こんにちは、小林 丸です。

最近、先祖代々のお墓を継いでくれる人がいないと、
お墓の承継問題に悩む声が年々大きくなってきているようです。

それもそのはずどのご家庭も核家族で、
お墓を引き継ぎ守る子供たちも少ないしあてにならない。

または、子どもたちに迷惑をかけたくないという親御さんも多いようであります。

さて、承継できないお墓をどうしたらいいのか?

また、これからお墓を持とうとすると、
いったいどんな選択肢があるのか?

実は、墓じまいはお墓のはじまりであるのです。

今回は、そんなお墓の墓じまいと墓はじめについてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

墓じまいとは!?

遺骨を勝手に処分することはできませんし、
家の庭にお墓を作ることもできません。

海や山に勝手にまいて捨てるなんてことももちろんダメ。

火葬や埋葬に関してはちゃんと法律があります。

それが「墓地、埋葬等に関する法律」、
いわゆる墓埋法(ぼまいほう)です。

 

墓埋法

先祖代々のお墓は村に昔からある自然墓であったり、
お寺や霊園といったところがほとんどですね。

亡くなった人は火葬をして県知事の許可のある墓地などに埋葬しなければなりませんと、
「墓地、埋葬等に関する法律」に定められている通りであります。

無断で山や川に海など捨てたりまいたりするわけにはいかないわけです。

意外であるのは自宅で遺骨を保管することは法律違反ではない。

とはいえ、将来にわたってずっと家の中というのも限界があります、
やはり納めるべきところに納めたいもの。

 

墓じまいの流れ

そもそもお墓は子供に孫にと承継されていくことが大前提であるので、
承継が難しくなると途端に問題が生じてきます。

お墓を守る人がいなくなるのですから、
どうしたらいいのかと悩みは尽きません。

ましてやお墓の土地は購入したものではなく、
承継されている間借りているわけでましてや家のように売ることもできません。

そこで、承継問題を解決する手段として、
今あるお墓の「墓じまい」となるわけであります。

墓じまいといっても家族だけの問題ではなく、
親や兄弟など遺骨の故人とは身内の関係者は必ずいるはず。

そうした親戚などにも十分相談し、
理解した上での墓じまいとしなければなりません。

お墓がお寺の境内にありお寺の檀家であるならば、
まずは寺院とよく相談してという前提も言うまでもありませんね。

その上で、石材店に依頼して遺骨をとりだし墓石を廃棄処分してもらいます。

そして、使用していた土地を更地にしてもとに戻すという段取りとなります。

当然、依頼した石材店には費用が発生します。

 

離檀料

この時、檀家寺とのお付き合いも同様に承継できないとならば、
檀家を離れることにもなります。

このために今までのお礼を含めて「お布施」をいくらか包む用意が必要です。

最近ではこの「お布施」を「離檀料(りだんりょう)」と呼ばれますね。

あくまで「お布施」ですからお気持ちでということになるでしょうから、
高額な金額の提示も困りますし無視して礼を欠いた振る舞いというのも考えものであります。

こうして檀家寺と離檀しお墓を墓じまいを終えると、
これから取り出した先祖や家族の遺骨をどこに納めて祭るのかという問題が生じてきます。

これが、「墓じまい」が「墓はじまり」というわけであります。





 

墓はじめの選択

墓じまいをして墓はじまりの方も、
はじめてお墓を作る方もここでスタートとなるわけです。

ところでお墓にはどんな選択肢があるのでしょうか?

(お墓の選択)

  • 新たに近くの寺や霊園など移転先で新設
  • 両家墓や友人墓などお墓をリノベーション
  • とりあえず当面は自宅安置
  • 永代供養(永代供養付き墓、永代供養塔、海洋散骨、樹木葬、納骨堂など)
  • 合祀墓(永代供養の期間を終えて散骨された血縁のない合同のお墓)
  • 自然葬(海洋散骨、合祀墓など)

永代供養と合祀墓との違いが少々わかりづらいところがあります。

永代供養の永代とは永い間(例:33回忌まで)家族に変わって、
遺骨を預かり管理しその期間供養するというお墓になります。

期間のことを言っていますので型はさまざま。

永代供養付きの普通のお墓もあれば永代供養塔や、
樹木葬、屋内では納骨堂などがありますね。

海洋散骨も当然、許可のある業者に委託となります。

新たにお墓を移転するのか永代供養で一定期間供養をするのか、
その期間も持たずしていっそのこと海洋散骨や合祀墓とするのかといった選択になります。

お墓の選択というのはつまるところ、
供養の期間をどうするかということで形式が決まってくるというわけであります。





 

私の感想

供養というのはそもそも故人の冥福を祈ることであります。

仏教などでは亡くなった後に1周忌や3回忌など、
まるで生まれた子供が七五三を通して成人を迎えるように法要を営んでいきます。

これって亡くなった霊があの世で一人前になるまで、
供養をして家族で冥福を祈るという場であり時間経過をつかさどるところ、
それがお墓ということになると思うわけであります。

そう思うといきなり海洋散骨合祀墓散骨など手元に残らない形では、
供養もままならないとも思えます。

やっぱりしばしの期間供養ができ冥福を祈るお墓であり場所であって、
最終的には合祀というパターンでお願いをするという形式が無難ではないかと思えてもきます。

墓はじめにはどんなお墓を選択するべきかというよりも、
故人をどう供養して冥福を祈ったらいいのかという根本に立ち返り、
そこから、どのような形式で何が必要かと考えるべきかなと思うところです。





 

今回のまとめ

悩ましいお墓の承継問題は、
お墓のある人もない人も悩みは同じ。

お墓のある人は墓じまいをする必要があるのかないのか。

墓じまいの必要があればどのように墓じまいをすべきか。

そして、墓じまいはお墓の新たな始まりです。

新たなお墓をたてるのか両家墓等のお墓ににリノベーションするのか、
永代供養として一定期間供養と管理をお願いしその後合祀するという形式をとるべきか、
いっそのこと一定期間ももうけずに海洋散骨や合祀散骨とするのか。

問題は形式ありきではなく故人の冥福を祈る供養の形をどうすべきかということ、
お墓の型は供養の形の選択と考えてみるべきとまとめとしてみたわけであります。

今回は、お墓の墓じまいと墓はじめについてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク