数値の合計計算は関数を使って簡単に行うことは周知のごとくです。合計関数はSUM関数が代表的で、ユーザーの認知度も高い関数ですが、そのほかにも条件に合った数値の合計や複数の条件のそれにも容易に計算できるのでとても使い勝手もよく便利で手放せません。今回は、これら合計関数の基本的な使い方から応用事例まで解説して合計関数のマスターを目指しましょう。

スポンサードリンク

 

お知らせ

今回は、エクセルの合計関数について解説をしています。合計関数は、SUM関数、SUMIF関数、SUMIFS関数、SUBTOTAL関数をセレクトいたしました。また、この無料ブログと同じく解説に例題を用意しての有料版を別途用意しています。例題に取り組むことでよりしっかりとマスターすることができます。有料版では広告は一切ありません。性質上、有料版のご購入の際、返金の受付はしておりませんのでご承知ください。合計関数をマスターされる際に、少しでもお役に立てましたらうれしく思います。

 

商品ごとに売上金額の合計を求める

商品ごとに各月ごとの売上台数と7月~9月の売上台数の合計を求めたい。こうした合計計算は必要不可欠で頻繁に必要が求められます。これらはデータが大きくなればなるほど、合計関数の威力が発揮され、速やかに合計結果を表示することができます。こうした合計を求める関数はSUM関数。SUM関数のカッコの中に、合計したいセル範囲を指定すればすぐに結果が得られるます。

SUM関数-合計する

=SUM(数値1,数値2,・・・)
■引数「数値1」「数値2」・・・に指定した数値、またはセルやセル範囲内の数値を合計する。

上図の「MP3プレーヤー」の7月~9月までの合計を計算するには、SUM関数の引数に「B3:D3」のように、計算対象のセル範囲を指定します。セル範囲は、始点と終点のセルを「:」(コロン)で区切った形になります。E3セルにSUm関数を入力して正しい結果が表示されたのを確認し、セルの右下の■(ハンドル)をドラッグして計算式をコピーすれば商品別の7月~9月の合計結果を表示することができます。(E3セルを「コピー」して貼り付け先のセルを選択して所定のセルに「貼り付け」する方法もあります)

縦列の合計と同じように横の行の合計もドラッグしてコピーすれば縦列の各月と合計のそれぞれの合計結果を表示することができます。このときB7のセルには「=SUM(B3:B6)と合計する範囲指定をします。

Chek!-表を選択して縦列と横列の合計を一気に行う方法


上図のように月別商品名別の売上台数の入力されている部分から縦列の合計セル、横列の合計セルまで範囲指定をします。キーボードの「Alt」キーと「Shift」キーと「=」(イコール)キーを順番または同時に押すと縦列と横列が一度に計算され表示されます。

キーボードの「Alt」キーと「Shift」キーと「=」(イコール)キーを使って合計計算を行う以外にも一気に縦列と横列の合計を計算し表示することができます。こちらはリボンに並ぶコマンドを使います。「ホーム」タブの「編集」グループにあります「Σ」マークの▼をクリックすると、上図のように関数のラインナップが表示され、「合計」をクリックしますと縦列と横列の合計が一気に計算され結果が表示されます。また、ここに並ぶ関数以外は「その他の関数」を選択することで選ぶことができます。

売上台数の累計を計算する

=SUM(数値1,数値2,・・・)
■引数「数値1」「数値2」・・・に指定した数値、またはセルやセル範囲内の数値を合計する。

C3セルに「=SUM(B3:B3)」と入力。これは、B3セルを合計するという計算式のひとつ。ここで、最初の「B3」を固定したいので絶対値とします。「B3」部分をドラッグして「F4」キーを押すと、「=SUM($B$3:B3)」のように、始点のセルが絶対参照となりこの後ドラッグしてコピペしても「$B$3」は移動せずに下のセルにコピーすることができます。

実際に「C3」をドラッグして下のセルにコピーをすると、セル範囲の始点である「$B$3」は絶対参照のため固定され、C4セル=SUM($B$3:B4)、C5セル=SUM($B$3:B5)、C6セル=SUM($B#3:B6)と順にずれるので累計を計算することができます。

 

【例題】-SUM関数

※例題は有料版にてご提供しています。(合計SUM関数の例題は有料版でも無料で利用できます)

解説を読み例題を解くことでSUM関数の基本をマスターできます。例題には上記解説の内容で「例題」シートと「解答」シートを用意しました。例題を実際に解いて、解答シートで確認してみましょう。

有料版はこちら➡note:「仕事効率の決め手!素早くできるエクセル合計関数の基本」

 

 

関数の構成と入力方法

(関数の構文)

ここで、関数の構成と入力方法をおさらいします。関数の構成は原則があり数式があっていても原則を無視した入力では関数の計算式が認識されず正しい結果を求めることができません。基本となる原則や入力方法をしっかり押さえて学んでいきましょう。

