことでありました。

 

新しい環境に追われてしまうのは子育てのお母さんたちも同様

子どもが新1年生になるとその準備から大変。

家事に育児に学校の用事やお付き合いなど超ハードワークが続く。

 

張り切ってスタートしたのに思うようにうまくできなかったり
解決を求めすぎ急ぎすぎと自分を見失い焦りまくる

こうして皆さんどんどんと疲れ切ってしまう

ストレスは溜まるいっぽう。

 

このストレス原因5月病にとなってしまう。

そこでストレスの発散し心と体の休み必要になるというわけでありました。

 

ストレスの発散方法とは!

 

(ストレスの発散方法の3つのキホン)

  1. 発散・・・おしゃべりやノートに書き出して考えや思いを吐き出す
  2. 楽しむ・・・そのためには「やらないことを決める」という時間管理・タスク管理
  3. 休息・・・休みなく働く頭と心を休ませるために「呼吸を整える

 

ストレスをため込まずに頭と心を休ませる方法。

今回は「5月病」を払拭させる、
リフレッシュとそれらと上手にお付き合いをする方法をご紹介してみました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク