自分で書いたメモやノートを見返しても内容がいまいちよくわからないなんてことないでしょうか。メモやノートは大切だとわかっていても、そのやり方がわからないと悩んだりしませんか。もっと成績をよくしたい、毎日をより充実したい、もっと効率よく仕事に活かしたい、ちょっとしたノートの取り方でその成果は大きく変わってくるようです。このお悩みを見事に解決してくれるのが情報整理に特化した「コーネル式ノート術」。まだ使っていない方の使うきっかけになればとその内容をご紹介します。

スポンサードリンク

コーネル式ノート術とは

コーネル式ノート術の使い方をご紹介します。

コーネル式ノートの特徴

まずは、コーネル式ノートの特徴のご紹介です。

コーネル式ノート術とは、1989年アメリカの名門コーネル大学の学生のためにWalter Pauk氏が開発したノート術です。その利便性の高さが評価され、現在アメリカの有名大学、研究機関などで最も多く導入されているメソッドになっているようです。

最大の特徴は、ノートの1ページをそれぞれ3つの領域に分けること。この領域をうまく使いわけることで思考の整理ができるのです。この3つの領域で情報を整理しながらノートを取ることができるので、メモがしやすく見返しても驚くほどわかりやすくなります。

コーネル式ノートは、さまざまな場面で活用できます。大学などでの勉強はもちろん、資格試験対策、ビジネスミーティング、読書などあらゆるノートを取る場面で活用することができます。

 

コーネル式ノート術は、ノートの1ページをそれぞれ3つの領域に分けて情報を整理し、さまざまな場面で活用できます。

コーネル式ノート術の使い方

右図のように、コーネル式ノートには3つの領域があります。

A.ノートの領域。
はじめに書き込む一番広いノートエリアです。授業や会議での主な内容など、箇条書きなどで簡潔に記録をしていく領域です。

わからなかったことなど追記ができるようにスペースを空けて、後から書き込みして情報をより正確に記録していきます。

・B.キーワード。ノートを見返りしながら重要に思うキーワードはもちろん、疑問点やひらめき、解決のヒントなどを書き留めます。見返したときにキーワードを見て、すぐに記録した内容がわかるようになります。

C.サマリー(要約)です。Aの内容やBのキーワードを振り返りながら、要点や決定事項にまとめます。これは復習時の確認、次の行動へのTODO、新たな疑問や課題なども明確にします。

 

コーネル式ノートの3つの領域は、A.ノート領域、B.キーワード、C.サマリー(要約)で情報を整理し、自分の言葉でわかりやすくまとめることができます。

 

ロフトネットストア

コーネル式ノート術のさまざまな使い方

コーネル式ノートはさまざまなシーンで使うことができます。

学習や試験勉強で使う

成績アップにはインプットとアウトプットが必要です。

  • A.ノートエリア:先生や講師の解説、黒板の記録をメモ(インプット)します。
  • B.キーワードエリア:重要なキーワード、ノートエリアの情報が解答となるであろう問題など。
  • C.サマリーエリア:キーワードをつなげると全体の要約となります。

 

コーネル式ノートのメソッドとは、インプットとアウトプットが同時にできるノートなのです。

独学や資格勉強で使う

教本や参考書を片手に、問題を解くときにもコーネル式ノートは有効です。

  • A.ノートエリア:教本や参考書の内容をメモでインプット、または問題を解きます
  • B.キーワードエリア:頻出キーワード、分からなかった用語、気づきなど
  • C.サマリーエリア:学習の要約

 

コーネル式ノートのメソッドとは、独学学習に最適です。

会議議事録で使う

会議の議事録などをまとめたり振り返りに役立ちます。

  • A.ノートエリア:会議の内容をメモします。
  • B.キーワードエリア:重要点、調べる必要性、行動すべきことなどキーワードを書き出します。
  • C.サマリーエリア:会議の要約、会議の決定事項などまとめます。

 

会議を通して状況と決定事項の確認はもちろん、次に何が必要なのか明確になります。

報告書・企画書・プレゼンの原稿に使う

ビジネスでは効率よく、漏れなく、相手に伝わる文章が重要です。

  • A.ノートエリア:見出し、本文の原稿
  • B.キーワードエリア:重要点、注意点、確認すべきこと、質疑の予想など
  • C.サマリーエリア:伝えたいことの要約

