バカな人は、自分の知らない世界を知ろうとしない。賢い人は、自分の知らない世界を理解しようと努力する。現代人はいつのまにか自分の周りにさまざまな壁を作ってしまい、一元的な見方しかできなくなる。無意識に作ってしまう壁こそが「バカの壁」(著者養老孟子)。スマホ片手の現代人にこそ読み直すべき本であると「バカの壁」を要約してご紹介します。