こんにちは、管理人の小林 丸です。

卒業式シーズン着飾った子供さんとご両親が揃って学校に向かう風景が、
印象的な今日この頃であります。

ちょうど花粉症がピークのようで、
卒業式どころではないなんて花粉症に悩まされている方も少なくないかも。

時に耳にするのは乳酸菌なるものが、
花粉症の予防に効くとか。

ならばヤクルトとかヨーグルトかガンガン口にしたらいいんじゃねぇと、
花粉症になったことがないジブンは他人事みたいに適当なことを考えるわけであります。

現実はそうそうカンタンにはいきませんよね。

ところでよく耳にしますこの「乳酸菌」って、
これまたよく耳にします「ビフィズス菌」とどう違うのでしょうか?

今回はこの乳酸菌とビフィズス菌について、
その違いなどを取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

今さら聞けない小腸と大腸の違い

人の腸には小腸大腸がありますが、
これらは消化器官とも呼ばれますね。

消化器官にはも含まれるくらいはなんとなく理解できます。

口でかみ砕かれた食物が胃に進み、
胃でさらに揉みほぐされて消化吸収しやすいようになる。

胃の後には十二指腸なんて地味な消化器官があって、
それぞれの消火液が分泌されて腸へと向かう。

小腸は主に分解された栄養分が吸収されて、
最後に残った残りかすが腸内細菌のはたらきなどでさらに分解。

水分も吸収されて便として排出される。

 

ようするに、

口 >> 食堂 >> 胃 >> 十二指腸 >> 小腸 >> 大腸 >> 肛門

と流れて栄養を吸収して残ったものを排泄するとなるわけですね。

となると、小腸は栄養を吸収するところで、
大腸排泄へ向かうための器官と役割がまったく違うということ。

小腸と大腸は器官の大きさ(太さ)や長さが違うだけかと思いきや、
役割がまったく違うわけですね。

知っているようで分かってませんでしたねぇ。

 

 

今さら聞けない乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸もビフィズス菌も「乳酸」を作りだす。

この乳酸が強い殺菌力があって、
善玉菌として腸で働く。

腸は栄養を吸収するところであり、
排泄物をしっかりと外に出すという役割がある。

それだけに人の健康にはなくてはならない、
重要な役割をこなしている。

ところが腸内にはいろんな菌が生息していて、
中には体に悪さをするのもあればいいやつもいる。

そんな悪い菌を退治し腸を手助けをしてくれるのがいいやつの善玉菌が、
具体的に乳酸菌ビフィズス菌というわけであります。

 

ところが乳酸菌とビフィズス菌の活動拠点が違って、
乳酸菌は小腸ビフィズス菌は大腸で多くが生息するのだという。

乳酸菌は乳酸を作り生命力が強く、
ビフィズス菌は乳酸に酢酸も生成するがとてもデリケートな性質だとか。

カラダの内側から健やかに。日本で唯一トリプル効果のオリゴ糖

 

 

発見!女は黙ってヤクルトじゃぁないということ

乳酸菌はお腹の調子をよくしてくれるとも耳にします。

すぐにヤクルト!って思いますし、
ヨーグルトなんかにも含まれるくらいは知ってます。

最近ではそんな整腸作用ばかりではなく、
内臓脂肪の低減や感染予防などにも効果があるとか。

善玉菌とよく言ったものであります。

 

ビフィズス菌はといいますと、
乳酸菌と同じ善玉菌で大腸で活躍する。

くどいようですが、
乳酸菌とフィールドが違う!

排泄物を外にだすという大事な機能の大腸だけに、
これがまごまごしてしまうと健康に害を与えてしまう。

それだけに大腸環境をサポートする役割のあるビフィズス菌は、
すこぶるいいやつで毎日の健康につながるというわけですね。

ところが、ビフィズス菌は加齢とともに減ってしまい
高齢になるとほんのわずかしか存在しないとか。

また、酸素あるところでは生存できないらしく、
とってもデリケートだけに補給することが求められるというわけであります。

なるほど・ザ・ワールドです。(古っ、スミマセン)

 

 

今回のまとめ

腸にはヤクルトを飲めばよし!
健康にはヤクルトでOK!

そう長い間信じておりました。(笑い)

なので便秘で悩む妻の奥さんには、
「女は黙ってヤクルト!」なんて今考えるとアホなことを平気で言っていましたっけ。

乳酸菌は小腸に、
ビフィズス菌は大腸にと知るともうそんなことは言わない。

ヤクルトを手にした時には小腸に語り掛け、
ビフィズス菌の多く含まれるヨーグルトを買う歳は大腸を想うわけであります。

世の中の常識とすでにご承知の方はどうぞ無視されてください、
知らなかった方「女は黙ってヤクルト!」とけして言わぬようにお願いします。(笑い)

今回は乳酸菌とビフィズス菌のお話しでした。

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク