今回のテーマは自分をほめて「いまの自分で大丈夫なんだ」と自信がつくほめほめノートのご紹介です。「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ)で、精神科医の保坂隆先生が「環境の変化による不調と対策」についての解説がありました。新しい年、特に新学期、就職、転勤と生活は変わる時期、体調を崩すだけでなく気持ちも落ち込んでしまう、そんな人も少なくない。その原因とほめほめノートによる対処法についてのご紹介です。いまの自分、素の自分で大丈夫なのです。

 

スポンサードリンク

気持ちが落ち込む原因

精神科医の保坂隆先生の原因解説。

保坂サイコロジー・クリニック

こんなこと感じていませんか

ふとすると、
気分が落ち込んでいることに気がつく。

 

たとえば、

  • 自分のことを否定しがち
  • 行き詰まりを感じる
  • 不安ばかり感じてしまう
  • 一歩がなかなか踏み出せない
  • 自分には自信がないと感じてしまう
  • 人の悪いところばかり気になる

 

ため息が聞こえてきそうです。

 

落ち込む原因はいったいなんでしょう!?

生活の変化と緊張

新しい年の新たな気持ちでスタート。

なのにすぐ、元の木阿弥。

 

新年の抱負も誓いもすぐに忘れてしまって、
現実のあれこれに振り回されっぱなし。

 

自分を見失ってしまう。

 

やがて新年度がスタートし、入社、入学、転勤など、
環境が大きく変わりいつも以上に緊張する時期へと続きます。

 

そこで注意してほしいのは、

  • がんばりすぎないこと

 

日本人はどうしてもがんばりすぎてしまい、
新しく掲げた抱負や目標にムリしてしまう。

 

環境変化の初期段階で早く慣れようとか、
よく見せようとか頑張ってしまう。

 

この緊張が続くと気持ちも落ち込み、
体調を崩しやすくなるというわけです。

 

肩の力を抜いて心地よい生活を目指してほしいと、保坂先生のアドバイスがあたたかい。

新しい人間関係の緊張

新しい年を人間関係も新たにと思ってもつかの間。

ましてや環境が変わると、
新しい人間関係にも悩む人が多くなります。

 

保坂先生のアドバイスも続きます。

 

そもそも、

  • 自分にピッタリ合う人なんかいない

 

先輩や同僚に上司とか、
そもそも自分とぴったり合う人なんていないのです。

 

こんな人は要注意、

  • 人に良く思われたいと強く思っちゃうタイプ

 

新たな気持ちでもやがて、
心の健康を害してしまいやすいのだと。

 

最初から素の自分のままで、

  • まわりの空気にむりに合わせようとしないこと
  • 素の自分でいいんだと割り切った人間関係で良しとするのがいい

 

なるほど、すべての人に合わせる必要はないのです。

 

「素の自分」でいられるにはどうすればいいのでしょう!?

素の自分になるための「ほめほめノート」

“素の自分”でいられるために自分を自分でほめる、
「ほめほめノート」がおススメと保坂先生の対処法をご紹介します。

ほめほめノートとは

「ほめほめノート」とは、
自分を自分でほめるためのノート。

1日10個ずつ、自分のことをほめていく。

 

引用元:自分をほめるためのノート「ほめほめノート」をつくりました。(考案者:牧野彰邦)

 

えっ、

  • 1日10個、そんなに褒めることなんてできない

 

たしかにそう思ってしまいます。

逆に、ほおっておいたら、
自分の悪いところばかりに目がいってしまいがち。

 

だからこそ、

  • 意識的に自分のいいところにフォーカスしてみる

 

「ほめほめノート」は、自分のいいところを見つけて”ほめる”、とてもシンプルな方法なのです。

ほめほめノートの効果とは

「ほめほめノート」を書き続けていくうちに、
少しずつ自分のいいところを発見するクセが身につきはじめます。

 

なんでもないことに「いいね!」、
「よくやったね!」と思えるようになっていきます。

 

やがて気づきます、

  • 自分は何もできないと思い込んでいただけだったと

 

