夏休みの過ごし方で子供にも大きな差がつくと言われます。夏休み後に笑顔で心も体も一段と大きく成長するためにも、夏休みを子供と一緒にどう過ごすべきか!? 親にとってみれば悩ましい問題でもあります。そんな悩ましくもある子供の夏休み、どうせならいきいきと過ごして成長したいもの。そこで今回は、「夏休みの上手な過ごし方は子供と一緒に1冊の夏休みノートから」と題しまして、画期的な夏休みノートの活用方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

親の想い!

ベネッセ教育情報サイトに、「夏休み子どもにやってほしいことは?」というアンケート結果がありました。興味深くこちらを参考にしてみたいと思います。

夏休み子供にやってほしいことは?

子供はもうとっくに夏休みモード全開、長い夏休みなだけにどの子も楽しみにしていることでしょう。親の方はというと普段と異なる生活で、それはそれは忙しくも慌ただしい日々を送ることになります。正直、親は頭が痛いと。それでも夏休みは子供たちが成長できる良い機会、できることならいろいろと体験させてあげたいと思うのは親心であります。

 

 

やっぱり気がかりなのは勉強で子供にお手伝いをさせたい、そして元気で思い切り遊ばせたいという親心が伺えますね。長い夏休みですから勉強にお手伝いそして遊びと。毎日の生活を規則正しく過ごさせたいという願いもあるようです。

旅行というのは家族で楽しい思い出をと当然なりますし、お盆で帰省する楽しみもあります。工場見学やワークショップというのが今ふうです。

親の気持ちはよくわかるのですが、これがまた子供は思うように動いてくれない。いうこと聞かないしイライラしてしまい、ついつい怒り心頭なんてこともあります。

 

さぁ、このあたりをどう上手に過ごすか過ごさせるかが親の課題であります。

夏休みを充実させるためのアイディア

できれば子供の成長を促す大切な時間としたい夏休み、充実させるためのアイディアを同じく親御さんに尋ねております。

夏休みを充実させるためのアイデアは?

 

せっかくの長い夏休み。できれば、子どもの成長を促す充実した時間を過ごさせてあげたいものです。子どもの夏休みを充実させるためのアイデアについて尋ねてみました。

・生活のリズムを普段と変えない
・夏休み前にきちんと1日のスケジュールを立てて実行する
・自分で計画を立てさせ、旅行に行く
・イベントを定期的に盛り込む
・普段会えない祖父母や友だちに会わせてあげたい
・だらだら過ごしがちなので、メリハリをつけるように声かけする
・昆虫飼育
・川や山で楽しく遊ぶ
・サマースクールに行かせる
・読書をさせたい
・博物館など興味の対象が広がりそうな場所に連れて行く
・習い事を集中的にしてほしい
・家庭菜園
・旅行へ行く
・1日1テーマで遊ぶ
・ゲームはしない
・料理づくり
・夏期講習や学校主催の講習会に参加させる

など。旅行やさまざまなイベントへの参加は、子どもの好奇心を刺激してくれそうですね。子どもの成長に役立ちそうです。

親だって子供の時にできなかったことばかりでちょっと笑えます。普段できない体験も大事だけど普段と変わらない「規則正しい生活」も大事と、だらだら過ごすことのないよう親の心は揺れます。せっかくの夏休みでだらしない生活で乱してしまうことがないようにと。

現実はというと間違いなくゲームばかりの毎日で、勉強などするわけもなしというところが現実でしょうか?この親の想いと子供たちの現実のギャップに、親は日々イラつき小言ばかりの毎日。

 

せっかくの夏休みが、「夏休みなんていらない!」なんてことにならないように。

夏休みを規則正しく上手に過ごすための夏休みノート

規則正しい生活を過ごさせるには、ずばり計画を立てることが大切のようです。ところで、計画を立てるといってもどうしたものかよくわかりません。そこでご提案するのは”夏休みノート”であります。

自然と計画が立てられるだから規則正しく上手に過ごせる夏休みノート

紙に書き出し家にあるカレンダーに予定を書きこむだけでも十分ですが、小学生でしたら夏休み用のノートを1冊用意することをおススメです。あくまでノートは一冊。使い方は、簡単で楽しい!

