「ITガイド」の記事一覧(2 / 8ページ目)

エクセル関数で姓と名を分けたり結合する方法や一瞬で加工できるフラッシュフィル機能の使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルでよく目にする住所リスト。ひとつのセルに姓名が入力している場合もあれば、姓と名を分けて入力されている場合もあったりとさまざまです。エクセルにはこれらのデータを一瞬で分けたり結合したりするとても便利な機能があります。同じ機能を関数を使って行う方法と合わせてご紹介します。

エクセルのセル内にある余分なスペースを取り除く方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルデーターのセル内に入力されているデータには、余分なスペースなどでセル内のデータがバラバラになってしまうことがあります。さらに、そのスペースは半角スペースであったり全角スペースとこちらもバラバラで、どうにか統一する必要が生じます。この問題を関数を使わずに削除してデータを整える方法や、関数を使って文字列をきれいにする方法をご紹介します。

エクセルで文字列を「&」や関数を使って文字列を結合する方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルでは別々のセルに入力した文字列を結合してひとつのセルに表示することができます。名簿の姓と名が別々のエルに入力されていた場合などで、姓と名をひとつの名前を一つのセルに表示することができます。今回は、「&」を使って結合する方法と関数を使って結合する方法をご紹介します。

ワードの表示が変用紙サイズA4なのに正方形状態になってしまった時の直し方-marusblog

ITガイド Word

マイクロソフトのワード(Word)を利用していると、なんかの拍子に用紙サイズがA4なのに、表示されている画面は正方形に近い形になってしまっているということがあります。設定を変えても表示方法を確認しても、設定が変わっているわけでもなく困ってしまいます。この表示は何の為にあるのか、そして元の表示に戻す方法をご紹介します。

ワードで用紙内の位置を指定してテキストボックスや図形を印刷する方法-marusblog

ITガイド Word

担当者が困り果てていたのが、会員宛の通知書を失敗したからでした。通知書には印紙も貼られ割印もされて完成されていたのに、なんと日付が違っていた。枚数は50枚以上もある、どうしようと困っていたのです。そこで、日付に訂正の2本 […]

エクセルのIF関数とIFS関数で4つ以上の複数条件に対応する方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのIF関数は、複数条件に対応できるのでとても便利です。このときはIF関数の中にIF関数を入れて、細かく条件を分岐させて対応させます。条件は2つ、3つ、それ以上の条件に対応できる点も扱いやすいと言えると思います。ただ、複数条件が多くなるとその数式はとても煩雑になります。そんな悩みを解決する「IFS関数」も合わせてご紹介します。

エクセルもワードもマウスではなく「Alt」キーを使って操作の達人になる-marusblog

ITガイド Excel Word

エクセルでもワードでも、例えば作成したデータを名前を付けて保存したり、プリントアウトをしたり、PCに作業を指示するにはマウスを使いうのが通常です。ところで、これらの一連の作業をマウスに手を持ち替えることなく、キーボードに手をおいたままできるとしたら、作業は驚くほどスピーディに進むので超おススメ。キーボードで作業を指示するポイントは「Alt」キーを使うことです。今回は、この「Alt」キーの便利な使い方をご紹介します。

ページの先頭へ