 

相手に情報を伝えるには準備が肝心、コーネル式ノートは原稿作成の準備に力を発揮します。

読書で使う

読書がより楽しくためになります。

  • A.ノートエリア:付箋、マーカーなどのチェック箇所
  • B.キーワードエリア:学んだこと感じたこと、ヒントやアイディアのキーワードを書き出す
  • C.サマリーエリア:この本を手にした理由、読んだ感想、今後どう活かすかなど

 

本を通して得た学び、心の動きを知ることで、自分を知り人として成長するのです。

習慣計画に使う

三日坊主が解消できます。

  • A.ノートエリア:新しく取り組む習慣の計画を立てる(何を、どのように、どれくらいなど)
  • B.キーワードエリア:注意事項、自分への励まし、守るべきことなど
  • C.サマリーエリア:目的、習慣にしたい理由、目指すゴールなど

 

いつ、何を、どのように、どれくらい、何の目的で、具体化できるから習慣になるのです。

1日のTODO管理と振り返りに使う

毎日の計画と記録に使います。

  • A.ノートエリア:今日の予定、TODOリスト、新しいタスクメモ、振り返りメモ
  • B.キーワードエリア:重要点、注意点、確認すべきこと、すべきこと、連絡事項など
  • C.サマリーエリア:今日の要約、振り返りまとめ、次のアクションへ

 

年次、月次、週次、日次のスケジュール、タスク管理にもコーネル式ノートは活用できます。

 

ロフトネットストア

私の感想

メモの悩みが解決しました。

・コーネル式ノートで使いやすい。いろいろなノート術を試したですが、どれも使いやすく、悩まずメモをしてキーワードでチェックしまとめることにつながるのでとても気に入っています。

学研ステイフル ノート コーネルメソッド 6mm 横罫 B5 3冊セット D06901 ブルー

・自分と会話、復唱できるので頭に入り覚えやすい。ノートエリアにメモしながらキーワードを書き出している作業は、まさに自分との会話。復唱しながらサマリーもまとめることにつながるので、とても頭に入りやすく記憶に残ります。

・コーネル式ノートは見返してもわかりやすい。どんな場面でもメモをまとめることができ、後で見返ししてもその内容がよくわかる点がとても役立ちます。さらにメモを追記したり、アイディアがひらめいたりと新しい発見もあり、記録したノートを活かすことができるのでとても楽しく使っています。

 

コールネル式ノートは使いやすく、自分との会話ができるので覚えやすく、見返してもとてもわかりやすい、便利で楽しいノート術です。

ロフトネットストア

(marusblog記事紹介)

“メモの魔力”と”リストの魔法”と”バレットジャーナルの魔術”の3つの最強メモ術でメモと手帳の達人になる-marusblog

自分の人生に起きていること全部を記録するバレットジャーナル手帳術の使い方-marusblog

なぜやることリストがやらずの山積みになってしまうのかを解決する方法-marusblog

今回のまとめ

今回は、コーネル式ノート術のご紹介でした。

・コーネル式ノート術は利便性の高さが評価されています。1989年アメリカの名門コーネル大学のWalter Pauk氏が開発したノート術です。現在アメリカの有名大学、研究機関などで最も多く導入されているメソッドになっています。

・コーネル式ノート術の特徴はノート1ページを3つの領域に分けることです。A.ノート領域、B.キーワード、C.サマリー(要約)で情報を整理し、自分の言葉でわかりやすくまとめることができます。

コーネル式ノートのメソッドとは”インプット”と”アウトプット”が同時にできるです。そのためさまざまな場面で活用することができます。学習や試験勉強はもちろん、独学や資格勉強、職場の会議議事録、報告書・企画書・プレゼンの原稿、読書記録、習慣計画、1日のTODO管理と振り返りなど、3つの領域の具体的な使い方をご紹介しました。

 

コーネル式ノート術は利便性の高さが評価され1ページを3つの領域に分けて使うことが特徴、インプットとアウトプットが同時にできるので学習をはじめさまざまな場面で活用することができます。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

生活・文化ランキング

スポンサードリンク