こんにちは、小林 釈和です。

表を作成するとしますと、
すぐに思い浮かべるのがエクセルではないでしょうか?

表計算をする場合の表などであればエクセルが便利ですが、
文章作成における表の作成はワードの方が圧倒的にカンタンで便利です。

今回はサンプルを参照して、
表を挿入した案内文の作成を動画でご紹介です。

表を作成する基本操作からお伝えします。

  • 画像ではWord2013を使用しています
  • 動画終了後戻る矢印でブログに戻ります

 

スポンサードリンク

 

ワードで表を作成する!

表作の構成と表作成操作の基本を確認しましょう。

  1. 表の構成を理解する
  2. 表を挿入する
  3. 文字の入力
  4. 表の範囲(全体・行・列)を選択する

表作成操作の基本はこちらの動画で ⇒ 1.ワードで表を作成する

 

ワードのカンタン表加工!

表の加工操作を確認します。

マウスを使うだけでカンタンに素早く仕上げることができます。

  • 表のレイアウト(行・列の挿入と削除、列幅・行の高さ)を変更する
  • 表のサイズを変更する
  • セルの結合
  • セル内の配置の変更
  • 表の配置の変更
  • 表罫線の変更
  • セルの塗りつぶし
  • 表のスタイルを適用する
  • 段落罫線を設定する

表加工の操作はこちらの動画で ⇒ 2.ワードの簡単表加工

 

表を挿入して文章を作成する!

社員に向けて商品開発部からの新商品名の名称募集について、
表を挿入した案内文をサンプルを参照して作成していきます。

  1. 日付
  2. 発信先
  3. 発信元
  4. タイトル
  5. 本文
  6. 記書き
  7. 段落罫線
  8. 応募表

表挿入の案内文はこちらの動画で ⇒ 3.表を挿入して文章を作成する

 





 

今回のまとめ

A4サイズなど定形用紙サイズで表を挿入した案内文は、
ワードで作成するのが圧倒的に素早くきれいに作成することができます。

慣れたエクセルで作成することもできますが、
文章作成に関してはワードの方が圧倒的に便利です。

表の挿入も加工もほとんどがマウス操作だけで操作ができます。

操作を経験してワードの操作に慣れ、
エクセルとの使い分けでビジネススキルをアップしてみ手はいかがでしょうか?

今回は「ワードで表をサクサク作成する手順を動画で!」をお伝えしました。

いかがでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク