「くらし」の記事一覧(2 / 8ページ目)

さっさと片付けができる片付けの3つの極意であなたは片付けの神様になれる-marusblog

本の要約 くらしのガイド くらし

新しい年には新規一審とばかりに自宅の環境をアップデートしたいと、散らかっている自分の部屋の片づけに手を出したもののすっかり元通り。まもなく新生活がはじまる季節に今度こそはと覚悟をきめるものの、段取りを考えただけでもうんざり。できるだけ労力かけずにさっさと片づく方法はないものかと嘆くばかり。そんな方に少しでもお役に立てればと、片づけのコツのピンポイント情報をご紹介します。

デキる男ほど家事をやる/家事野郎をデビューさせる理由がここに-marusblog

くらしのガイド くらし

毎日の家事、朝早くから食事の支度、流し台には洗い物が溜まり、脱衣所には洗濯の山。リモートワークで家にいる時間が増えたにもかかわらず、家事が進むどころか片づくことなくストレスが増すばかり。そんな経験はどこのご家庭でもあるはず。共働きで家事がおろそかにならぬよう、もっと楽にできないか、家事のストレスフリーは可能か。「家事こそ、最強のビジネストレーニングである」、この問題を解決に導く内容の要約をご紹介します。

人は話し方が9割-コミュニケーション上手な人たちが使っている話し方にはコツがある-marusblog

ビジネス くらしのガイド くらし

もっと会話が上手にできたらと悩むビジネスパーソンは少なくない。だからでしょうか、世の中に話し方に関するビジネス書が山ほどあります。「人は話し方が9割」もそのひとつです。本書は2021年間ランキング総合1位のペストセラー。本書がお伝えするのはコミュニケーションの基本となる話し方がうまくできるように、そのエッセンスで溢れています。けして営業マン向けでも、社内のプレゼンテーションのコツなどではありません。話し方の本質とは何か、要約してご紹介します。

禅は言葉ではなく体験知れば禅できっと心が軽くなる-marusblog

ビジネス くらしのガイド くらし

かのスティーブ・ジョブズ氏が日本の「禅」に傾倒していたことはよく知られています。外国人の経営者やデザイナーなどで禅に影響を受けたと公言する人も多いと聞きます。日本に暮らし仏教や禅とのつながりは他国の人よりも身近にふれているのに、その魅力や効力がよくわかりません。たまたま目にした書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」で配信された京都妙心寺退蔵院副住職の松山大耕氏のコンテンツ。禅のことを知るきっかけになるようです。一部引用にて要約をご紹介します。

買い物の仕方を変えれば無駄な出費も防げて時短につながる一石二鳥の買い物術-marusblog

くらしのガイド くらし

冷蔵庫には余りもの食材が気になるのに、買い物は毎日これでもかとまた増えていくばかり。妻に言わせれば「安かったからつい買っちゃった」と、相変わらず動機が不純。毎日の買い物の何がいけないのか、どうすれば買い物の節約ができるのか。週刊女性(2022年1月1日号)で『「~しない」買い物節約』の記事が、買い物節約の仕方について取り上げています。無駄な買い物や出費を防ぎ時短にもつながると一石二鳥の買い物節約術、本記事を要約してご紹介します。

不要なモノを買い取ってもらうのは買取業者かフリマアプリか!?モノに特化した買取サービスのご紹介-marusublog

くらしのガイド くらし

年末年始に向けて断捨離により力が入ったり、いよいよ大掃除となると着なくなった洋服や使わなかったおもちゃ、もう読まない本など不用品ばかりがワンサカ出てきます。ただのゴミとして出してしまえばそれまでですが、買い取りサービスやリサイクル業者に出せば現金となって返ってくることもあります。買い取り業者や買取方法は年々選択肢が増えているようです。今回は、売りたいモノに特化した買取サービス各社のご紹介です。

娘がコワい母やさしくなれない娘うまくいかない母娘のなぜを改善する考え方-marusblog

くらしのガイド くらし

「いつも娘から怒られる」「ついつい母親に厳しくあたってしまう」。そんな母娘(ははこ)関係について週刊朝日(12月3日号)で『娘がコワイ母、優しくなれない娘』と題する記事が問題提起をされています。高齢になる母と娘の関係なぜかうまくいかないのか。要因はなにか、改善策はあるのか。脳科学専門家黒川伊保子さんの「母のトリセツ」と合わせて要約を一部引用にてご紹介します。

終活は今を生きる大人のたしなみ大まかにすれば自分も家族も楽になる-marusblog

くらしのガイド くらし

50代からの生き方・暮らし方マガジン「ハルメク」の2021年121月号に、「家族も自分も後悔しない終活これさえあれば大丈夫」と題する終活特集の記事があります。「終活は今を生きる大人のたしなみ」と新鮮な視線でとてもわかりやすく参考になる記事内容です。たしかに本記事は終活をテーマにしているものの、それは現代に生きる生活の術を教えてくれているようです。そこで今回は、「大人のたしなみとしての終活について」の本誌記事を参考に現代に生きる生活の術たるやをご紹介します。

同世代からも忌避(きひ)されるおじさんには共通点があった嫌われる中年の肖像-marusblog

くらしのガイド くらし

週刊SPA!(2021年11月9・16日合併号)の「おじさん受難の時代が到来」記事が、悲哀がただよいそのあるあるが面白い。表紙の記事概要には下の世代からの揶揄にとどまらず、手をとりあうべき同世代から嫌われてしまうこともあ […]

認知症の症状それにはすべて理由がある認知症の人が見えている世界とは-marusblog

健康 くらしのガイド くらし

最近、身の回りでも認知症に関する話をよく耳にするようになりました。残念ながら高齢で長生きされる方が増えてくると、どうしても認知症患者さんも増えている。明日は我が家か我が身かと心配にもなります中、認知症になるとなにもかも忘れてしまって、それが原因で家族にも周りの人にも困らせてしまうとばかりに考えがち。ところが、認知症になるとなにもかもわからなくなるわけではないというのです。認知症になった方々こそ、戸惑いと不安の中で生きている。そうした認知症の人に見えている世界を知ってこそ、認知症の方々との接し方も変わってくるようです。

ページの先頭へ