「関数」の記事一覧

【Excel関数】楽々関数入力!うろ覚えでも正確に早く関数を入力する方法

ITガイド 関数 Excel

今回のテーマはExcel関数の入力について。関数をよく使うようになると、関数の入力方法もより効率の良い方法を利用したいもの。関数を使う頻度によって、入力方法もさまざま。ところで、関数名や構文を把握していないとなかなか入力がままならない。そんなときに便利な入力方法。関数をうろ覚えでも正確で早く入力する方法のご紹介です。

エクセルのIF関数とIFS関数で4つ以上の複数条件に対応する方法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのIF関数は、複数条件に対応でき便利です。IF関数をマスターするととても役立ちます。複数条件のときはIF関数の中にIF関数を入れて、細かく条件を分岐させて対応させます。条件は2つ、3つ、それ以上の条件に対応できる点も使う機会は多いと思います。そこで今回は、4つ以上の複数条件に対応したIF関数の数式と新しいIFS関数を使った数式の使い方をご紹介します。

エクセルのテーブル機能とSUMIFS関数を使ったシンプルで機能的な在庫管理表-marusblog

ITガイド 関数 Excel

ビジネスでもご商売でも在庫管理はとても大切。リアルに在庫の状況を把握し、必要に応じてタイミングよく発注業務につなげるなどなかなか悩ましい。エクセルならシンプルでも機能的な在庫管理表を作ることができます。今回は、取扱商品の入出庫記録と在庫管理表をテーブル機能で作成し、SUMIFS関数やIF関数を使って求めるべく在庫管理表の作り方の一例をご紹介します。各種の設定や関数の入力など、表作成から順を追って解説します。

データの異常値を見つけ出す最も簡単なエクセル関数で身につく分析力アップの方法-marusblog

関数 ITガイド Excel

ビジネスでは前年同月比や前月比など、データを比較して分析する必要があります。分析のポイントはすぐに異常値(最大値、最小値)を見つけることです。目視でチェックできる程度ならば問題ないのですが、データが大きくなるとチェックするのも限界があります。大きなデータでも異常値を簡単に見つけ出す最も簡単な方法は、エクセルのMAX関数とMIN関数を使うことです。MAX関数とMIN関数の使い方を解説し身につく分析力アップの方法をご紹介します。

仕事ができる人は知っているエクセルの計算は合っているのに合計が合わない理由と解決法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

「何度計算しても合計が合わない」という場面がありませんか。計算は合っているのにどうしても合計が合わない。電卓を持ち出して確認すると、やっぱりエクセルの合計が正しくない。このケースでは、ROUND関数が必要になります。なぜ […]

仕事ができる人は知っているエクセルの重複データの削除と重複データを除くカウント方法-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルデータの重複したデータを削除したい、または、カウントしたい場合があります。たとえば値が何種類あるかその数を数えたい場合などで使えます。ここでは、重複データの削除方法と関数を使ったカウント方法をご紹介します。覚えておくと必要なときに便利に役立ちます。

エクセルSUBTOTAL関数で集計方法によってさまざまな集計をする使い方-marusblog

関数 ITガイド Excel

エクセルのSUBTOTAL関数は、集計方法の条件を指定することでさまざまな集計を求めることができます。合計はもちろん平均や積や数字のカウントなどSUBTOTAL関数で求めることができます。とくに小計やフィルター機能を使ってデータを絞る際に、絞ったデータに限った計算結果を表示してくれます。SUM関数やSUMIF関数でなくSUBTOTAL関数でならではの場面での使い方のご紹介です。

エクセルの複数検索条件に一致するセルの値を合計するSUMIFS関数の使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのSUMIF関数は、検索条件に一致する数値の合計を求める関数でした。SUMIFS(サムイフズ)関数は、特定の条件に一致する数値の合計を求める関数です。条件は一つではなく複数の条件に対応することができます。以下の記事で、SUMIFS関数の基本的な使い方をご紹介します。

エクセルの検索条件に一致するセルの値を合計するSUMIF関数の使い方-marusblog

ITガイド 関数 Excel

エクセルのSUMIF(サムイフ)関数は、指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータを合計する関数になります。COUNTIF関数は指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータをカウントする関数でした。COUNTIF関数とSUMIF関数は指定する計算式の引数が同じで、計算結果がカウントか合計かの違いなので合わせてマスターするのがおススメです。以下の記事でSUMIF関数の基本的な使い方をご紹介します。

ページの先頭へ