「エクセル」タグの記事一覧

エクセルの見出しタイトルが動いて困るを固定して解決する方法と裏技-marusblog

ITガイド Excel

エクセルで縦に長いデータを下にスクロールすると、見出しのタイトル枠も一緒に動いてしまい見えなくなってしまいます。各列のそれぞれのデータがなんのデータであるかが分かりにくくなってしまいます。大きなデータになれば縦の列に並ぶ項目も固定する必要も生じます。そこで、縦横にスクロールしてもデータの一番上にある行の見出しタイトル、縦に並ぶ列の見出しタイトルが常に見えるように設定し固定する方法と大きなデータを確認する裏技をご紹介します。

エクセルのデータ入力規則で日本語入力の全角や半角英数字の切り替えを自動にする方法-marusblog

ITガイド Excel

顧客リストや売上データなどのエクセルで作るデータベースの、各列の書式は一定のルールで入力されるのが原則です。たとえば、郵便番号や電話番号の列であれば「半角英数字」で、名前や商品名は「ひらがな」変換でと列ごとに書式ルールを決めて統一する必要があります。ところが、入力する際いちいち切り替えるのは面倒。そんなとき、半角、全角等を自動切換えする便利な機能が「データの入力規則」です。設定方法をご紹介します。

エクセルの連続するデータを簡単に入力したい-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのオートフィル機能を使えば、セルをドラッグするだけで連続するデータの入力が素早くできます。曜日や日付も利用することができ、便利で作成時間を大幅に短縮することができます。また、入力した数式や関数もほかのセルに連続入力することができます。エクセルの連続データの入力方法をご紹介します。

エクセル印刷範囲を修正して正しく印刷する方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルの印刷範囲を設定し正しく印刷の後に、指定した範囲が変更となることも多々あります。設定をクリアにして再設定をすればいいのですが、再設定することなく修正をが行える方法があります。印刷範囲の設定から修正を、一連の流れに沿ってご紹介します。印刷設定と修正をなんとなくやられているユーザーの中に無駄な苦労をされていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。なにかのヒントになればうれしく思います。

エクセルの印刷設定と印刷方法のキホン-marusblog

Excel

エクセルでうまく印刷できないとお悩みの方いらっしゃいませんか。ワードならばそもそもサイズが決まっていますので、印刷に悩むことはないのですが、エクセルは利用するサイズは自由ですから、印刷になると逆に悩ましいところであります。もちろん特別な才能も技術も必要ありません。設定の方法だけ理解すればいつでも誰でも速やかに、思いどおりに印刷することができます。その設定方法その印刷方法のキホンをご紹介します。

エクセルSUBTOTAL関数で集計方法によってさまざまな集計をする使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのSUBTOTAL関数は、集計方法の条件を指定することでさまざまな集計を求めることができます。合計はもちろん平均や積や数字のカウントなどSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やフィルター機能を使ってデータを絞る際に、絞ったデータに限った計算結果を表示してくれます。SUM関数やSUMIF関数でなくSUBTOTAL関数でならではの場面での使い方のご紹介です。

エクセルで引き算をする方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルの引き算には、=SUMなどの関数がありません。単純な引き算は直接入力することで計算をしますが、数字を用いて数式を入力する方法とセル参照を使って計算式を入力する方法、または足し算と混合の場合の計算のしかたなど、初心者にとっては少し戸惑うこともあるように思いますので、ご参考にご紹介したいと思います。

エクセルのセル内にある余分なスペースを取り除く方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルデーターのセル内に入力されているデータには、余分なスペースなどでセル内のデータがバラバラになってしまうことがあります。さらに、そのスペースは半角スペースであったり全角スペースとこちらもバラバラで、どうにか統一する必要が生じます。この問題を関数を使わずに削除してデータを整える方法や、関数を使って文字列をきれいにする方法をご紹介します。

エクセルもワードもマウスではなく「Alt」キーを使って操作の達人になる-marusblog

ITガイド Excel Word

エクセルでもワードでも、例えば作成したデータを名前を付けて保存したり、プリントアウトをしたり、PCに作業を指示するにはマウスを使いうのが通常です。ところで、これらの一連の作業をマウスに手を持ち替えることなく、キーボードに手をおいたままできるとしたら、作業は驚くほどスピーディに進むので超おススメ。キーボードで作業を指示するポイントは「Alt」キーを使うことです。今回は、この「Alt」キーの便利な使い方をご紹介します。

エクセルのプルダウンメニューのコピペや追加の方法に自動追加ができるOFSETT関数あり-marusblog

ITガイド Excel

エクセルで設置したプルダウンメニューを他のセルにコピペしたり、リストに項目を追加する方法をご紹介します。リストに追加する方法としては、直接リストを追加する方法や他のセルに用意したリストの範囲指定を変更する方法、または、OFFSET関数を使いCOUNTA関数との組合せで、増えるリストデータを自動的に反映する方法も解説してご紹介します。

ページの先頭へ