毎日お世話になってます私のパソコンは、
Windowsで動いております。

さて、日ごろパソコンでお世話になっているといえば、
エクセルやインターネットといったアプリであります。

するとWindowsさんのことをついつい忘れてと言いましょうか、
とりあえずアプリさえよければ的についついWindowsさんのことを忘れてしまいがちなのであります。

といいますのは、つまりWindowsさんがあまりにも静かでおくゆかしくもその役割を担っているので、
その存在を忘れがちになっているというわけであります。

ところでWindowsさんってどんな存在、
そもそもアナタは何?ということを探ってみたいと思います。

 

Windows=OSってなに?

OSとは、ズバリ「Operating System (オペレーティング システム)」の略、
簡単に言えば基本ソフトであります。

エクセルやブラウザはアプリケーションソフトで、
OSとアプリとは同じソフトでも役割が違うんですね。

こんなことも実は知らなかったジブン。_(._.)_

なので、OS(オペレーションシステム)=基本ソフト=Windowsということになります。

このOSがなければパソコンはただの箱であります。

基本ソフトのOS(ここではWindows)があれば、
パソコンがこちらの意図にあわせていろいろと動いてくれるというわけです。

 

OSのドラえもん(ここではWindows)は、
電源が入るとキーボードやマウスやモニターにつながりいろいろと指示を出してくれます。

ユーザー側、つまりはこっちがしたいことを、
モニターをみながらキーボードやマウスで作業ができるようにあれこれ手配をしてくれるのです。

ドラえもんのポケットの中にあるのが様々な道具、
そう、エクセルもワードもネットをみるためのブラウザーもドラえもんのポケットの中にある(いれる)。

つまりドラえもんがのび太の助けを聞き入れていろいろな道具を出してくれるように、
OS=Windowsは=ドラえもんじゃんとジブンは理解しているわけです。

 

Windowsの歴史

Windowsが発売される前のOSには、
あぁ懐かしや「MS-DOS」というOSがありました。

今思うとその操作の面倒なこと、
いちいちキーボードで操作のひとつひとつを指示しないとならなかった。

それがWindowsになると、
マウスで感覚的に操作できるようになった画期的な転換でありました。

 

Windowsの歴史

・1995年 Windows 95
・1998年 Windows 98
・2000年 Windows 2000   Windows MillenniumEdition
・2001年 Windows Xp
・2007年 Windows Vista
・2009年 Windows 7
・2012年 Windows 8 (8.1)
・2015年 Windows 10

今でも職場ではWindows7であったり、
Xpもまだまだ生きてます。

サポートが終わってどうなっちゃうのかと不安に襲われながら、
なんだかんだととぼけてそれらを使い続けているんですがどうなんでしょう。

たしかにXPや7はなかなか優秀で、
安定していたOSであったように思います。

恐ろしく使いづらかったW8(W8.1)にちょっと弱弱しさのあったVistaと、
マイクロソフトさんもその歴史にはいろいろと悩まれた時期があったようですね。

Windows10になって落ち着いた感はありますが、
日進月歩、次のバージョンがどうなるのか気にもなります。

 

スマホ慣れの若い人ってパソコン(Windows)が苦手?

社会人になり仕事となると、
便利なスマホを操れても意味をなさない。

普通車を運転できるとおんなじで、
エクセル、ワード、パワポなどはある程度使えるのが普通。

パソコンを前にして電源を入れることができなかった新入社員がいた、
そんな話題を耳にするくらいスマホ時代の若い人の中にはパソコンを使えない人も少なくないらしい。

にわかに信じられないけど、
まんざらでもないかもと感じることはたびたび。

ネットはもちろん、エクセルやワードくらい多少できたからってたいしたことはないけど、
まったく使えないは問題であります。

エクセル、ワードもそうですが、
Windowsの操作や設定なども基本を身につけておきたいものであります。

 

今回のまとめ

今回のまとめ

ジブンがパソコンに初めてであったあの頃、
マウスも知らなかった。(笑い)

Windowsの登場で何もわかっちゃいなかったジブンでもパソコンを操作できるようになり、
おかげさまマイクロソフトさま、
ありがとうビル・ゲイツさま。

そして、お世話になりますWindowsであります。

ソフトをインストールするのも何十枚のフロッピーであったり、
表計算ソフトには「ロータス123」なんてのを使ってました。(あぁ懐かしい)

ワープロソフトを立ち上げ、
真っ白の画面を前にどうしたものかと絶句したこともありましたっけ。

職場のすべてのデスクの上にパソコンが鎮座しはじめたのはいつでしか、
今ではこれがなくして仕事にならない世の中変わるものです。

エクセル関数やインターネットの検索など、
便利な世の中の現代科学の恩恵に感謝する毎日であります。