こんにちは、釈和です。

いつまでも暑いの蒸すのと騒いでおりますと、
気がつけばしみじみとだなぁと思う季節となりました。

近所の田んぼの稲は金色に輝き、
河原の土手には彼岸花。

まもなく秋分の日2019年9月23日(月)、
そして、秋分の日は秋のお彼岸中日でもあります。

それにしても秋分の日お彼岸の関係
そもそもお彼岸って何するの?

今回は、秋の秋分の日を前に秋のお彼岸についてお伝えします。

・アイキャッチ画像(ぱくたそ)
・イラスト(いらすとや)

スポンサードリンク

 

お彼岸ってなに?

毎年、春と秋のお彼岸は、
春分秋分の日が”中日“となります。

中日の前後3日間を合わせた7日間のことを「お彼岸」となります。

お彼岸の期間、意味、
おさらいしてみましょう。

 

2019年秋のお彼岸はいつ?

2019年の秋のお彼岸は、
9月20日(金)に”彼岸入り”、9月26日(木)が”彼岸明け”です。

秋分の日の9月23日(月)が”中日”となります。

春のお彼岸は3月18日(日)が彼岸入り、
3月24日(土)が彼岸明けでした。

 

昔の人は「暑さ寒さも彼岸まで」と、
うまいこと言ったものです。

ちょうど季節の転換期でもあるんですね。

 

このお彼岸の期間は一般的に「お墓参り」をしたり、
仏壇や仏具を整理したり掃除したり。

檀家寺(お坊さん)にお経を読んで頂いたりと先祖供養をします。

お寺ではこの時期に「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれるお彼岸法要が行われたり、
施餓鬼(せがき)」法要が行われます。

単に彼岸ともいう。追善儀礼などを主体とした仏教行事の一つ。春分秋分の前後1週間に行う法会。インド,中国にはなく,日本にのみ行われる仏事で,僧侶は法要儀式をとり行い,在家信者は寺院に詣で,墓参する。

餓鬼道で苦しむ衆生に食事を施して供養することで、またそのような法会を指す。特定の先祖への供養ではなく、広く一切の諸精霊に対して修される。 施餓鬼は特定の月日に行う行事ではなく、僧院では毎日修されることもある。

タマタマ

お彼岸って特に何をすべきというわけでもないんだよね。

はこ君はこ君

ふだんよりも丁寧に仏壇やお墓をきれいに掃除したりして、時には家族そろったお墓参りで先祖供養じゃな!

 

お彼岸の意味と春分・秋分の日のなぜ?

お彼岸と春分または秋分の日の関係は、
大自然(太陽の動き)と仏教とのそれにあります。

仏教ではあの世に渡り到達する悟りの世界を彼岸
こちらの煩悩や迷いに満ちた世界を此岸(しがん)といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされています。

 

それってまさに太陽が東から登り西に沈む。

特に、春分と秋分の日は彼岸と此岸がもっとも通じやすいと考え、
これが先祖供養するなどの文化につながったと。

 

春分秋分は地球が太陽を回っている一周のちょうど半分の位置。

現代科学だからこそそれは科学的に実証されていることだから「ふ~ん」なんて思うのですが、
昔の人はその様をある意味不思議な神仏の事象と捉えて受け止めていたんでしょうね。

彼岸の入り“、”中日“、そして”彼岸明け“と余裕を持って期間をさだめたのは理由もあるんでしょうが、
その瞬間をより大切にしていたんでしょう。

だからこそ彼岸此岸のつながりから、
お墓に足を運んではご先祖に手を合わせるという風習が生まれたのかなんて想像するわけです。

 

お彼岸は日本独特な行事のなぜ?

お彼岸は他の仏教国になはくて日本独特な行事とあります。

不思議です。

ネットで調べてみると神道には「日願」という太陽を神として信仰する点が、
お彼岸の太陽の動きと結びつきやすかったとあります。

お正月は神道、お彼岸は仏教にならって!

 

日本らしい感じがします。

 

春は種まき秋は収穫の時期でもあります。

当然自然に対する祈りや感謝とも結びつき、
先祖にも感謝する大切な行事となったと。

 

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。

祝日法による趣旨は、

  • 春分の日=『自然をたたえ、生物をいくつしむ日』
  • 秋分の日=祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ日と

とあります。

 

東の此岸から西への彼岸への願いなるものを、
祝津法趣旨からも感じられるわけであります。

タマタマ

仏教と神教の融合なんだニャ~!


はこ君はこ君

なるほど!お彼岸が日本独特というのがわかるのじゃぁな。

 

お墓参りのしかた

お彼岸にはお墓参りが定番です。

その方法は決まりがあるわけでなく、
おじいちゃんやおばあちゃんがお墓参りをしている姿をみて自然に行っているようです。

各ご家庭それぞれで、
それぞれのやり方でお墓参りをされているのではないでしょうか?

 

お彼岸のお墓参りはいつ行くの?

