試験の結果、点数が150点以上なら「〇」、以下なら「×」と2段階で表示したい。または、3段階、4段階でランクを付けたい。このように、エクセルのセルの値に応じて表示内容や計算結果を変えたいという場面は多々あります。エクセルのIF関数を使って、こうした条件に応じた計算結果や表示を変更する、そんな条件分けのIF関数基本テクニックを見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

得点が目標以上なら「〇」、そうでなければ「×」と表示する

試験結果の一覧表で、合計結果が150点以上なら合格で「〇」、150点未満なら不合格で「×」と表示したい。このように条件によって処理を変えるにはIF関数を使います。ある条件に応じて異なる処理を行いたいケースは多々あります。こんなときに使うのがIF関数です。

IF関数の構成を理解して、実際にIF関数を入力してみましょう。

IF関数-条件に応じて処理を切り替える


=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

■「論理式」にしていした条件が成り立つときには「真の場合」、成り立たないときには「偽の場合」を選びます。

IF関数を使うと、条件が成り立つ場合とそうでない場合で処理を変更できます。ここでは、「合計点が150点以上である(D3>=150)」という条件を指定し、この条件が成り立つなら「〇」、成り立たなければ「×」を表示するように「,」(カンマ)を使って式を入力します。

E3のセルに、「=IF(D3>=150,”〇”,”×”)」と入力し、セルの右下に表示されるハンドル(小さな■のマーク)をドラッグして関数の計算式をコピーして完成させます。

Chek①!-式に使う文字列はダブルクォーテーションで囲みます

但し、「〇」や「×」などの文字を指定するときには、「”〇”」のように”ダブルクォーテーション”で文字を囲む必要があります。「”合格”」、「”不合格”」などの場合も文字列ですから同様に囲みます。

ダブルクォーテーションは、キーボードの「shiftキー」を押しながらキーボードの上側に並ぶ数字の「2」を押して表示させます。

Chek②!-「以上」、「以下」などは「比較演算子」と呼ばれる記号を指定します

また、IF関数の「論理式」に使う「以上」や「以下」は、下図のような「比較演算子」と呼ばれる記号で条件を指定します。


上記の倫理式「D3>=150」は、「セルD3の値が150以上」という意味になります。

「以上」や「以下」、「異なる」は、記号を2つ並べて使います。

 


IF関数【例題1-3】

※例題は有料版にてご提供しています。(例題1は有料版お試しで無料で利用できます)

解説を読み例題を解くことでVLOOKUP関数の基本をマスターできます。例題には「例題」シートと「解答」シートの2つのシートがあります。例題シートの例題を実際に解いて、解答シートで確認出来ます。

有料版はこちら➡エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

 

得点に応じて3段階のランク付けをする

合計点が170点以上なら「〇」、150点~169点なら「△」、149点以下なら「×」と3段階に表示したい。これは、条件分けをするIF関数の中で、さらにIF関数を使うと3段階のランク付けが可能となります。

これはIF関数の中に、もう一度IF関数を使う「入れ子にする」という方法です。図のように「偽の場合」に、さらにIF関数を使うことで、3段階にランク分けをしています。

ちなみにこのIF関数の入れ子は、最大64段階まで入れることができるのです。

IF関数-複数の条件に応じてさらに処理を切り替える

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)
■「論理式」にしていした条件が成り立つときには「真の場合」、成り立たないときには「偽の場合」を選びます。

=IF(論理式,真の場合,IF(論理式,真の場合,偽の場))

■「偽の場合」にさらに条件がある場合、もう一度IF関数の式を入力して入れ子にします。

合計が170点以上であれば「〇」であり、合計が150点以上であれば「△」、そうでなければ「×」という条件になります。条件が2つ、合計が170点以上と150点以上あるため、”IF”を2つ入れ子で入力して式を完成させます。カッコの数を「(」と「)」が同じ数にします。

 

Chek③!-条件が2つの3段階にIF関数の入れ子でランク分け


少し整理してみましょう。上手の関数式では、まず最初の条件で合計が170点以上の論理式が成り立つ場合(真の場合)に「〇」を表示、成り立たない場合(偽の場合)はもう一つのIF関数(150点以上の真と偽)を実行するとなります。

最初の偽の場合である「*****」の部分に、もう一つの条件のIF関数が入れ子で入るとなります。

結果、「=IF(D3>=170,”〇”,IF(D3>=150,”△”,”×”))」という式になり、これで条件2つの3段階のランク分けができるとなります。

IF関数【例題4-5】

※例題は有料版にてご提供しています。(例題1は有料版お試しで無料で利用できます)

解説を読み例題を解くことでVLOOKUP関数の基本をマスターできます。例題には「例題」シートと「解答」シートの2つのシートがあります。例題シートの例題を実際に解いて、解答シートで確認出来ます。

有料版はこちら➡エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

 





 

「かつ」「または」で複数条件を指定する

上図のように、「筆記が70点以上」かつ「実技が60点以上」のときに「〇」そうでなければ「×」と表示をするなど、複数の条件を組み合わせたいときは、IF関数の引数「論理式」の部分を、複数条件を組み合わせるAND関数やOR関数を使います。

AND関数は、指定した複数の条件がすべて成り立つときに「成立」という結果になります。指定した条件のどれか1つでも成り立てば「成立」という結果になり、OR関数は指定した条件のいずれか一つが成立となれば「成立」という結果になります。

AND関数、OR関数-複数条件を満たす

=AND(論理式1,論理式2,・・・)
■「論理式1」「論理式2」・・・に指定した条件をすべて満たす場合に「成立」、それ以外は「成立しない」と判断します。

=OR(論理式1,論理式2,・・・)
■「論理式1」「論理式2」・・・に指定した条件をすべて満たす場合に、条件がどれか1つでも満たせば「成立」と判定します。

「簿記が70点以上かつ実技が60点以上」といった複数条件はAND関数を使います。この関数をIF関数の引数「論理式」に指定し、成立時には「〇」そうでないときには「×」と表示するよう式を入力します。

同時に「簿記が50点未満または実技が50点未満」という条件はOR関数を使って、AND関数と同じくIF関数の「論理式」部分に指定して式を入力します。

IF関数【例題6】

※例題は有料版にてご提供しています。(例題1は有料版お試しで無料で利用できます)

解説を読み例題を解くことでVLOOKUP関数の基本をマスターできます。例題には「例題」シートと「解答」シートの2つのシートがあります。例題シートの例題を実際に解いて、解答シートで確認出来ます。

有料版はこちら➡エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック


IF関数【例題7】

※例題は有料版にてご提供しています。(例題1は有料版お試しで無料で利用できます)

解説を読み例題を解くことでVLOOKUP関数の基本をマスターできます。例題には「例題」シートと「解答」シートの2つのシートがあります。例題シートの例題を実際に解いて、解答シートで確認出来ます。

有料版はこちら➡エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック

 

 

今回のまとめとお知らせ

IF関数を入れ子で重ねていくことが理解できると、条件がどんどん増えても入れ子を増やしていけば対応できるので、かなりIF関数の利用の幅が広がってきます。基本はあくまで、=IF(論理式,真の場合,偽の場合)の構文にあります。

まとめ

今回は文字列を表示するパターンでしたが、文字列の変わりに計算式やその他の関数を組み合わせて使うこともできるのでとても役に立ちます。身近では、関数の計算式の結果がエラーメッセージが出てしまう場合などで、IF関数とVlookup関数の組合せでエラーメッセージが出ないようにするなど、IF関数はとても重宝で便利な関数になります。

これらは仕事における顧客管理や業績管理、日常の業務管理にマーケティング分析とデータ量が増えれば増える程エクセル関数の出番。なかなか手間暇かかる作業をエクセルで効率よく処理できるようになると、お仕事の幅もあきらかなスキルアップにもなります。

この機会にぜひ、IF関数をマスターして頂きたいと思います。

お知らせ

関数の基本をマスターする早道は、例題を解くことにつきます。解説を読み実際に関数を入力して、正確な数字等を表示することができるか、結果を得られることができるかトライ&エラーを繰り返すことで理解が深まります。

今回の各解説に例題を用意して、その内容を別途有料版でご用意いたしました。また、IF関係にAND関数やOR関数との組合せの解説と例題もカバーしたしました。IF関数の基本と応用のマスターにお役立てください。

よろしくお願いします。

有料版はこちら➡エクセルIF関数で条件に応じた計算結果や表示を変更する条件分けの基本テクニック(有料版)

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

Microsoft Officeランキング

スポンサードリンク