「関数」タグの記事一覧

エクセルの検索条件に一致するセルの値を合計するSUMIF関数の使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのSUMIF(サムイフ)関数は、指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータを合計する関数になります。COUNTIF関数は指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータをカウントする関数でした。COUNTIF関数とSUMIF関数は指定する計算式の引数が同じで、計算結果がカウントか合計かの違いなので合わせてマスターするのがおススメです。以下の記事でSUMIF関数の基本的な使い方をご紹介します。

エクセルで文字列を「&」や関数を使って文字列を結合する方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルでは別々のセルに入力した文字列を結合してひとつのセルに表示することができます。名簿の姓と名が別々のエルに入力されていた場合などで、姓と名をひとつの名前を一つのセルに表示することができます。今回は、「&」を使って結合する方法と関数を使って結合する方法をご紹介します。

エクセル関数の入力を完全マスターできる5つの方法-marusblog

ITガイド Excel

ビジネスでExcelを使う中、関数はよく利用されます。関数は「合計」や「平均」など基本的なものから、データ解析や経理・財務、営業管理にマーケティングとさまざまな分野で活躍します。よく使う関数だからこそ、より効果的に入力できたら便利でスキルアップにもつながります。仕事の早い人、正確な人はちょっとした作業の違いから大きく差が付きます。今回はExcel関数の5つの入力方法をご紹介します。

エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

ITガイド Excel

試験の結果、点数が150点以上なら「〇」、以下なら「×」と2段階で表示したい。または、3段階、4段階でランクを付けたい。このように、エクセルのセルの値に応じて表示内容や計算結果を変えたいという場面は多々あります。エクセルのIF関数を使って、こうした条件に応じた計算結果や表示を変更する、そんな条件分けのIF関数基本テクニックを見ていきましょう。

EXCELのOFFSET関数の使い方と他の関数との便利な組合せを解説

ITガイド Excel

今回はExcelの「OFFSET関数」の使い方を解説します。少々分かりづらいこの関数ですが、増減など稼働するデータの範囲指定に対応する関数なので、他の関数との組み合わせでその威力を発揮します。ちょっと理解を深めるととっても便利で役立つ、そんな知って得する関数のひとつであります。offset関数の基本はもちろん、よく使う「VLOOKUP関数」との組み合わせ例に、データの入力規則での応用なども、できるだけ分かりやすくご紹介します。少しでもご参考になればうれしく思います。

関数の挿入

関数の構成 関数の式を入力するには、まず先頭に「=」(イコール)から入力となります。 イコールの次に、関数名を入力します。 続けて、カッコの間に引数を入力します。 最後に、カッコを閉じて「Enter」キーを押して完了です […]

ページの先頭へ