お彼岸にお墓参りをしなければいけないということもないのです。

お正月やお盆にお墓参りをする人が多いという具合。

お墓が近くにあればその都度お墓参りができますが、
遠く離れた田舎にそれがあるとなるとお盆やお正月の帰省に合わせてお墓参りといったところ。

 

当然、墓石のまわりの雑草など掃除をして、
墓石を磨ききれいに。

先祖供養のおもてなしといったところ。

お墓の大掃除であります。

 

お墓参りで準備するもの

当然、お墓をきれいにするのでありますから、
それに必要なグッズと持ち物を事前に用意する必要があります。

 

(お墓参りに用意したいリスト)

  • ゴミ袋
  • スポンジ・たわし・雑巾
  • 歯ブラシ(墓石の細かな部分を掃除するため)
  • その他掃除用具(ほうき、軍手、虫よけスプレーなど)
  • お供え用の花
  • お線香とローソク
  • 手桶とひしゃく
  • お水
  • お供え物(お酒やお菓子など)

 

墓地やお寺によってはお供え物などは持ち帰りを推奨していたり、
火気を禁止などお線香を禁止なんてところもあるようです。

それぞれの墓地やお寺の決まりに従ってのお墓参りとなります。

 

お墓参りの方法とマナー

一般的なお墓参りの流れとマナーはこんなところでしょうか。

 

(一般的なお墓参りの流れ)

  1. 寺院墓地の場合であれば、
    先に本堂へ出向いて手を合わせます。
  2. もちろん、お墓の前に行けばまず手を合わせます。
  3. 雑草を取り周りを掃除して墓石も磨きます。
  4. お水やお花やお供え物をします。
  5. お線香をともして最後に改めて手を合わせます
  6. 納骨堂のお参りとマナー

 

墓石に水をかけるべきかどうか?

水をかける派、かけてはいけない派なる考え方があるようです。

 

  • 水をかける派は「ご先祖にお水を飲んでもらいたい」という気持ちや、
    「お墓参りに来た」という知らせの意味もあって水をかけるという思いから。
  • 水をかけない派は「大切なご先祖の頭から水をかけるのはいかがなものか?」といった考えから。

 

いずれにしても特別なる理由があるのではなく、
お墓参りに出かけるそれぞれのご家庭の習慣ということになります。

それでも、お墓には水受けなる部分があります。

お水をお供えするということであれば、
水受けに掃除とは別に用意したお水をお供えするようにしたいところであります。

 

彼岸の「おはぎ」と「ぼたもち」

お彼岸といえば「おはぎ」、「ぼたもち」を頭に浮かべる人も少なくないと思うわけです。

実は、「おはぎ」と「ぼたもち」は一緒のお餅。

ネーミングが違うだけなんであります。

 

春の季節に咲く「牡丹」にみたてた「ぼたもち」。

秋にさく「」にみたてた「おはぎ」というわけです。

 

「みんなの趣味の園芸」

 

お餅には「五穀豊穣」なる願いも込められ、
材料となる小豆(あずき)には「魔除け」の意味も込められているとか。

お墓参りもそのお供えにも、
日本人の「お・も・て・なし」があれこれとあるわけであります。

 

 

私の感想

我が家のお墓はかなり田舎の山の中

正直、お盆やお彼岸のたびに出向いてお墓掃除にお墓参りに、
家族そろってとはなかなかどうして。

それでも母親を中心にだれかしらが代表して手を合わせるなんて具合、
家族全員そろって「お墓参り」という機会も年々少なくなる一方。

 

考えてみますと「お彼岸」など1年に訪れるそれぞれのイベントに、
自分と家族が毎回参加できることこそが幸せであるように思えてきます。

不思議なものでお墓をきれいにすると気持ちもよりスッキリするのも事実。

ご先祖の霊がお墓にいるわけでもなく、
結局、自分と家族の今に「ありがとうございます」と感じる瞬間であると思うわけです。

 

今年の「お盆」を家族で迎えたのもつい最近、
そうこうしているうちに今度は「お彼岸」。

お彼岸は家族全員とはいきませんがお墓でも感じる秋の空気に間もなく年末、
もう「お正月」なんて1年と月日の早さを感じる瞬間でもあります。

最近は「お墓の承継問題」というのも社会問題?となりつつあるようです。

時の流れのと時代の変化は、
想像を超えてを立てて動いているようです。

 

お彼岸、お墓の前でその時を止めてみるのもいいかもしれません。(・。・)

 

今回のまとめ

お彼岸はこうすべしということはなく、
仏教神教と日本の自然とが融合した習慣であること。

春分秋分の日中日で、
その前後3日間7日お彼岸であります。

日本の自然というか、
そこには宇宙の摂理が流れているのであります。( ..)φメモメモ

 

それにしても”お彼岸”に”お墓参り”が、
よその国にはない日本独特のイベントであること。

できれば家族そろってお墓を清め、
静かに手を合わせて今に感謝したいものであります。

 

2019年の秋もこうして”お彼岸”を迎えたところで、
今さら聞けない秋のお彼岸は、いつ、何をするの」をお伝えしてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

トレンドニュースランキング

スポンサードリンク