巷では「お相撲ブームが再び!」との声も聞かれるようになったのもつかのま、新型コロナウィルス感染が広がる中、場所の中止や無観客場所の開催と大相撲も対応に大わらわ。そんな中、大相撲七月場所は約2,500人のお客様を迎えての開催となりました。令和2年9月場所もコロナ禍で7月場所同様の観客を迎えで東京両国国技館9月12日初日を迎えます。できることなら会場まで足を運び思い切り声援をもって応援しつつ大相撲を楽しみたいところ。コロナ禍の中、それでも観客を迎えて開催の9月場所も、じっくりと自宅のテレビ観戦で楽しんでみたいものです。そんな大相撲を楽しむために、「知っておきたい大相撲観戦基礎知識」をリライトしてのご紹介です。