こんにちは、管理人の小林 丸です。

がん細胞を数分で消滅させる新しい治療法を、
日本人研究者がアメリカで開発したとの新聞見出しに思わず目がテン。

どれほど先のお話しなのかと興味津々で記事を読んでいきますと、
なんとなんとすでに臨床試験も実施し結果もすこぶる良好であると。

治療法は安価でもはや実際の治療も目の前だとか。

にわかに喜ぶほどカンタンではないと思いますが、
可能性に満ち溢れていることも事実のようであります。

新聞記事を参考に一部引用しながらこの治療法についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

開発したのは日本人研究者!

開発した治療法とは人体に無害な近赤外線を使った治療法で、
これをがん細胞に照射してがん細胞を消滅させるのだといいます。

開発したのは米国立がん研究所の小林久隆主任研究員、
れっきとした日本人であります。

すでに臨床試験も順調に進んで、
もう2年とか3年とかで実用化も目指しているとか。

まさに人類の夢の実現でもあります。

 

そもそもがん治療には「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つ。

外科手術は患者さんの体への負担が大きいし、
他の2つは副作用があってなかなか現実は厳しい。

これに対して今回開発された新しい治療法は、
がん細胞の死滅率が非常に高い。

そして、ほとんどのがんに適用できると夢のまた夢を実現。

さらにやっかいな転移がんにも有効で、
副作用がないというから至れり尽くせりの治療法。

なんとなんと必要な設備や薬品も安価で、
医療費の削減にも大いに貢献しそうだというのでなんともありがたい治療法であります。

開発者の小林氏はもちろん、
関係者のご努力に心から敬意を表しマジ感謝申し上げたい。





 

近赤外線とがん細胞!?

このまったく新しい治療法は、
がん細胞だけにくっつく抗体を利用するのだと。

抗体というのは病原体などが体に入ったとき、
それに対して体を守ろうと働く物質で免疫のもと。

よくインフルエンザのウィルスなんかが体に入ると、
この抗体が働きだし体を守ろうとしてそれが熱となるなんて話しをよく聞きます。

それですね。

この抗体を静脈注射で体内に入れる。

やがてがん細胞に届きくっつく。

これに近赤外線の光をあてると、
化学反応を起こしてがん細胞を破壊する。

てな手順でがん細胞を消滅させてしまうというのです。

しかもですよたったの1~2分という短時間の照射で、
がん細胞を破壊できるというのですからいかに優れた大発見なのかがわかります。

がん細胞にだけにつく抗体を発見したのもすごいですし、
近赤外線を使えば短時間でがん細胞が消滅してしまうというのもお見事であります。

ロフトネットストア ロフトネットストア

 

副作用もなく安全と至れり尽くせり!

この治療法の優れた点はまだまだあります。

副作用がほとんどないということ。

そしてとっても安全性が高いということです。

そもそも赤外線って体に当たっても害はなく、
抗体も極めて毒性がないことも証明済みであるとか。

がんだけに付く抗体と、
それに近赤外線を当ててがんだけを消滅させる。

ピンポイントもピンポイントであります。

もうここまでお話しを伺っても心が躍りますが、
さらにさらに全身のがんの8割から9割はこの治療法でカバーできるというのです。

そしてそして治療の後は尿に溶けて体の外に排出されるそうで、
これも人体に無害でもうこれ以上ないほどの治療法であること拍手喝さいのお話しであります。

 

話しによりますと他にもこの治療法が役立つとか。

それは再生医療の分野。

あのips細胞で網膜用のシートなんかを作る際、
どうしても中に発がん性のある物質がまじってしまうことがあるんだそうです。

でも心配ご無用。

今回の新しい治療法を使えば、
それら悪い細胞を一瞬で排除することができる。

もちろんその他の正常な細胞はダメージがないとこちらも完璧!

ips細胞分野の大きな壁も、
この治療法のおかげで超えられるというわけです。





 

費用は安く日帰り治療でOK!

本当でしょうか、
もうあまりにもありがたい。

がんだけに付く抗体を注射し、
近赤外線をあてて数分でがん細胞は消滅してしまう。

体内のそれらはやがて尿とともに体の外に排出される。

痛みも体の負担もない。

費用も安く日帰りの治療も可能!

話しによりますと日本では保険適用の可能性も大いにあるとか。

いままで手術で難しい場所のがんとか、
転移したがんなどの治療も可能だとどこまでもありがたい。

お恥ずかしい話し私はしらなかったのですが、
オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法を称賛したと。

まさに人類の夢が現実のものとなった瞬間であり、
なんかもう元気が湧いてくる話でもあります。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」

 

今回のまとめ

高齢となった私の母親も今年になって皮膚がんの手術を行いました。

悪性でありましたが上皮であったことと、
病院の先生が適切に丁寧に手術をしてくださり大事に至りませんでした。

それでも約一ヶ月ほど入院し、
経過を見守ってくださるなどだいぶ時間もかかりました。

今回の新しいがん治療法はほぼすべてのがんを治療することができ、
手術の難しい箇所のがんや転移のそれらも治療が可能とどこまでも画期的。

体の負担もなく数分でがん細胞を消滅することができ、
費用も安く日帰りも可能!

すでに臨床試験も行われていて、
その結果もすこぶる良好。

数年後には実際の治療もはじまると言われるまでに研究もすすみ、
日本では保険の適用も検討されるであろうと。

私の妻のお父さんも若くしてがんで亡くし、
私の母親も皮膚がんでしたが悪性と診断されて緊張しました。

私も中年まっただ中いつがんと向き合わなければならないかと、
このところいつも不安に駆られていました。

それだけに今回の新しい治療法のお話しは余計にもありがたく、
現代科学の恩恵を得られる現代に生きていてホントウに感謝したいと思うところであります。

今回は、「がん細胞を数分で消滅させる日本人研究者が開発した驚きの治療!!」についてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク