「関数」の記事一覧

データの異常値を見つけ出す最も簡単なエクセル関数で身につく分析力アップの方法-marusblog

ITガイド ビジネス 関数 Excel くらしのガイド

ビジネスでは前年同月比や前月比など、データを比較して分析する必要があります。分析のポイントはすぐに異常値(最大値、最小値)を見つけることです。目視でチェックできる程度ならば問題ないのですが、データが大きくなるとチェックするのも限界があります。大きなデータでも異常値を簡単に見つけ出す最も簡単な方法は、エクセルのMAX関数とMIN関数を使うことです。MAX関数とMIN関数の使い方を解説し身につく分析力アップの方法をご紹介します。

仕事ができる人は知っているエクセルの計算は合っているのに合計が合わない理由と解決法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

「何度計算しても合計が合わない」という場面がありませんか。計算は合っているのにどうしても合計が合わない。電卓を持ち出して確認すると、やっぱりエクセルの合計が正しくない。このケースでは、ROUND関数が必要になります。なぜ […]

仕事ができる人は知っているエクセルの重複データの削除と重複データを除くカウント方法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルデータの重複したデータを削除したい、または、カウントしたい場合があります。たとえば値が何種類あるかその数を数えたい場合などで使えます。ここでは、重複データの削除方法と関数を使ったカウント方法をご紹介します。覚えておくと必要なときに便利に役立ちます。

エクセルSUBTOTAL関数で集計方法によってさまざまな集計をする使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのSUBTOTAL関数は、集計方法の条件を指定することでさまざまな集計を求めることができます。合計はもちろん平均や積や数字のカウントなどSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やフィルター機能を使ってデータを絞る際に、絞ったデータに限った計算結果を表示してくれます。SUM関数やSUMIF関数でなくSUBTOTAL関数でならではの場面での使い方のご紹介です。

エクセルの複数検索条件に一致するセルの値を合計するSUMIFS関数の使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのSUMIF関数は、検索条件に一致する数値の合計を求める関数でした。SUMIFS(サムイフズ)関数は、特定の条件に一致する数値の合計を求める関数です。条件は一つではなく複数の条件に対応することができます。以下の記事で、SUMIFS関数の基本的な使い方をご紹介します。

エクセルの検索条件に一致するセルの値を合計するSUMIF関数の使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのSUMIF(サムイフ)関数は、指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータを合計する関数になります。COUNTIF関数は指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータをカウントする関数でした。COUNTIF関数とSUMIF関数は指定する計算式の引数が同じで、計算結果がカウントか合計かの違いなので合わせてマスターするのがおススメです。以下の記事でSUMIF関数の基本的な使い方をご紹介します。

条件に一致するデータの個数をカウントするCOUNTIF関数の使い方の基本-marusblog

ITガイド 関数 Excel

指定した範囲の中で検索条件に一致するセルがいくつあるかを求める関数がCOUNTIF関数です。COUNTIF関数を使えば、特定の文字が入っている個数だけでなく特定の文字以外のセルの個数を数えるなどのこともできます。本記事では、COUNTIF関数の基本の使い方をご紹介します。ビジネスの場面でもかなり使う頻度の高い関数です。基本をおさえてマスターしましょう。

エクセルのCOUNT関数とCOUNTA関数の違いと使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのCOUNT関数とCOUNTA関数の使い方とその違いをご紹介します。それぞれの入力方法と、カウントの何が違うのか合わせて解説しました。カウントする関数は利用頻度も高く、データが膨大になればなるほど必要性も高まり重宝するはずです。関数初心者の方は、馴染みやすい関数で関数を使い切るきっかけになるかと思います。

エクセルのVLOOKUP関数で0やエラー表示を空白表示にする方法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセル関数の中でも利用頻度が比較的に高いVLOOKUP関数では、計算結果が「0」であったり、「エラー」が表示されたりすることがあります。これは、参照先のセルが空白であったり、検索した値が見つからないことが原因です。0やエラー表示はできるだけ避けて空白にしたいものです。この記事では、0やエラー表示を空白で表示するそれぞれの方法をご紹介します。

ページの先頭へ