こんにちは、管理人の小林 丸です。

今回は政治のお話しを取り上げてみたいと思います。

今、日本の政治は学校法人森友学園の、
財務省の決裁文書改ざん問題で大騒ぎであります。

誰が改ざんを命じたか、
安倍首相の関与はといつまでも続いております。

ところで日本の政治を執り行う機関はどこかというと、
それは「内閣」となります。

そもそも内閣って何をするところなんでしょうか?
国会と何が違うのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

政治とは何か?

「政治って何?」と、
子どもなんかに質問されるとちょっと言葉がつまります。

私だけでしょうか?(笑い)

早速、Googleで「とは?」検索をしますと、

 

~ここからが引用~

政治

国を治める活動。

権力を使って集団を動かしたり、
権力を得たり保ったりすることに関係がある現象。

~引用はここまで~

とあります。

 

簡単に言っちゃえば日本の何かをするために話し合って決める、
それが政治ってことでしょうか。

もしこの政治がなかったら、
世の中をどう治めるのでしょうか。

話し合いのない世界ですから、
暴力に支配された世界や国となってしまいます。

力の具合でものごとが決まってしまい、
弱い立場の人は強い立場の人に従うしかない世界。

そんな国になってもらったら困ります。

なので話しあう場があって当然でありますが、
その場はやっぱり重要なところでもあります。

ところで国民一人ひとりに与えられている権利、
それが「選挙権」となるわけですね。

そう考えてみると、
政治も選挙も身近でとても大切なことになりますね。

 

 

内閣と国会の違い!?

日本の政治は三権分立というスタイルをとってます。

三権とは「立法」、「行政」、「司法」の三権で、
互いにチェックしあうという仕組みであります。

ということは、立法=国会、行政=内閣、司法=裁判所と考えると、
これらの組織は全くの別組織でないといけないとなります。

とはいえ国会と内閣って、
基本的におんなじじゃん?と思えてしまいます。

この国会と内閣の違いって、
実は目的がぜんぜん違うということ。

国会は法律や国の予算などを決めるところ、
内閣は国会が決めた法律や予算を使って実際に政治を動かすところとなります。

なので内閣に「あれしよう」、「こうしよう」と言っても、
そこには法律があって簡単にものごとを決められません。

とならば法律を変えようとなり、
それが出来るのが国会となります。

国会では選挙で選ばれた議員がああだこうだと話し合い、
法律を変えるべきか変えないべきかと決めるわけであります。

そう考えると内閣(政府)と国会は、
ずいぶん立場や役割が違うということがわかります。



 

 

内閣って!?

総理大臣のことを「内閣総理大臣」って言います、
内閣の総理大臣なんですね。

総理大臣は国会議員の投票で決まり!

その内閣総理大臣が指名して各大臣が決まるという仕組み。

総理大臣は国会議員の中から選ばれないけど、
大臣ってメンバーの半分が国会議員であれば残り半分はそうじゃなくてもなれる。

これって知ってました?

 

ともかく選ばれた各大臣は、
それぞれを管理する省庁をもって動かすわけであります。

病院とか学校とか国が管理してますよね。

病院ならば厚生労働省で学校は文部科学省であり、
道路だったら国土交通省なんて具合。

なんとか省庁のリーダーが国務大臣であって、
大臣が各省庁の官僚を動かして政治を行うという仕組み。

ここで政治と官僚となり、
いつの時代でもニュースで取り上げられるというわけです。

 

 

今回のまとめ

森友問題でもそうです。

内閣が官僚を動かしているのか、
官僚が内閣を動かしているのか。

もしもある政治家の力が偏って強くなってしまう、
そんな力関係で日本の政治が動いてしまうなんてのはナンセンス。

国の政策は内閣(政府)が決めるわけですが、
それを話しあうのが閣議であります。

閣議は毎週火曜日と金曜日の午前中に行われる。

閣議決定なんてのはこの場で決まった政策となります。

森友問題を国会や内閣がああだこうだと言っているばかりでなく、
もっと他にもやらねばならない政策が山ほどあるはず。

そうそうマスコミも森友問題ばかりでなく、
ほかの重要な案件もしっかりと報道してもらいたいもの。

なんて具合に政治のこと政策のこと、
国会や内閣そして司法のことよく分からないで片づけられませんね。

日本を暮らしをもっとよくするために、
明るい未来のために何が必要か話し合いが必要です。

今回は政治のこと、
国会や内閣の違いなんてテーマで取り上げてみました。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク