【Wordで年賀状】年賀状宛名印刷はワードでサクサク!エクセル住所データを使った年賀状宛名印刷のコツ

ITガイド Word

今回のテーマは、ワードで作る年賀状宛名印刷です。エクセルで作った住所リストをワードの宛名面印刷ではがきの宛名を作成。その機能はとても優秀で用意が出来ていれば暑中見舞いや年賀状の準備なんて本当にあっという間です。作成したい時にさっさと悩まず宛名印刷ができるというのは、仕事や商売においても生活の中でもとても便利で役に立ちます。そのためにはエクセルデータ作成時にあるコツが必要です。今回は、はがき宛名印刷の手順とともに、スピーディに作成できるコツを解説します。

【Excel関数】5分でわかる!抽出データだけを対象に計算をするSUBTOTAL関数の使い方

ITガイド 関数 Excel

今回のテーマはエクセルの抽出データだけを対象に計算するSUBTOTAL関数。SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することで、さまざまな集計を求めることができます。合計の他にも平均や積もひとつのSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やオートフィルターを使うときは、SUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使うと便利です。本記事では、抽出データだけを対象に計算をするSUBTOTAL関数の使い方をご紹介します。

【Excel関数】小計が含まれる表を計算するときはこれでOK!SUBTOTAL関数の使い方

関数 ITガイド Excel

今回のテーマはエクセルSUBTOTAL関数。SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することで、さまざまな集計を求めることができます。合計の他にも平均や積も1つのSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やオートフィルターを使うときは、SUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使うと便利です。本記事では、小計が含まれる表を計算するときの、SUBTOTAL関数の特長と使い方をご紹介します。

【Excel】ショートカットキーだけでOK!コピーなし一操作で複数列・複数行の合計を計算する裏技

ITガイド Excel 入力の基本

今回のテーマはエクセルの超便利なショートカットキーを使った裏技。行や列を一操作で範囲指定し、SUM関数までも一操作で入力、合計を計算する裏技のご紹介です。圧倒的に効率の良い操作を行えます。データが大きくなればなるほど、その威力は発揮されます。ショートカットキーを使った、知っておくべき裏技のご紹介です。

仕事や人間関係が劇的によくなる近道!人を動かすの隠された原則

自己啓発 くらしのガイド

今回のテーマは、仕事や人間関係が劇的によくなる近道!デール・カーネギーの不朽の名著「人を動かす」です。ご存知のとおり時代を越えて読み継がれるあらゆる自己啓発書の原点。ところで、今や日本社会では人間関係に悩み苦しむ人が絶えないと言われています。本書には、「人間関係のお悩み解決方法」「幸せに生きる方法」「人を動かす方法」が書かれています。それは人を動かすテクニックではありません。人を動かす原則が解説されているのです。原則には隠された原則があるのです。それを知った人こそが劇的な人間関係の変化、人生までが変わるはずです。

【Excel関数】明日から使える!VLOOKUP関数の面倒な列指定をMATCH関数で自動検索の応用

関数 ITガイド Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とMATCH関数の組合せの応用。応用編では、複数の列と行を転記する入力方法の解説です。MATCH関数でVLOOKUP関数の引数を自動検索していちいち列番号を入力する面倒から解放されます。ところで、式の入力は一度で済ませたい。そのためにはちょっとしたテクニックが必要となります。入力方法を順追ってご紹介、考えるよりも入力してみて理解が深まると思います。このハードルを越えてこそのスキルアップです。

【Excel関数】明日から使える!VLOOKUP関数の面倒な列指定をMATCH関数で自動検索の基本

ITガイド 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とMATCH関数の組合せの基本。VLOOKUPとMATCHを組み合わせると列番号をいちいち指定しなくても済みます。VLOOKUP関数で面倒な列指定を、MATCH関数で自動検索。列を並べ替えてもいちいち列指定を変える必要がないのでとっても便利。VLOOKUP関数で可変する範囲に対応できるようになります。これは便利と実感できるでしょう。VLOOKUP関数の使い方、まさにスキルアップできます!

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数で0表示を空白にする

関数 ITガイド Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数で0表示を空白表示にする方法のご紹介です。VLOOKUP関数を利用している際、ときに結果が0表示になってしまうことがあります。そのままでも構わないのですが、見た目がよくありません。0表示になったら自動的に空白表示にしたいもの。結果が0ならば空白を表示、そうでなければVLOOKUP関数を実行と条件関数のIF関数との組合せを利用します。組合せ方法と入力手順をご紹介します。

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せでエラーを空白にする方法

ITガイド 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せ方法についてです。VLOOKUP関数を使って社員リストや顧客リストなどの情報を、社員コードなどから検索して該当データを参照し転記するなどよく使うとても便利な関数です。ところで、検索値が空白などの場合にはエラー表示になってしまうことがあります。この場合IF関数を組合わせて、空白には空白表示にする方法が一般的のようです。IFERROR関数との組合せでも同様な結果を得られます。IFERROR関数の構成はとてもシンプル、より便利で使い勝手がいい点、使い方を入力方法と合わせてご紹介します。

ページの先頭へ