「関数」タグの記事一覧

エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

ITガイド Excel

試験の結果、点数が150点以上なら「〇」、以下なら「×」と2段階で表示したい。または、3段階、4段階でランクを付けたい。このように、エクセルのセルの値に応じて表示内容や計算結果を変えたいという場面は多々あります。エクセルのIF関数を使って、こうした条件に応じた計算結果や表示を変更する、そんな条件分けのIF関数基本テクニックを見ていきましょう。

EXCELのOFFSET関数の使い方と他の関数との便利な組合せを解説

ITガイド Excel

今回はExcelの「OFFSET関数」の使い方を解説します。少々分かりづらいこの関数ですが、増減など稼働するデータの範囲指定に対応する関数なので、他の関数との組み合わせでその威力を発揮します。ちょっと理解を深めるととっても便利で役立つ、そんな知って得する関数のひとつであります。offset関数の基本はもちろん、よく使う「VLOOKUP関数」との組み合わせ例に、データの入力規則での応用なども、できるだけ分かりやすくご紹介します。少しでもご参考になればうれしく思います。

仕事効率化の切り札!素早くできるいろいろなエクセル合計関数の基本

Excel

こんにちは、釈和です。 今回はズバリ、エクセルの合計関数についてお伝えします。 数値の合計は日常よく使う計算。 単に合計と言ってもいろいろな計算方法があります。 基本的な合計から応用事例まで素早く計算ができる合計関数の基本とまとめのご紹介です。

Excel関数で文字列を自在に操るワザ

ITガイド Excel

こんにちは、釈和(シャカズ)です。 突然ですが、業務の中ではCSVやいろいろなバージョンのエクセルなどのソフトから、 データを取り込み利用することは多々あります。 ところが、こちらの希望通りにそろっているデータではないことも少なくありません。 苗字と名前の間に全角のスペースを入れて揃えたいとか、 逆にスペースを取り除いて揃えたいとかいろいろあります。 とはいえ、データをひとつひとつ手作業で直していくなんてのはナンセンス。 エクセルには文字列を自在に操ることができる関数があります。 これを使ったワザを覚えておくと、 どんなデータでもすっきり見やすく差込印刷などスッキリと利用することができます! 使い方、できるだけわかりやすくご紹介します。

関数の挿入

関数の構成 関数の式を入力するには、まず先頭に「=」(イコール)から入力となります。 イコールの次に、関数名を入力します。 続けて、カッコの間に引数を入力します。 最後に、カッコを閉じて「Enter」キーを押して完了です […]

ページの先頭へ