「Excel」の記事一覧

【Excel作成ワザ】表作成への近道!セル内の文字の配置を変更する

PC 表作成の基本 Excel

今回のテーマは、エクセル表作成のセル内文字配置について。エクセルのセルに入力した文字は、数値や時間はセルの右側に、文字列は左側に自動的に揃います。ただし、表の見栄えを整えるために、配置を変えたいときがあります。セル内の文字配置、縦書き、改行、折り返し等、配置を自由自在に操作できるようにしたいものです。エクセル初心者の方、または、基本操作を再確認される場合など、基本操作方法のご紹介です。

【Excel作成ワザ】表作成のまずは基本!複数の列の高さや列の幅を揃える

表作成の基本 PC Excel

今回のテーマは、エクセル表作成の基本。行の高さや列幅を揃えるです。表の見栄えを整えるためには、複数の列幅や行の高さをきっちりと揃えたい。エクセルであらゆる資料を作成できるようになるには、まず表作成の基本をしっかりマスターすることです。揃えたい列番号や行番号をドラッグしてまとめて整理したり、境界線をドラッグしてそれらを整えたりといくつかの揃える操作方法のご紹介です。

【Excel作成ワザ】1分でわかる!エクセルのクリックひとつでPDF化する方法

PC Excel

今回のテーマは、エクセルファイルのPDF化です。エクセルで作成したファイルを、人に送信するときなどにPDF形式にするのは、もはやビジネスマナーのひとつ。お相手が使うエクセルバージョンによっては、せっかく送付したファイルが開かないなといったアクシデント防止のためにもPDF化は不可欠。そこで、エクセルファイルをPDF形式に変換する一般的な方法と、クリックひとつでPDF化する便利ワザを合わせてご紹介します。

【Excelグラフ】初心者でもできた!表の数値をセル内にミニグラフを挿入する方法

PC グラフ Excel

今回のテーマはセル内のミニグラフの作成。エクセルの表のセル内に小さなグラフが挿入されているのを見かけたことがありませんか。数値だけが並んでいるよりも、それらの意味することがグラフの視覚化で把握できるのでとっても魅力的な表に生まれ変わります。難しく面倒な作業かと思いきや、スパークライン機能を利用すことで、初心者でも簡単にすぐできてしまいます。表の数値をセル内にミニグラフを挿入する方法をご紹介します。

【エクセル】アルファベットもできた!ExcelのABC連続データを入力する方法

PC Excel

今回のテーマは、エクセルのABC連続データの入力方法。エクセルでは「1,2,3,‥」と連続データをオートフィル機能を使うなどして瞬時に入力することができます。ところが、「ABC‥」の連続データは、オートフィル機能では入力することはできない。そうあきらめていませんか!? エクセルの関数を使うと「ABC‥」の連続データを一瞬で入力することができます。関数の詳細、「ABC‥」の連続データの入力方法をご紹介します。

【Excel】無理なくきれいに!Webの表データをエクセルに正しく取り込む方法

PC Excel

今回のテーマは、Web上にある表データをエクセルに取り込む方法です。Web上の表データをエクセルに貼り付けると、元の配列からズレてしまい上手くいかないことがあります。大きな表や複雑な表になると特に正しく貼り付けることができないことが多くみられます。Webの表データ取り込みにの困りごとの解消のために、Web表データをエクセルに正しく取り込む方法のご紹介です。

【Excel関数】楽々かんたんグラフ!REPT関数の繰り返し文字で絵グラフを作成する方法

PC 関数 Excel

今回のテーマはエクセル楽々かんたんグラフ。エクセルのREPT(リピート) 関数を使うと、同じ文字・記号を指定した数だけ繰り返すことができます。この関数を使うと楽々かんたんグラフが作成できます。ここではREPT関数を使って、絵グラフを簡単に作成する方法をご紹介します。

【Excel関数】5分でわかる!抽出データだけを対象に計算をするSUBTOTAL関数の使い方

PC 関数 Excel

今回のテーマはエクセルの抽出データだけを対象に計算するSUBTOTAL関数。SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することで、さまざまな集計を求めることができます。合計の他にも平均や積もひとつのSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やオートフィルターを使うときは、SUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使うと便利です。本記事では、抽出データだけを対象に計算をするSUBTOTAL関数の使い方をご紹介します。

【Excel関数】小計が含まれる表を計算するときはこれでOK!SUBTOTAL関数の使い方

PC 関数 Excel

今回のテーマはエクセルSUBTOTAL関数。SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することで、さまざまな集計を求めることができます。合計の他にも平均や積も1つのSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やオートフィルターを使うときは、SUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使うと便利です。本記事では、小計が含まれる表を計算するときの、SUBTOTAL関数の特長と使い方をご紹介します。

【Excel】ショートカットキーだけでOK!コピーなし一操作で複数列・複数行の合計を計算する裏技

PC Excel 入力の基本

今回のテーマはエクセルの超便利なショートカットキーを使った裏技。行や列を一操作で範囲指定し、SUM関数までも一操作で入力、合計を計算する裏技のご紹介です。圧倒的に効率の良い操作を行えます。データが大きくなればなるほど、その威力は発揮されます。ショートカットキーを使った、知っておくべき裏技のご紹介です。

ページの先頭へ