「くらし」の記事一覧(2 / 8ページ目)

小室圭さんと眞子さんの記者会見を夜更けのなわとびはこう見る-marusblog

くらしのガイド くらし

週刊文春連載エッセイ、林真理子さんの「夜更けのなわとび」。2021年11月11号は、話題の小室圭さんと眞子さんの結婚記者会見にふれています。そこには皇室はもちろんお二人を非難するわけでもなく、林さんが抱く「被害者の言語」なるある疑問について、林流の自然で流れるように読みやすいエッセイが問題の本質を語っています。一部引用にてご紹介します。

悩ましいお墓の承継問題の後悔しない墓じまいと改葬の考え方-marusblog

くらしのガイド くらし

最近、先祖代々のお墓を継いでくれる人がいないと、お墓の承継問題に悩む声が年々大きくなってきているようです。それもそのはずどのご家庭も核家族で、お墓を引き継ぎ守る子供たちも少ないしあてにならない。または、子どもたちに迷惑をかけたくないという親御さんも多いようであります。さて、承継できないお墓をどうしたらいいのか?また、これからお墓を持とうとすると、いったいどんな選択肢があるのか?墓じまいと改葬の違い、起こりがちなトラブルなどご紹介します。

全然、想像と違った家族葬で後悔する人が続出している(週刊現代)-marusblog

くらしのガイド くらし

毎週月曜日発売、講談社「週刊現代」。2021年10月23・30日号では『「まさか」のそのためにいま夫婦でやっておく準備」の保存版大特集がいろいろと考えさせられます。とりあげた記事内容はどれもなかなか厄介な内容ばかり。誰で […]

大都市から地方への移住が人気を集める中で田舎暮らしへ移住の前にと森永卓郎氏の連載記事-marusblog

くらしのガイド くらし

東京で働くビジネスパーソンに「移住を考えたことがありますか」のアンケートで、半数近くが「移住に興味がある」とラジオのニュースから流れていました。コロナ禍でテレワークなど働き方が柔軟になったといった環境の変化が、移住の可能 […]

添加物の問題手間のかかる和食の悩みを解決家庭の健康としあわせを導く秘伝「魔法の調味料」-marusblog

健康 くらしのガイド くらし

70万部のベストセラー「食品の裏側」で著者安倍司氏は、食品添加物の現状や食生活の危機を訴えた。いまなおロングセラーの本書に、「何を食べたらいいのか?」という読者の質問に対する答えを15年の歳月をかけて考案したレシピ、『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安倍ごはんベスト102レシピ』を発行。プロもうなずく和食をいとも簡単に作ってしまう究極のワザは、著者が開発した「魔法の調味料」。添加物の問題、手間のかかる和食の問題、食品の健康の問題、これらをすべて解決に導く「魔法の調味料」のご紹介です。

今さら聞けない電子レンジ使い方のキホン-marusblog

くらしのガイド くらし

電子レンジは、それはそれは大変お世話になりっぱなし。食品を温めるたり解凍したり調理に使ったりと、台所にはなくてはならない電化製品のひとつ。ところが、使い方はというとなんとなくラップをかけて、適当な時間でチンなんて具合で、ときにはウィンナーソーセージやラップが破裂したり、思い切り焦がしてしまったりと失敗も多々あります。今さら聞けないことですが、まずは意外と知らない電子レンジのキホンをおさらいしてみましょう。

引き寄せの力をかりて自分の運をよくする方法-marusblog

くらしのガイド くらし

運を引き寄せる、自分の望みを引き寄せるなんて、そんな法則があるのなら何をさておいてもやってみようじゃぁないかと思うのですが、なかなかそう前振りのようなことは起こらない。それでも引き寄せの法則は脈々と世の中に浸透している。どうしたら望みや願いを引き寄せることができるのか。この本に出合ってわかったように思います。そこで、この著書の内容をもとに引き寄せの力をかりて自分の運をよくする方法をご紹介します。

勉強しろと言わないのに勉強する子供に育つための親の考え方接し方-marusblog

くらしのガイド くらし

前回、「スポーツを頑張る子供たちをつぶす大人と育てる大人の特徴」を、ネット記事からご紹介した中に、指導者があれやこれやと命令口調で叱咤激励する接し方と、選手自らが考え行動して改善していくというプロセスを見守る指導者の特徴を比べてその内容をご紹介しました。それならば「勉強しろと言わないのに勉強する子供に育つための親の考え方接し方」について、前回同様ネット記事からポイントをご紹介します。

スポーツを頑張る子供たちをつぶす大人育てる大人の特徴-marusblog

くらしのガイド くらし

2020年東京オリンピックの日本代表選手の大活躍、特に若い人たちの躍進は目を見張るものがありました。そこには、指導者があれやれこれやれと命令口調で叱咤激励する接し方とは違う、選手自らが考え行動して改善していくというプロセスを見守る指導者の方々の影響が大きかったのではないか。実際、スポーツを頑張る子供たちをつぶす大人もいれば育てる大人もいる。そこにはなにがあるのか。ネット記事を引用しながらご紹介します。

ページの先頭へ