今、自分にできること、できたこと、
あるものに意識を向けて自分をほめてあげる。

 

すると、

  • 想像以上にたくさんのほめることが自分自身から湧き出てくる

 

だから楽しくなる、自信が湧いてくる。

 

やがて気づきます、「今の自分で大丈夫なんだ」と。

ほめ方のコツ

引用元を参考に、自分の「ほめ方のコツ」を3つをご紹介します。

ほめ方のコツ-その1

 「今できていることをほめる」。

 

あれができたら、成績が上がったら、
なんて気をもんでしまいがち。

 

まずは今の自分がすでにできていることを、
きちんとほめてあげる。

 

たとえば、

  • 今朝はいつもより5分早く起きることができた
  • 今日、昼食後いつもの一服をがまんすることができた
  • 帰宅した今、玄関で靴を揃えてみた
  • etc・・・

 

「ほめるほどでもない…」、なんて思わない。

 

今できたことをほめてみると不思議な力が湧いてきます。

ほめ方のコツ-その2

「ささいなことでもほめる」。

 

自分を高望みしているのか、
だから私はなかなか自分を褒められない?

 

なぜか、

  • ほめのハードルが高すぎる

 

なので、

  • 思い切りハードルを下げちゃう

 

ささいなことでも自分をほめる。

  • 妻に言われる前にゴミ出しをした
  • 資格試験のテキストを1ページだけ読んでみた
  • 朝のストレッチ目標、スクワットを10回やれた
  • etc…

 

ささいなことなら自分でもほめられる、自分の「いいね」がうれしくなる。

ほめ方のコツ-その3

「他人と比べない!?」。

 

結局、他人と比べている自分。

  • もっと自分に目を向けて

 

昨日よりも今日できたこと、
小さなチャレンジしてみたこと。

 

ほかにもいろいろ、

  • とりあえず今日は元気でいるじゃないか!
  • 料理が得意じゃん!
  • 目標体重を維持できているぞ!
  • etc…

 

そうなんです、

  • 他人と比べる必要なんてこれっぽちもいらない

 

他人と比べる必要はないと思うと気持ちが楽になる、自分を見つめていると不思議と前向きになる。

オリジナルほめほめノート

「ほめほめノート」とはいえ、使うノートに特別な決まりはありません。

使っている手帳でほめほめ

普段使っているメモ手帳、
ToDoなど書き込んでいる手帳。

 

ちょっとした空き時間に手帳を振り返り、

  • 気づいた「ほめほめメモ」を書き留める
  • 「◎」マークを書き込んでみる

 

使っている手帳を通して自分をほめる時間を確保してみる。

「ほめほめ」の効能

自分の手帳やノートで自分をほめる続ける、
習慣化すると効能も実感するはずです。

 

ほめほめの効能例、

  • ストレスが減る,不安が減る
  • 前向きになる,自信が湧いてくる
  • 一歩が踏み込める
  • 他人のいいところを見るようになる
  • 自分を家族をもっと大切にしようと思える,小さなことでも感謝を感じる
  • 気持ちの整理がつく,気持ちに余裕が生まれる,いい気分でいられる

 

自分をほめるといい気分になる、
いい気分になると引き寄せの法則につながります。

 

自分をほめる習慣、すぐに、あなたの身の回りにいいことが起きだします。

今回のまとめ

というわけで、今回は以上です。

 

新しい年、新しい年度、張り切ってスタートしたのに、
なぜか気持ちが落ち込むなんてことがあります。

 

原因は、環境変化による生活と人間関係の緊張で、

  • “素の自分”を見失うから

 

「ほめほめノート」をご紹介しました。

1日10個、自分をほめていく。

 

自分をほめることで”素の自分”をとりもどすことができる。

 

すると、

  • いい気分でいられる

 

やがて、引き寄せの法則へつながります。

  • あなたの周りで、いいことがはじまります

 

「自分をほめる」は”素のあなた”へ後押し、
あなたのまわりでいいことがあふれてきます。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。

少しでもヒントになればうれしく思います。

スポンサードリンク