 

(夏休みノート使い方)

  1. 夏休みにしたいこと、やってみたいこと、やらなければならないことを書きだすページ
  2. スケジュールを作成し予定を書きこむページ
  3. ディリーは毎日の行動予定を立てるページ
  4. その他ページ(イベント計画ページ、観察ページ、お出かけ記録、メモなど)

 

ポイントは親と一緒にです。

1.夏休みしたいこと、やってみたいこと、やらなければならないことの書き出すページ

まず、夏休みが始まってしたいこと、やってみたいこと、やらなければならないことを、まずは書きだすことからはじめます。

頭に浮かぶことはどんどん遠慮なく書き出し、できれば重要なことやより大切なことは色を分けてより明確にします。書き出すことで子供自身が夏休みのイメージを具体化できます。

 

あれしたいこれもしたいと暴走するかもしれませんが、ここではまったく構わない。

  • プールへ行きたい
  • 海で遊びたい
  • 映画を観たい
  • お盆におじいちゃん、おばあちゃんに会いにいきたい
  • 宿題を早く片づけたい
  • キャンプに連れてってもらう
  • 昆虫採集
  • 家族旅行
  • などなど・・・

 

さぁ、書き出してみるとあれよあれよという間に、したいことやりたいことであふれてくるはず。すると次につながり予定を立てることになります。

  • 映画を観たいならどんな映画をいつ、
  • プールはどこのプールに誰といつ、
  • おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行くのはいつ、
  • 家族旅行はどこへいつ、

 

もちろんお父さんお母さんも一緒になって計画づくりを手伝ってあげるのです。漠然としていた夏休み、やりたいことしたいことが具体化して子供たちはイキイキとしてくるはず。膨大で有り余る時間が実はあまり余裕がないこと、時間に限りがあることに気が付くはずです。そう、時間を大事にしなきゃと自覚するということなのです。

 

やりたいことしたいことが具体化して子供たちはイキイキとしてくる、ここがポイントです。

2.予定表ページ

したいこと、やりたいことを、いつ・どこで(へ)・誰と、どんなふうにと計画を立てる際に必要なのは予定表。夏休みの期間の予定表を同じノートの違うページに作ります。カレンダー形式がおススメ。

予定が決まっているイベントなどはもちろん、ドンドンスケジュールページに書きこんでいきます。予定に関する絵を描いたりシールを貼ったりマーカーしたりと、予定表がにぎやかくなって余計にも楽しくなります。

自分でジブンの夏休み期間の予定表を作るということで、自然と夏休みの計画へとつながります。漠然と無駄な日を過ごしてしまう。ゲームばっかりなんてことがなくなります。

これだけでもめっけもの!予定表をうめたら、うめた予定の計画を別のページを使います。準備するもの、場所、お出かけの手順、だれと何をしたいかなどなど。こうして1冊の夏休みノートの各ページがリンクして、計画と思い出があふれていきます。

 

夏休みノートを子供も手放せなくなります。

3.ディリーページ

次は、ディリーページ。ディリーページは毎日の行動予定を書きこむページです。

両開きで左側ページには日付を書いて、今日やりたいこと、やるべきこと、必要なメモを書きだす。右側ページは今日の振り返りやメモ欄にします。あとで絵日記の材料になったりして絵日記も楽しく進んじゃう。

もちろん時間が決まっている予定はもちろん時間と合わせて書きこむ。ここには必ず、毎日の家のお手伝いもきちんと書きこむ。ゲームも時間を決めて楽しめること。勉強は短時間でムリなく計画。

「10分勉強」なんて計画すると、10分なんてカンタンと夏休みに毎日自宅で勉強のハードルが下がります。勉強も楽しいじゃんって思えるようになって、算数10分、英語10分なんて具合にさっさとやって充実感も味わえる。

自分で書いて、お手伝いができたかどうか、10分勉強ができたかどうか振り返りでチェックする。ゲームもやれたかどうかもチェックするのです!

