こんにちは、管理人の小林 丸です。

今年の桜の開花日はずいぶん早いと耳にしておりますと、
やっぱり温暖化なのかなぁなんて素人ながらに思ってしまいます。

本当のところはどうなんでしょうね。

さて、この時期に家族を離れて新たな生活を始める方々も多いでしょうし、
単身赴任というお父さんも少なくないと思います。

家族が離れ離れで頑張っていると、
オレオレ詐欺なんかの犯人たちはある意味チャンスと考える時期でもあるかもしれません。

実際、私も詐欺電話を受けた経験もあります、
今回はオレオレ詐欺など振り込め詐欺について取り上げてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

振り込め詐欺の手口は4つ!

ネットなので調べてみますと、
その主な手口は4つだと!

 

  1. オレオレ詐欺
  2. 架空請求詐欺
  3. 融資保証金詐欺
  4. 還付金詐欺

 

大阪のおばちゃんはオレオレ詐欺に引っかからないらしいのですが、、
逆に還付金詐欺には弱いとか。

笑っちゃいけないけど、
大阪の人情なんてのがイメージできますよね。

アダルトサイトなんかの有料サイトの利用料が遅延になっているとか、
このままでは訴訟も辞さないから早く利用料を支払ってくださいと言われるともしやなんて考えてしまう。

少なからずアダルト系のお世話になっているだけに、
ありもしないご指摘でも戸惑ってしまいますね。(笑い)

私も実際に電話でこれに似た内容の請求を求められたことがありました。

数台のパソコンでネットも利用しておりますが、
「インターネットを利用していないのになぜですかねぇ」と一応伝えて事なきを得たことがありましたっけ。

 

 

私が受けた詐欺電話

数年前ですが圧迫骨折をしてしまい、
自宅で療養していた一ヶ月。

身動きもできず、
ただ寝ていただけの辛い時間が続きました。

1日中家におりますと、
まぁよく電話がかかって来ました。

アフターサービスを絡めたさまざまな勧誘の電話や、
アンケート的なご用伺いなどなどいろいろとありました。

いつも私が電話に出るもんですからでしょうか、
日増しに電話の数が増えてくるのです。

電話をすれば必ず電話に出る家とでも、
レッテルを貼られたのでしょうかとにかくよく電話がなりました。

 

そんな中ある証券会社の営業マンだという男子からの電話。

地元の有力企業が上場をするにあたり、
その企業の代表者がぜひ地元の方に株を買って頂きたく特別枠を設けたと。

この企業は新しい技術の特許を申請し、
将来間違いなく大きくなる企業で株式も間違いなく上がる。

このチャンスを小林様がある意味選ばれたがために、
特別にご案内をさせて頂いてますと誘ってきました。

どう選ばれたのか不思議です。

 

ところが翌日今度は別の証券会社を名乗る男から、
昨日小林様のお宅に○○証券会社から○○会社の株購入のお話しがなかったですかと。

たしかにそんな電話がありましたと伝えると、
小林様この件はぜひこちらでご案内をさせてくださいと懇願された。

どうしてですかと聞くと、
これほどのチャンスはめったにないからです。

株は上がること小林様も儲かることも間違いない、
分かっているからこそ我が社を通して株の購入をお願いしますと。

そして具体的にどう儲かるのか、
それはそれはもっともらしくとにかく上手に誘うわけです。

 

これってマジ!?
なんて一瞬色気だちました。

それでも翌日またかかってきた勧誘の電話に、
こんな株の買い方ってないですよね?と聞いてみた。

するとその後は電話がかかってこなかった。

こりゃ騙される人は騙されちゃうかもと思いましたねぇ。

楽天コミュニケーションズ光なら【楽天ひかりサイト】

 

 

振り込め詐欺の対策

すぐにお金を払わないなんてのは当然ですが、
銀行のATMなんかに出向いちゃうともなるともはやブレーキはかからないでしょうね。

その前というと、
やっぱり入口で止めないといけないんじゃないかと思うところです。

そう、入口です。

 

手っ取り早いのが、
常に留守電にしておくことですよね。

もちろん不信な電話と思ったらいきなり切ってしまうという手もアリですが、
なんだか後味が悪いと思って勇気もいります。

もっと自然でのお断り方なんてないものか?

 

私はと言いますと「小林様のお宅でしょうか?」と不信な電話の場合、
まず「この家の人は今留守してます」と伝えることにしてます。

そして「どちら様ですか」または「どんなご用ですか?」と、
家の人に伝言するので詳しく教えてくださいと聞きます。

ほとんど「またご連絡致します」と言って、
先方から電話が切れます。

母親には「私ではわからない」の一点張りで答えたらと伝え、
ずっとこの方法で問題なくやってこれました。

もっとも最近固定電話をやめてしまうご家庭も多いようで、
携帯がありますから確かにうなずけますね。

 

 

今回のまとめ

新聞の3面記事欄には毎日のように、
どこどこで振り込め詐欺数百万円だまし取られたなんてニュースがあって驚きます。

人のいいお年寄りなんかが被害にあわれているとなると、
なんとも残念でなんとかできなかったのかと心を痛めます。

そういえば最近我が妻の奥さんが、
契約もしていないのにサイト利用だという料金が引き落とされていたと騒いでおりましたっけ。

スマホに切り替えてから、
ネット利用が断然に増えているうちにそんなことに。

500円程度と金額が小さかったことと、
早く気付いたので連絡をしてこちらも事なきを得た次第でありました。

 

利用が増えるネット上では巧妙にサイトを偽造して、
何の違和感もなく口座番号やキャッシュカードのパスワードを盗み取るとか。

突然メッセージが飛び込んできて、
「キケンですすぐにこちらのダウンロードしてください!」と煽ったり。

そりゃビックリしますし、
慌ててしまいますよね。

仕方がないのでダウンロードをクリックすると、
悪さをするソフトが入り込んでしまって・・・なんて具合。

相手が見えないだけに厄介な問題です。

 

いずれにしても困ったときにはその場をしのごうと自分だけで奮闘せず、
詳しい人や機関にまず相談してからということに尽きるのでしょうか?

みなさんはどんな手で防御されていらっしゃるのでしょうか?

今回は詐欺電話を中心に取り上げてみました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。人気ブログランキングに参加中。こちらクリックして頂けましたらうれしく思います。
↓↓↓

人気ブログランキング

スポンサードリンク