「IF関数」タグの記事一覧

エクセルのIF関数とIFS関数で4つ以上の複数条件に対応する方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのIF関数は、複数条件に対応できるのでとても便利です。このときはIF関数の中にIF関数を入れて、細かく条件を分岐させて対応させます。条件は2つ、3つ、それ以上の条件に対応できる点も扱いやすいと言えると思います。ただ、複数条件が多くなるとその数式はとても煩雑になります。そんな悩みを解決する「IFS関数」も合わせてご紹介します。

エクセルで「0」を非表示にして表をスッキリさせる3つの方法-marusblog

ITガイド Excel

作成の表の「0」表示が多くなると見にくい表になりがちです。「0」と表示されたデータを非表示にしてスッキリした表にする方法をご紹介します。入力したデータの0表示を書式変更などを変更して非表示にする場合と、合計を計算した結果の0表示を関数を使って非表示にする方法など、3つの方法をご紹介します。

ExcelのVLOOKUP関数で他の表から必要なデータを自動転記の基礎と応用-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのVLOOKUP関数はIF関数同様とてもよく使う定番中の定番の関数。何しろシンプルなのにエレガントなふるまいは奥深く、利用する頻度も高く何しろ効率よろしく重宝します。入力のスピードアップはもちろん、転記のミスや漏れもないからとても安心です。IF関数はもちろん、IFFEROR関数、MATCH関数、INDEX関数とメジャー級の関数との組合せも豊富に使えます。今回はVLOOKUP関数の使い方の基本をはじめ、それら関数との組合せもいくつか解説してのご紹介です。

エクセル関数で表示されるエラーメッセージを関数で非表示にする方法-marusblog

ITガイド Excel

よく使う関数のひとつ「VLOOKUP関数」などで、計算の結果が「エラーメッセージ」になってしまう場合があります。このときに、「IF関数」や「IFERROR関数」を使って、「エラーメッセージ」を非表示にするすることができます。実際に「VLOOKUP関数」の例をもとに「IF関数」と「IFERROR関数」使ってエラーメッセージを非表示にする方法を解説します。

条件に一致したら「◎」や「×」を表示するエクセルIF関数の基本と使い方-marusblog

ITガイド Excel

「IF関数」は、条件に一致したら何かの処理をするまたは何かを表示する、条件に一致しないときも何かの処理をするまたは何かを表示するというように、条件を指定して処理を決める関数です。ここでは「IF関数」の構造、具体的に条件を指定しての「IF関数」の使い方を解説ご紹介します。

エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

ITガイド Excel

試験の結果、点数が150点以上なら「〇」、以下なら「×」と2段階で表示したい。または、3段階、4段階でランクを付けたい。このように、エクセルのセルの値に応じて表示内容や計算結果を変えたいという場面は多々あります。エクセルのIF関数を使って、こうした条件に応じた計算結果や表示を変更する、そんな条件分けのIF関数基本テクニックを見ていきましょう。

ページの先頭へ