お出かけ先のスナップ写真もコピーして貼ったり、昆虫採集で撮った虫のスナップ写真もコピーして貼ったり。次第に、思い出いっぱいの大切なノートになります。感じたことや覚えたこと、感想なども書きこむ。よくできた時には思い切り「◎」もよし。 1日が終わったら全体の振り返りにも使えます。そして、明日の計画と続けることが大事です。

 

小学生は特に親が一緒に計画と振り返りに立ち会うことも忘れてはなりません。

4.その他のページ

普段できない体験をさせるのも夏休みならでは。家族旅行や帰省にバーベキューなど普段できないことがいろいろとできるのも、夏休みのいいところであります。

子どもと一緒に活動ができるので、例えばボランティアに参加したり。親子で自分の住む町を探検したり、虫や草花の観察をしたり。こちらも大切なのは親と子と予定を合わせてスケジュールに落とし込むことです。

そのプチイベントのために準備することなども計画させることで、より楽しいイベントになるはずです。この時も漠然と思い立って取り組むよりも、夏休みノートのその他のページに準備計画を書きこむところから。

事前の準備や当日の交通手段、何時に出発し出先で何をするのかなど。もちろん家に帰れば振り返りも忘れずに。楽しい思い出、アクシデントが記録に残り読み返してまた楽しめます。

また、夏休みの自由研究の計画もその他のページを利用します。どんな研究をどうやってやるか。準備するものは何、結果のまとめもあらかじめページを作っておきます。日々の観察ページも同じく用意。

すると、毎日観察して記録して、最後に事前に用意した「まとめ」のページに結果をまとめる。何も悩むことなく「自由研究」に取り組めまとめまでできちゃいます。

 

ノート一冊に夏休みすべてが収まるというわけです。

私の感想

この記事をリライトしていたところ、朝の地元の新聞朝刊に教育評論家尾木直樹氏の記事が掲載されているのに目が止まりとても参考になりました。やっぱり夏休みで、規則正しい生活が乱れると取り返すのには時間がかかると。

そして気になることも。インターネットや動画で何事にも気が入っていない、食欲もないなど。尾木氏は、こういった子供の様子で心配ごとにある”魔法の言葉”があるとも紹介されています。「どうしたの?」は魔法の言葉。

記事には、思春期の子は「別に」とそっけない態度をとるかもしれない。それでも「そうなんだ、別に、なんだね」とまずは受け止めてあげることだと。子供の言葉を繰り返してあげることで親に共感してもらえたと感じて心が落ち着くんだそうです。なにごとにも子供に寄り添って、いつも声をかけてあげること。

自然と寄り添いなにげなく声をかけてあげられるように、今回ご紹介の「夏休みノート」はいいですね。規則正しい生活のリズムを作ることもできますし、親子で一緒に楽しく夏休みを過ごせる、大切な時間を無駄にしないということでかなり期待ができそうであります。

親も仕事と家事の両立が大変なときには弱音を吐いてもいいと尾木氏は語っています。お互い素直に悩みを打ち明ければ、子供も家族の一員として頼られている喜びも得られる。そんな親子のコミュニケーションにも、1冊の夏休みノートがいいツールになるようです。夏休みを終わっての生活や親子関係も計画を自分で立てて振り返ることができるようにな。

 

とても大きな成長につながると思います。

 

(参考サイト)

大人が「#夏休みのしおり」な日記を作ってみたら、想像以上に生活が楽しくなった

 

(marusblog記事紹介)

SNS疲れがしんどいで悩まないようにする方法-marusblog

夫の「あとでやる」が禁句のわけ夫が夫婦のコミュニケーションで生き残る術-marusblog

親は深刻なスマホゲーム依存から中高生を守れるかその方法は-marusblog

今回のまとめ

夏休みは長いと思いきやけっこう慌ただしいのです。したいこと、やってみたいこと、やらなければならないことと、書き出してみるとけっこういろいろとあるからです。思い切り遊びたいし家族旅行も楽しみだし、宿題も勉強も夏休みの自由研究もあります。毎日、プールでも遊びたいし昆虫採集もしてみたい。

 

お手伝いもしなくちゃとなると、子どもの頭はパンクしてしまいます。

 

どの親御さんも規則正しい生活で夏休みを元気に思い切り楽しんで、いい体験をさせたいと考えていらっしゃる。家のお手伝いもさせたいし勉強も気になる。親の気持ちと裏腹に子どもは縛られたくないばかり。勉強よりもゲームですから。

口で押し付けたところで言うことは聞かないのも当然。とならばツールが必要とばかりに「夏休みノート」をご提案となったわけです。大人になっても計画と振り返りは大事。子どもだからこそこの夏休みを使って、自分で計画して自分でやってみて振り返る。そういう習慣作りを身につけることこそ夏休みであります。

 

子どもさんと一緒に親も規則正しく上手に過ごすための夏休みノートのご紹介でした。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

生活・文化ランキング

スポンサードリンク