「#IFERROR関数」タグの記事一覧

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数で0表示を空白にする

関数 PC Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数で0表示を空白表示にする方法のご紹介です。VLOOKUP関数を利用している際、ときに結果が0表示になってしまうことがあります。そのままでも構わないのですが、見た目がよくありません。0表示になったら自動的に空白表示にしたいもの。結果が0ならば空白を表示、そうでなければVLOOKUP関数を実行と条件関数のIF関数との組合せを利用します。組合せ方法と入力手順をご紹介します。

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せでエラーを空白にする方法

PC 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せ方法についてです。VLOOKUP関数を使って社員リストや顧客リストなどの情報を、社員コードなどから検索して該当データを参照し転記するなどよく使うとても便利な関数です。ところで、検索値が空白などの場合にはエラー表示になってしまうことがあります。この場合IF関数を組合わせて、空白には空白表示にする方法が一般的のようです。IFERROR関数との組合せでも同様な結果を得られます。IFERROR関数の構成はとてもシンプル、より便利で使い勝手がいい点、使い方を入力方法と合わせてご紹介します。

【Excel関数】5分で分かる!表から該当するデータを転記するVLOOKUP関数の基本

PC 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数です。エクセル関数の中でも特に使う頻度も高く代表的な関数のひとつ。社員リストや顧客リストなどの情報を、社員コードなどから検索して該当データを参照し転記することができるとても便利な関数。本記事ではVLOOKUP関数の特徴、基本の入力方法を解説します。VLOOKUP関数の基本を理解、マスターにつながるはずです。

【Excel関数】5分で分かる!エラー値を空白にする便利なIFERROR関数の使い方

関数 PC Excel

今回のテーマはエクセル「IFERROR関数」。関数名がIFではじまるIFERROR関数、もしエラーが表示されたら指定した値を返すことができる便利な関数です。エクセルの計算結果がエラー表示となるケースはよくあります。そのままでも問題はないのですが、エラー表示が邪魔になります。そこで、「IFERROR関数」でエラー値を空白にする方法をご紹介します。

エクセルのVLOOKUP関数で0やエラー表示を空白表示にする方法-marusblog

PC 関数 Excel

エクセル関数の中でも利用頻度が比較的に高いVLOOKUP関数では、計算結果が「0」であったり、「エラー」が表示されたりすることがあります。これは、参照先のセルが空白であったり、検索した値が見つからないことが原因です。0やエラー表示はできるだけ避けて空白にしたいものです。この記事では、0やエラー表示を空白で表示するそれぞれの方法をご紹介します。

エクセル関数で姓と名を分けたり結合する方法や一瞬で加工できるフラッシュフィル機能の使い方-marusblog

PC 関数 Excel

エクセルでよく目にする住所リスト。ひとつのセルに姓名が入力している場合もあれば、姓と名を分けて入力されている場合もあったりとさまざまです。エクセルにはこれらのデータを一瞬で分けたり結合したりするとても便利な機能があります。同じ機能を関数を使って行う方法と合わせてご紹介します。

ページの先頭へ