「2021年10月」の記事一覧

悩ましいお墓の承継問題の後悔しない墓じまいと改葬の考え方-marusblog

くらしのガイド くらし

最近、先祖代々のお墓を継いでくれる人がいないと、お墓の承継問題に悩む声が年々大きくなってきているようです。それもそのはずどのご家庭も核家族で、お墓を引き継ぎ守る子供たちも少ないしあてにならない。または、子どもたちに迷惑をかけたくないという親御さんも多いようであります。さて、承継できないお墓をどうしたらいいのか?また、これからお墓を持とうとすると、いったいどんな選択肢があるのか?墓じまいと改葬の違い、起こりがちなトラブルなどご紹介します。

簡潔かつ明確に相手に伝える力が身につく「ビジネスは30秒で話せ!」-marusblog

ビジネス くらしのガイド

あらゆるビジネスにおいて、コミュニケーションは重要な要素であることはあきらかです。スピードの要求される現代においては、簡潔かつ明確に相手に伝え理解してもらえる「伝える力」は、すべてのビジネスパーソンにとって必須というのはいうまでもありません。自分の言いたいことが確実に、効果的に伝える方法とは何か。そのヒントがここにあります、ご紹介します。

ワードでまさかスペースキーを使ってませんか便利なインデントの使い方-marusblog

ITガイド Word

ワード文書を作成する際に、文字列の開始位置を調整したり、インデントを設定したりするためにスペースを入れる方は多いと思います。確かにスペースを入れることでインデントを設定できますが、うまく文字が揃わないことが多くあります。そもそも、その作業はかなりの手間がかかってしまいます。ワードのインデント機能を使えば、簡単な操作で速やかにインデントを設定することができます。文書のレイアウトを整える上でとても重要な役割を果たすインデント機能をこの機会にマスターしましょう。

エクセルの見出しタイトルが動いて困るを固定して解決する方法と裏技-marusblog

ITガイド Excel

エクセルで縦に長いデータを下にスクロールすると、見出しのタイトル枠も一緒に動いてしまい見えなくなってしまいます。各列のそれぞれのデータがなんのデータであるかが分かりにくくなってしまいます。大きなデータになれば縦の列に並ぶ項目も固定する必要も生じます。そこで、縦横にスクロールしてもデータの一番上にある行の見出しタイトル、縦に並ぶ列の見出しタイトルが常に見えるように設定し固定する方法と大きなデータを確認する裏技をご紹介します。

全然、想像と違った家族葬で後悔する人が続出している(週刊現代)-marusblog

くらしのガイド くらし

毎週月曜日発売、講談社「週刊現代」。2021年10月23・30日号では『「まさか」のそのためにいま夫婦でやっておく準備」の保存版大特集がいろいろと考えさせられます。とりあげた記事内容はどれもなかなか厄介な内容ばかり。誰で […]

大都市から地方への移住が人気を集める中で田舎暮らしへ移住の前にと森永卓郎氏の連載記事-marusblog

くらしのガイド くらし

東京で働くビジネスパーソンに「移住を考えたことがありますか」のアンケートで、半数近くが「移住に興味がある」とラジオのニュースから流れていました。コロナ禍でテレワークなど働き方が柔軟になったといった環境の変化が、移住の可能 […]

古いPCではビデオ会議トラブル続出PC購入するなら長く使える機種を選ぶことが大切(日経PC21)-marusblog

PC ITガイド

日経PC21(2021年11月号)では、「急速に普及したビデオ会議でトラブル続き」の記事が。コロナ禍で最近あるあると感じるひとつです。記事にはその原因と解決策が提示されています。最近の困りごとのひとつと感じている方も少なくないと思います。まだ本誌を手にされていない方など、記事を一部引用しながら、内容を要約してご紹介します。

ワードの箇条書きと段落番号の基本設定はTabキーの使い方がポイント-marusblog

ITガイド Word

ワードで文章を作成する際に覚えておきたい便利な機能に「箇条書きの設定」があります。複数の項目を箇条書きにする機能でよく使われます。この機能を使えば、簡単に箇条書きを入力することができるので、作業効率も格段にアップします。「箇条書き設定」の機能の使い方をマスターして使いこなしましょう。

がんは薬で治せる!?発売された画期的治療薬について週刊新潮2021年10月21日号-marusblog

健康 くらしのガイド

「実はがん患者の4分の1はこれで死んでいる、薬で治せる」と週刊新潮2021年10月21号の記事タイトル。ノンフィクション・ライターの上條昌史氏の特集記事は、特集だけあって少し長めの記事。「画期的な治療薬が発売された」ともあり興味津々。悩める患者さんやご家族の吉報になるのか、まだ本誌を手にされていない方に記事を要約してご紹介します。詳しくは週刊新潮2021年10月21号で確認されたし。

エクセルのデータ入力規則で日本語入力の全角や半角英数字の切り替えを自動にする方法-marusblog

ITガイド Excel

顧客リストや売上データなどのエクセルで作るデータベースの、各列の書式は一定のルールで入力されるのが原則です。たとえば、郵便番号や電話番号の列であれば「半角英数字」で、名前や商品名は「ひらがな」変換でと列ごとに書式ルールを決めて統一する必要があります。ところが、入力する際いちいち切り替えるのは面倒。そんなとき、半角、全角等を自動切換えする便利な機能が「データの入力規則」です。設定方法をご紹介します。

ページの先頭へ