「Excel」の記事一覧(2 / 10ページ目)

【Excel関数】明日から使える!VLOOKUP関数の面倒な列指定をMATCH関数で自動検索の応用

関数 PC Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とMATCH関数の組合せの応用。応用編では、複数の列と行を転記する入力方法の解説です。MATCH関数でVLOOKUP関数の引数を自動検索していちいち列番号を入力する面倒から解放されます。ところで、式の入力は一度で済ませたい。そのためにはちょっとしたテクニックが必要となります。入力方法を順追ってご紹介、考えるよりも入力してみて理解が深まると思います。このハードルを越えてこそのスキルアップです。

【Excel関数】明日から使える!VLOOKUP関数の面倒な列指定をMATCH関数で自動検索の基本

PC 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とMATCH関数の組合せの基本。VLOOKUPとMATCHを組み合わせると列番号をいちいち指定しなくても済みます。VLOOKUP関数で面倒な列指定を、MATCH関数で自動検索。列を並べ替えてもいちいち列指定を変える必要がないのでとっても便利。VLOOKUP関数で可変する範囲に対応できるようになります。これは便利と実感できるでしょう。VLOOKUP関数の使い方、まさにスキルアップできます!

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数で0表示を空白にする

関数 PC Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数で0表示を空白表示にする方法のご紹介です。VLOOKUP関数を利用している際、ときに結果が0表示になってしまうことがあります。そのままでも構わないのですが、見た目がよくありません。0表示になったら自動的に空白表示にしたいもの。結果が0ならば空白を表示、そうでなければVLOOKUP関数を実行と条件関数のIF関数との組合せを利用します。組合せ方法と入力手順をご紹介します。

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せでエラーを空白にする方法

PC 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とIFERROR関数の組合せ方法についてです。VLOOKUP関数を使って社員リストや顧客リストなどの情報を、社員コードなどから検索して該当データを参照し転記するなどよく使うとても便利な関数です。ところで、検索値が空白などの場合にはエラー表示になってしまうことがあります。この場合IF関数を組合わせて、空白には空白表示にする方法が一般的のようです。IFERROR関数との組合せでも同様な結果を得られます。IFERROR関数の構成はとてもシンプル、より便利で使い勝手がいい点、使い方を入力方法と合わせてご紹介します。

【Excel関数】5分でわかる!VLOOKUP関数のエラーを空白にするIF関数との組合せ

PC 関数 Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数とIF関数の組合せです。エクセル関数を使っている中、計算結果がエラー表示になることがあります。検索値のセルが空白が原因ですが、空白のときには空白を表示させたい。このとき、もっとも一般的に使われるのがVLOOKUP関数とIF関数の組合せです。それぞれの関数式の入力を手順を追って解説します。関数の組合せ方法のヒントになればとご紹介します。

【Excel関数】5分で分かる!表から該当するデータを転記するVLOOKUP関数の基本

関数 PC Excel

今回のテーマは、エクセルVLOOKUP関数です。エクセル関数の中でも特に使う頻度も高く代表的な関数のひとつ。社員リストや顧客リストなどの情報を、社員コードなどから検索して該当データを参照し転記することができるとても便利な関数。本記事ではVLOOKUP関数の特徴、基本の入力方法を解説します。VLOOKUP関数の基本を理解、マスターにつながるはずです。

【Excel数式の入力】5分で分かる!エクセルの相対参照と絶対参照の使い分け

関数 Excel

今回のテーマはエクセルの相対参照と絶対参照について。相対参照と絶対参照は、数式や関数を入力する際に必要不可欠。使い分けをマスターすれば、数式をひとつのセルに入力してコピーするだけで、表全体の計算式を一瞬にして完成するなどの離れ業もできるようになります。効率を目指すのがエクセルのひとつの役目。相対参照と絶対参照をマスターしてこそのエクセルです。この機会に参照方法のマスターを目指しましょう。

【Excel関数】5分で分かる!エラー値を空白にする便利なIFERROR関数の使い方

PC 関数 Excel

今回のテーマはエクセル「IFERROR関数」。関数名がIFではじまるIFERROR関数、もしエラーが表示されたら指定した値を返すことができる便利な関数です。エクセルの計算結果がエラー表示となるケースはよくあります。そのままでも問題はないのですが、エラー表示が邪魔になります。そこで、「IFERROR関数」でエラー値を空白にする方法をご紹介します。

ページの先頭へ