関数入力方法(直接入力)

セルに直接キーボードから関数の計算式を入力することができます。上記関数の構文のように関数は、記号、アルファベット、数字はすべて半角で入力、間にスペースを入れないようにします。関数式の先頭は、「=」(イコール)からはじまります。 次に、関数名を入力。 続けてかっこの間に引数を入力します。

2つ以上の引数をカンマで区切って入力します。 最後に「Enter」キーを押して完了です。引数は、関数の計算対象となるセル範囲や関数の利用に必要なデータのことを言います。文字(ここでは”ワイン”)には、必ず「””」(ダブルクォーテーション)マークで囲みます。

関数の入力方法(コマンド入力)

関数式を挿入するセルを選択しリボンに並ぶコマンドの中、「ホーム」タブの「編集」グループにある「Σ」マークの▼をクリックすると、関数がいくつかラインナップされた図が表示されます。「Σ(合計)」をクリックしてSUM関数の「=SUM()」が入力されます。「()」の中に引数を入力して計算結果が得られます。

また、「その他の関数」をクリックすると、下記で紹介する「入力方法(関数の挿入で入力)」にある「関数の検索」のダイアログボックスが開き、用意されている関数すべてを選んで利用することができます。

入力方法(関数の挿入で入力)

関数式を挿入するセルを選択し「数式バー」の左手前にある「関数の挿入」をクリックすると、上図のように関数の挿入ダイアログボックスが開きます。「関数の検索」または「関数の分類」を利用して並んだ関数の中から目的の関数を選んで「OK」をクリックします。セルに関数名が入力されます。

(入力方法)

  1. 数式バーの「関数の挿入」をクリックします。
  2. 関数の分類が「すべて表示」になっているのを確認します。
  3. 関数名から関数を選択してOKをクリックします。
  4. 関数の挿入ダイアログボックスが開きます。
  5. 必要な引数を入力します。
  6. OKをクリックして関数の式がセル内に入力されます。

 

まだ関数の入力に慣れないときには、この「関数の引数」のダイアログボックスを使って、それぞれの引数を設定していくことをおススメします。入力すべき引数をいちいち関数式の構文を確認することなく正確に入力設定ができるかと思います。

条件に合ったセルだけの合計を求める

上図のような表で、特定の商品だけの金額の合計を求めたいことはよくあります。このようなときは、条件付きの合計「SUMIF関数」を使います。指定した条件に合致したセルだけを対象に合計計算を行います。関数の式は指定した「セル範囲」の中で「検索条件」に合うものを探し、それらの「合計範囲」の中で条件に合うセルの数値を合計するということになります。

SUMIF関数-条件に合うデータを合計する

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)
■「範囲」内で、「検索条件」に合致したセルと同じ行または列にある「合計範囲」内の数値を合計する。「検索条件」には、条件式や文字列を「”」で囲んで指定する。

SUMIF関数式の構文にあてはめて式を入力すると分かりやすい。まず構文”=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)”の範囲は「検索条件」の「ワイン」が並ぶ範囲であることを理解すれば、「A3:A9」となります。こちらはこの後コピペしても範囲がずれないよう「絶対値」にする必要があるので、「A3:A9」をドラッグ選択し「F4」キーを押して「$A$3:$A$9」とします。次に「検索条件」は集計表の種類の「ワイン」ですから「E3」。「合計範囲」は「C3:C9」となり、こちらも絶対値にする必要があるので「$C$3:$C$9」とします。

※絶対値は、たとえば「A3」と入力後「F4」キーを押して絶対値マーク「$」を付けることができます。「A3:A9」の場合も同様で、「A3:A9」をドラッグ選択して「F4」キーを押して絶対値にすることもできます。

 

【例題】-条件に合ったセルだけの合計を求めるSUMIF関数

※例題は有料版にてご提供しています。

解説を読み例題を解くことでSUM関数の基本をマスターできます。例題には上記解説の内容で「例題」シートと「解答」シートを用意しました。例題を実際に解いて、解答シートで確認してみましょう。

有料版はこちら➡note:「仕事効率の決め手!素早くできるエクセル合計関数の基本」

複数条件に合ったデータだけの合計を求める

特定の種類だけの金額の合計を求めたいときなど、条件がひとつの場合には「=SUMIF関数」を利用しました。条件が複数の場合は上図のように「=SUMIFS関数」(複数形のSが付きます)を利用します。上図の条件は酒類と店舗の二つ。関数の式は指定した「セル範囲」の中で「検索条件1」、「検索条件2」に合うものを探し、それらの「合計範囲」の中で条件に合うセルの数値を合計するということになります。

SUMIFS関数-複数条件に合うデーを合計を求める

=SUMIFS(合計対象範囲,条件範囲1,条件1,条件範囲2,条件2,・・・)
■SUMIFS関数はSUMIF関数の最後に「S」がつきSUMIF関数の複数系となります。指定した「合計対象範囲」内のセルの値を合計します。条件と条件範囲を連続して複数指定することができます。

上図のように、IF関数を使って酒類販売実績表にある種類と店舗情報の2つの複数条件ごとに合計を求めたいときにSUMIFS関数を使います。”=SUMIFS(合計範囲,条件範囲1,条件範囲2,条件2)”という構文ですから、この引数順に範囲及びセルを指定していきます。合計範囲は売上、条件範囲1,条件範囲2はA店舗もB店舗も同じですから、違う部分は「F2」の「A店舗」と「G2」の「B店舗」の指定が違うだけになります。式をコピーしたときに範囲が移動しないよう絶対値にすることを忘れないように注意します。

 

 

Chek!-ある期間内のセルの合計など期間内の指定方法

日付ごとに売上金額をまとめたなどの表で、「〇月〇日から〇月〇日」など、ある特定の期間の合計を求めたいときがあります。このときの日付の葉には以降(>=日付)、以前(<=日付)を使います。

たとえば条件1が「2020年9月10日以上」、条件2が「2020年9月20日以前」であれば「>=2020/9/10」、「<=2020/9/20」と入力します。

【例題】-複数条件に合ったデータだけの合計を求める(SUMIFS)関数

※例題は有料版にてご提供しています。

解説を読み例題を解くことでSUM関数の基本をマスターできます。例題には上記解説の内容で「例題」シートと「解答」シートを用意しました。例題を実際に解いて、解答シートで確認してみましょう。

有料版はこちら➡note:「仕事効率の決め手!素早くできるエクセル合計関数の基本」

オートフィルターで抽出した値だけを合計する

エクセルの「オートフィルター」機能を使うと、左図のように「A店舗」のデータを抽出した際、通常の「SUM関数」では抽出データだけに絞れず、このとき非表示も含めた全体の合計がそのままに計算されてしまいます。

SUBTOTAL関数はこのとき、抽出したデータだけの合計を計算し表示することができるので便利です。

なお、抽出は表の中の任意のセルにカーソルがあることを確認し、「データ」タブの「並べ替えとフィルター」グループにあります「フィルター」機能で表にフィルターを設置することができます。

SUBTOTAL関数-抽出の表示セルだけを集計する

=SUBTOTAL(集計方法、範囲1,・・・)
■「範囲1」以下、指定したセル範囲の内、表示セルだけを対象に集計します。集計の方法は合計だけではなく、平均、数値の個数、空白以外の個数、最大値、最小値なども求められます。

オートフィルで抽出し表示されたセルだけの合計には、SUMTOTAL関数を利用します。SUMTOTAL関数の集計方法の引数は合計の「9」を指定、合計する範囲はC列の「C3:C9」になります。主な計算内容の「集計方法」の引数は、平均は「1」、数値の個数は「2」、空白以外の個数は「3」、最大値は「4」、最小値は「5」、そして合計は「9」と指定して集計方法を選びます。

 

【例題3】-オートフィルターで抽出したデータだけを合計するSUMTOTAL関数

※例題は有料版にてご提供しています。

解説を読み例題を解くことでSUM関数の基本をマスターできます。例題には上記解説の内容で「例題」シートと「解答」シートを用意しました。例題を実際に解いて、解答シートで確認してみましょう。

有料版はこちら➡note:「仕事効率の決め手!素早くできるエクセル合計関数の基本」




今回のまとめとお知らせ

今回のまとめと無料版記事のお知らせがあります。

まとめ

企業などの業務管理上、売上にして販売個数にしても数値の合計作業も避けて通ることができず、その使用度は頻繁に求められるはずです。合計関数はそれらの業務に対応すべく、SUM関数やSUMIF関数、SUMIFS関数、SUBTOTAL関数といくつかの合計関数が今回ご紹介の通り用意されています。

これらの関数を使いこなすことで、より正確で効率の良い結果を把握、管理することができるのでぜひマスターしたい関数のひとつです。また、条件合ったデータの合計計算は複数条件でも対応が可能なので、業務上の実績からこれらの関数で導いた結果をマーケティングに利用することもより価値が生まれます。これらはデータが膨大になればなるほどその威力を発揮するはずです。

ぜひ、マスターをして活用しましょう。

お知らせ

今回の記事は解説に例題を用意しての有料版でお届けしております。解説だけではなかなか理解しずらい点、例題に取り組むことでしっかりとマスターすることができるよう用意を致しました。例題は例題に解答をセットして実際に関数を入力し、期待通りの結果が表示できるか学習と確認ができます。また、有料版においては解説及び例題についてのご相談もメールにて承ります。

なお、無料版は広告の。

合計関数をマスターされる際に、少しでもお役に立てましたらうれしく思います。

有料版はこちら➡note:「仕事効率の決め手!素早くできるエクセル合計関数の基本」

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク