ミニマム的仕事術(2 / 3ページ目)

探してばかりにサヨナラ考えない書類整理で書類の迷子を救う方法-marusblog

Business

書類の整理は悩ましいものです。きちんとファイリングすればいいのですが、書類を分類して整理するのもなかなか容易ではありません。たとえそれができたとしても、後になって必要な書類がどのファイルに保管してるのか分からなくなってしまうのも悩ましいものです。保管する場所だって限りがあります。書類はまさに次々と運ばれる荷物の、油断をするとどんどんたまって見失ってしまいます。今回はこの問題解決を探って考案した内容をご紹介します。ご参考になればうれしく思うわけです。

テレアポや訪問営業はいらないコロナ禍で脱訪問営業加速進むべき営業の姿とは-marusblog

Business

今朝も早くから営業部はミーティング、恒例の◯◯キャンペーンの各自目標数値の確認と意気込みの確認です。そこには「顧客」の「こ」の字もない。自分たちが背負わされている数字をクリアするためだけの思考回路が、身近にも未だに繰り広げられている。そんな営業体制に莫大な経費を使って、顧客も望んでないアプローチが続けられる。これでいいのでしょうか?とはいえ、「営業目標は必須、なくてどうする」と、「人生そんなに甘くない!」言われると返す言葉が見当たらない。本当にそうなのでしょうか?今回は営業について、三戸政和著SB新書「営業はいらない」に学びます。

パワハラ相談上昇中職場のそれはパワハラになるのかその対処法は-marusblog

Business

2020年6月1日は"パワハラ防止法"が施行となりました。これによって、パワーハラスメントの定義が定められ、企業にパワーハラスメント(パワハラ)の防止を義務付けられることになりました。最近では、もうセクハラとかパワハラとか違和感もなく普通に使われるようになってきました。それだけハラスメントに悩む人も多いということのようです。パワハラの内容が悪質な場合は企業名の公表も検討されているとも。パワーハラスメント(パワハラ)についてあらためて整理してみました。

ビジネスで成果が上がるコミュニケーションと言葉のヒント-marusblog

Business

ネットの記事に、コンビニ店員さんとお客様との関係、方やメルセデスベンツの営業トップの勝負は30分のエピソードが、なるほどと思いながらIT時代だからこその視点にも興味があり参考になりました。ネット記事を引用しながらご紹介します。(この記事は過去のリライトにて再度のご紹介です)

伝わりやすい上手な話し方のちょっとしたコツ-marusblog

Business

話し方が下手ですと相手になかなか言いたいことが伝わらない。職場で上司や部下とのコミュニケーションも、顧客との商談がうまく進まないと悩まれていませんか。人前で緊張して言いたいことを上手く言えないどころか、そもそも普段から相手に上手く伝わらないなど。悩みはなかなか深いのであります。それでも、ちょっとしたコツで大きく改善ができるようです。そこで今回は、上手で伝わりやすい話し方のコツをご紹介します。

なぜアマゾンの会議でパワーポイントがNGなのかの理由を知ってやるべきこと-marusblog

Business

会社や組織にとって「会議」は不可欠です。重要事項の決定や新規事業の検討、計画の進捗報告などなど枚挙にいとまがない。会議では資料が重要となり、その多くがマイクロソフト社のパワーポイントを使って、資料を作成したりプレゼンで説明をしたりとする場面も多く見受けられます。ところで、あのアマゾン社では、パワーポイントを禁止しているというのです。それは一体なぜなのでしょうか。パワポ禁止の理由と、あるべき会議資料のあり方を探りました。

デスクが書類の山でお悩みの方今すぐできるデスクまわりの整理術-marusblog

Business Life

こんにちは、釈和です。 PCの普及でペーパレスになっているはずなのに、 なぜか目の前のデスクには書類の山。 どこに何があるのかなんて分からないのはもちろん、 必要な書類を探すのでさえもエラク時間がかかってしまう。 そんな人、あなたの周りにいませんか? いやいや自分自身のことなのかも知れませんね。 いずれにしても、多くの方が書類やモノの整理の悩みを抱えています。 そこで今回は、「今すぐできるデスクまわりの整理術」をお伝えしたいと思います。

子供の学力が必ず伸びる大人の成果が必ず出る画期的な方法-marusblog

Business

東京・吉祥寺の進学塾VAMOSは入塾テストなしの先着順と、生徒を選ばないのに有名難関校に続々合格させていると話題になっている。いったい、何が成果に結びつかせているのでしょうか?そこには意外な逆転の発想がありました。コロナ禍の逆境の中、問題を切り開くヒントになるのでは?とご紹介します。

ページの先頭へ