エクセルのシートを勝手に変更されては困るといったときに、シートの保護を利用してシートの編集を禁止することができます。この場合は、「校閲」タブの「シートの保護」機能を利用して、シートの編集を禁止します。一部のセルだけは保護後も編集が可能にすることもできます。それらの設定方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ワークシートの編集を禁止する

エクセルで作成したデータや資料を共有して閲覧するときなど、勝手に編集されては困ります。このような場合には、エクセルのシート保護の機能を利用してシート編集を禁止することができます。

シートの内容を編集できなくする

シートの内容を閲覧者に勝手に変更されないように、「シートの保護」機能を設定します。

  1. リボン(メニューバー)の「校閲」をクリック。
  2. 「変更」グループの「シートの保護」をクリック。
  3. 「シートの保護」メニューの「シートとロックされたセルの内容を保護する(C)」のチェックを確認します。
  4. パスワードを設定する際には「シートの保護を解除するパスワード」でパスワードを入力します。未入力でも「シートの保護解除」をクリックで解除できます。
  5. 「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」の許可する操作にチェックを入れます。ここでは、「ロックされたセル範囲の選択」と「ロックされていないセル範囲の選択」のチェックを確認します。
  6. 「OK」ボタンを押します。

一部のセルだけ編集を可能にしたい

一部のセル(ここでは「C5」セル)だけは保護の対象とせず、シートの保護をした後も編集ができるようにする方法です。シートの保護設定を行う前に次の設定をしておきます。

  1. 編集可能セルを選択し右クリック、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「保護」タブをクリック。
  2. 「ロック」のチェックを外します。
  3. 「OK」ボタンを押します。

シートの保護を解除する

シートの保護を解除する手順です。

  1. リボン(メニューバー)の「校閲」をクリック。
  2. 「変更」グループの「シートの保護解除」をクリックでシート保護を解除します。

 





私の感想

エクセルで作成した資料やデータを共有するときなどは、今回ご紹介の編集ができないように設定をすることは必須です。特にエクセルの管理者、またはエクセルデータの作成者は、「シートの保護」設定は知っておく必要があります。

「シートの保護」設定時にパスワードを設定しておくと、セキュリティを簡単に高めることもできるので役に立ちます。編集が可能なセルは保護を解除しておくのも便利です。

 

エクセルデータの作成者や管理者は「シートの保護」設定は必須です。

 

(marusblog関連記事)

エクセルの見出しタイトルが動いて困るを固定して解決する方法と裏技-marusblog

エクセルで先頭行の見出しを固定して印刷する方法-marusblog

エクセルのデータ入力規則で日本語入力の全角や半角英数字の切り替えを自動にする方法-marusblog

今回のまとめ

エクセルのシートを勝手に変更されては困るといったときに、シートの保護を利用してシートの編集を禁止することができます。この場合は、「校閲」タブの「シートの保護」機能を利用して、シートの編集を禁止します。一部のセルだけは保護後も編集が可能にすることもできます。

シートの保護の設定方法、シートの保護の解除方法、そして一部のセルだけはシートの保護後も編集が可能な設定をご紹介しました。

 

「シートの保護」設定はエクセルを扱う上でひとつの必須スキルです。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク