「Excel」の記事一覧

条件に一致するデータの個数をカウントするCOUNTIF関数の使い方の基本-marusblog

ITガイド Excel

指定した範囲の中で検索条件に一致するセルがいくつあるかを求める関数がCOUNTIF関数です。COUNTIF関数を使えば、特定の文字が入っている個数だけでなく特定の文字以外のセルの個数を数えるなどのこともできます。本記事では、COUNTIF関数の基本の使い方をご紹介します。ビジネスの場面でもかなり使う頻度の高い関数です。基本をおさえてマスターしましょう。

エクセルのCOUNT関数とCOUNTA関数の違いと使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルのCOUNT関数とCOUNTA関数の使い方とその違いをご紹介します。それぞれの入力方法と、カウントの何が違うのか合わせて解説しました。カウントする関数は利用頻度も高く、データが膨大になればなるほど必要性も高まり重宝するはずです。関数初心者の方は、馴染みやすい関数で関数を使い切るきっかけになるかと思います。

エクセルのVLOOKUP関数で0やエラー表示を空白表示にする方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセル関数の中でも利用頻度が比較的に高いVLOOKUP関数では、計算結果が「0」であったり、「エラー」が表示されたりすることがあります。これは、参照先のセルが空白であったり、検索した値が見つからないことが原因です。0やエラー表示はできるだけ避けて空白にしたいものです。この記事では、0やエラー表示を空白で表示するそれぞれの方法をご紹介します。

エクセルの割り算をする方法と余りや四捨五入の扱い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルで割り算を計算するときには「/」(スラッシュ)を使って計算式を入力します。また、関数を使った割り算もあります。割り算の結果には切り捨てや切り上げ、四捨五入など割り算結果の加工が必要の場合があります。割り算の方法とそれら計算結果の加工の方法をご紹介します。

エクセルで引き算をする方法-marusblog

ITガイド Excel

エクセルの引き算には、=SUMなどの関数がありません。単純な引き算は直接入力することで計算をしますが、数字を用いて数式を入力する方法とセル参照を使って計算式を入力する方法、または足し算と混合の場合の計算のしかたなど、初心者にとっては少し戸惑うこともあるように思いますので、ご参考にご紹介したいと思います。

エクセルの日付の基本と便利な操作と日付関数の使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルの日付に関する基本の情報をまとめてみました。エクセルの日付を表示する方法がいくつもあります、それを知らずして、データとしても重要な日付の正しい取扱いはできません。そういう意味でもエクセルの日付の基本は理解しておきたいものです。また、素早く日付や現在の時刻を入力するショートカットキーや自動的に日付が入力される関数などもご紹介します。

エクセル関数で姓と名を分けたり結合する方法や一瞬で加工できるフラッシュフィル機能の使い方-marusblog

ITガイド Excel

エクセルでよく目にする住所リスト。ひとつのセルに姓名が入力している場合もあれば、姓と名を分けて入力されている場合もあったりとさまざまです。エクセルにはこれらのデータを一瞬で分けたり結合したりするとても便利な機能があります。同じ機能を関数を使って行う方法と合わせてご紹介します。

ページの先頭へ