「Excel」の記事一覧

【Excelコピーの基本】驚くほど手間を省くコピペの技-marusblog

ITガイド コピペの基本 Excel

よく使うコピペはマウスを使うよりもキーボードのショートカットキーを使った方が、よほどサクサク作業が進みます。ショートカットキーは「Ctrl」キーと他のキーの組合せ。キーボードから手を離すことなくコピペができるので驚くほど手間を省くことができるのです。また、「Ctrl」キーを押しながらマウスでドラッグしてコピペする方法も合わせてご紹介します。

【Excel入力の基本】特定のセル以外は入力禁止を設定する-marusblog

ITガイド Excel 入力の基本

エクセルのファイルを回覧したり共有したりする際、特定のセルだけは入力ができ、それ以外のセルは入力ができないようにしたい。誤ってデータや数式を書き換えられてしまったり、削除されたりする恐れを回避するために設定したいものです。また、設定した書式そのものを解除されてしまうといったこともないようにパスワードを設定してシートを保護する方法をご紹介します。

【Excel入力の基本】データの入力規則で入力できる内容や文字種を制限する-marusblog

ITガイド Excel 入力の基本

「データの入力規則」を利用すると、セルに入力できる日付の範囲を指定できます。また、入力できる最大文字数を設定することも可能です。状況に応じて制限を設定することで、想定外のデータの入力を防ぐことができます。また、郵便番号のように必ず「半角英数」モードで入力する場合や逆に「ひらがな」モード自動的に切り替えるなど設定することができます。それぞれの設定方法をご紹介します。

【Excel入力の基本】間違えないように一覧から選んで手間なく入力する方法-marusblog

ITガイド Excel 入力の基本

エクセルで一度入力したデータは再利用して手間なく入力したいところです。また、データは正確に入力しなければならないのも当然ですが、少々プレッシャーもかかります。効率よく間違いなく入力をストレスフリーで処理したい。そんなとき、エクセルの「オートコンプリート機能」や「入力履歴」、または「データの入力規則」のリストを利用した入力方法が便利で役立ちます。その方法をご紹介します。

【Excel入力の基本】入力した郵便番号から住所に変換する方法

ITガイド Excel 入力の基本

エクセルでは入力した郵便番号を住所に変換することができます。住所を入力するよりも文字数が少なくて済み、難読な地名でも簡単に入力ができるのでとっても便利です。住所を入力するデータが多いときにはもちろんおススメ、住所入力のミスを完全に防止できる点も助かります。今回は、郵便番号から住所を入力する方法をご紹介します。

【Excel入力の基本】エクセルで効率的よく入力する方法

ITガイド Excel 入力の基本

エクセルの入力で、連続するセルに効率よく入力する方法や、離れたセルにスピーディに入力する方法をご紹介します。入力を確定する際にはエンターキーを使いますが、入力のパターンによっては「Tabキー」を使うなど、素早く入力できるだけではなく入力ミスも防げるので便利です。今回は「範囲を選択してTabとEnterキーで移動する方法」と「離れたセルに効率よく入力する方法」、そして「複数のセルに同じデータを一括で入力する方法」をご紹介します。

【Excel入力の基本】エクセルで連続データを簡単に入力する方法

ITガイド Excel 入力の基本

「1,2,3,・・・」など連続する大量のデータをひとつずつ入力していては時間と労力が無駄です。エクセルの「オートフィル」機能を使うと、セルをドラッグするだけで連続する大量のデータを瞬時に入力することができます。数値だけでなく曜日や日付などでも利用でき、表などの作成時間を圧倒的に短縮することができとても便利です。今回は連続するデータを簡単に入力する操作方法をご紹介します。

【Excel入力の基本】エクセルで大量の連続データを秒で入力する方法

ITガイド Excel 入力の基本

エクセルで連続データを入力する際には、「オートフィル機能」を使います。マウスでドラッグするだけで連番を振ることができるので便利です。ところで大量の連続する連番や日付を入力するには、オートフィル機能で作業が大変です。「連続するデータ作成」ダイアログを使うと"秒"で入力することができます。今回は大量の連続データの入力方法をご紹介します。

エクセルでクリックすると同じブック内のシートが開く目次を作る-marusblog

Excel

エクセルでブックを複数のシートに分けて利用しているユーザーも多くいらっしゃるはずです。シートは簡単に追加することができますし、シート名をクリックすれば目的のシートで作業することができるから便利です。ところが、シート数が非常に多くなると目的のシートを探すのも面倒です。目次シートを用意して、目次のタイトルをクリックすることで必要なシートが開くようにすることができ改善することができます。さらに、別のブックのファイルやWebのURLもリンクして活用することができます。今回は目次をクリックして目的のシートを開く設定方法をご紹介します。

エクセルのブックを保護してファイルを開いたりシートを変更できないようにする方法-marusblog

ITガイド Excel

人に見られると困るファイルは、パスワードを設定して保護することができます。また、見ることはできてもシートを移動したり削除されてしまうなんてことのないようにブックを保護することも必要です。エクセルにはブックを保護する機能があります。エクセルファイルやデータを守るために必須のスキルのひとつです。保護する方法をご紹介します。

ページの先頭へ